50年後のボクたちはの作品情報・感想・評価 - 11ページ目

50年後のボクたちは2016年製作の映画)

Tschick

上映日:2017年09月16日

製作国:

上映時間:93分

3.8

あらすじ

14歳のマイクはクラスのはみだし者。同級生からは変人(=サイコ)扱い、両親の仲もうまくいっていない。そんなある日、チックというちょっと風変わりな転校生がやって来た。夏休み、2人は無断で借用したオンボロ車ラーダ・ニーヴァに乗って南へと走り出す。 旅の途中で訪れる、いくつもの出会いと別れ。 やがて無鉄砲で考えなしの旅は、マイクとチックにとって一生忘れることのできないものになっていく――。

「50年後のボクたちは」に投稿された感想・評価

いの

いのの感想・評価

3.9


ちょっといっちゃっててヤバい転校生にツボり、ドライブのさなかにかけるリチャード・クレイダーマンにツボり、出会った少女に切なくなる。


主人公マイクの母はアル中、父は不倫中。でも、特にそれについて主人公があーだこーだと心情を語らない、そんな今作の描き方が私は好きです。旅先で出会った少女も、最初はむさ苦しく見えるのに、途中からめっちゃ切なくて美しい少女に見えてくる。


よくある話のようにも思うのですが、なんというのか、エッジが効いているというのか、他とは似て非なるものというのか。私からすれば、今作はロックです(きっと思い込み)。クソ可愛い映画。クソいけてないのにいけてる映画。


余談
転校生チックは、ユダヤ系ロマだと言っていましたが、若かりし頃の小林旭になんとなく似ていると私は思いました(若かりし頃の小林旭の映画を観たことはないのですが、なんとなくそんなイメージです)。どことなく転校生チックは、日本映画の、古き良き往年のスターに似ている。言い方とか、立ち振る舞いのこざっぱりした感じとか。
グッバイサマーより断然こっち

見えそうで見えないでもちょっと見えるおっぱい
りま

りまの感想・評価

3.9
エンディング、いい!
こんくらい大胆なことできたらいいなって思うときもある
50年後何してるんだろう


プールサイドデイズのほうが好きですね

79
Miyon

Miyonの感想・評価

3.5
主人公は変人と言われ、クラスで浮いている存在。
転校してきたチックも嫌われ者。

その2人があてもなく旅に出て

いろんな人に出会いながら大事なものを見つけていく物語。

なんか波風たたないけど、いい感じの物語
たみ

たみの感想・評価

3.3
リシャールクレイダーマン…、最高!
スカッと爽やかに笑えてストレス発散。
面白かったです。
14歳の夏をチックと過ごしたマイクが
貴重な体験をして成長するお話。
『スタンド・バイ・ミー』
的なお話でしょうか。
親からすれば無茶して心配掛けるなんて
何様なんだけど、父親でなく、母親の
行動に共感してしまう。。。
閉じこもってたらいけないのですね。
『かわいい子には旅をさせろ』という
事でしょうか。
夏を過ごして同級生の女の子に興味なく
なるシーンはある種の爽快感といいますか
『やったぜ、マイク』みたいなものを
感じました。
映画を観た方は50年後の3人はどんな
再会、そしてどんな映画シーンを想像
するのでしょうか。
Elizabeth

Elizabethの感想・評価

3.7
この映画を見て
ただただまっすぐな広い道を運転しながら旅したいと思った
あと、少年になりたいと思った
『グッバイ・サマー』を薄めた感じ…。

みんなのマドンナ「タチアナ」がどうしてもカワイイと思えなかった。笑
おみ

おみの感想・評価

3.2
この監督にしたらちょいゆるめ。
でも14歳のことだと考えればかなりハードめ・笑

やっぱりなんか雰囲気とか余韻がすき。
未来なんて、
クソくらえ。

***

スマホ捨てられるとこ一番笑った。