50年後のボクたちはの作品情報・感想・評価 - 12ページ目

50年後のボクたちは2016年製作の映画)

Tschick

上映日:2017年09月16日

製作国:

上映時間:93分

3.7

あらすじ

14歳のマイクはクラスのはみだし者。同級生からは変人(=サイコ)扱い、両親の仲もうまくいっていない。そんなある日、チックというちょっと風変わりな転校生がやって来た。夏休み、2人は無断で借用したオンボロ車ラーダ・ニーヴァに乗って南へと走り出す。 旅の途中で訪れる、いくつもの出会いと別れ。 やがて無鉄砲で考えなしの旅は、マイクとチックにとって一生忘れることのできないものになっていく――。

「50年後のボクたちは」に投稿された感想・評価

テンポ良く爽快。
"消えた声がその名を呼ぶ"を観たばかりなのでギャップが半端ないけどこれはこれで好き。
鑑賞後、夜空に向かって大声で叫びたい気分!若いって羨ましい!さすがに自動車泥棒まではしなかったけど、自分が若かった時の破茶滅茶を思い出す。
いいぞマイク!ひと夏の経験で君は大きくなった。
ファティ・アキンぽくないなぁと思ったら原作はドイツの児童文学。だからなのかロードムービーなのにどこかファンタジーのような、夢の世界を旅してるようなそんな感覚に陥ってしまう。
14歳。大人になる前ってやっぱり大切な時間。悪いことも、法に触れることも(これはあまりしないほうが良いかも)、いろんな事を経験して大人になってくし、今の自分を構築してるものってやっぱりそのくらいに生まれたピースが大きいとおもう。
毎回毎回、邦題邦題と文句を言ってるけどこの『50年後のボクたちは』けっこう好き。原題は主人公の相棒の名前『Tschick』。まぁこのままでもいいと思うけど、最後のシーン、3人で座ってるシーンが印象的で、50年後の彼らに思いを馳せる意味でもこの邦題はなかなか粋だなぁと感心しました。ファティ・アキンの『女は二度決断する』(この邦題はどーなんだろ?笑)も楽しみに劇場行きたいと思います。
2018-42
KeiHonda

KeiHondaの感想・評価

4.8
すげー。良い。
50年後の僕達は、、、。
なるほど!
全てが良い。
リチャードグレーダーマンがまた、しっくり。
題名の通り50年後の再会があって涙涙のストーリーを想像してたんだけど違ってた!
でも良かった。

甘酸っぱい少年の夏冒険物語〜♪
と思いきや、これだけジジイになってしまうとやっぱり盗みはイクナイ!ってまず先に思ってしまう。
少年達には良い思い出だけど盗まれた人達のことを考えてしまうw
いや、笑ってはいけないwww

夏休み明けの登校時のマイクの表情がなによりも素晴らしかった。


ジジイになっても冒険したいぞー!
って思わせてくれる物語でした。
寸pyong

寸pyongの感想・評価

3.4
少年2人の微妙なロードムービー

映画館で観てたらイラっとしたでしょうし、スカッとしなくて色々とモヤモヤな感じなれど、ま面白かったですよ

はみ出し者がめげずに無謀な旅に出るってのはいいなぁ。
「14歳の一夏の青春」と聞いて想像する話をそのまま映画にした様な感じ
特別悪くもないし特別良くもない!
この映画にしかない物はなかったかな…
きっとすぐ忘れる
ロードムービーが好きな人だったら可もなく不可もなく楽しめると思う
あつ

あつの感想・評価

3.3
好きな設定なんだけど、何かはまらなかったな〜。グーニーズや、スーパー8、ITみたいにキュンとしないのは、何が違うんだろう。
チック役の子、演技上手くないような⁈
あと、30年か40年後くらいでいいと思う。
50年後だと、64歳だよ!私ならそう言う。
Xavier

Xavierの感想・評価

2.1
ストーリーは、アル中の母親を持つマイクは、クラスでも浮いた存在。ある日、チックという転校生がやって来る。風変わりな彼もクラスで浮いた存在に。そんな2人だから、クラスメイトの誕生日パーティーに呼ばれる事もない。ひょんな事から、仲良くなった二人。夏休みになり冒険に出るが……ザックリ言うとこんな感じ。前に観た"グッバイサマー"と似た感じ(14歳の少年2人が主人公&クラスで浮いた存外であり夏休みに冒険に出る点など)なのだが、こっちの主人公達の方が大人かな。監督がファティ・アキンというところで期待して観たけどイマイチでした!
shinnaoki

shinnaokiの感想・評価

3.0
中学生のロードムービー。
この手の、少しだけ不良のロードムービーは初めてかな。
ロシア系や、チェコ系ドイツ人が出てくるのは、お国柄というか、移民社会そのものね。
子供達の忘れられない夏が始まる。