50年後のボクたちはの作品情報・感想・評価 - 2ページ目

50年後のボクたちは2016年製作の映画)

Tschick

上映日:2017年09月16日

製作国:

上映時間:93分

3.8

あらすじ

14歳のマイクはクラスのはみだし者。同級生からは変人(=サイコ)扱い、両親の仲もうまくいっていない。そんなある日、チックというちょっと風変わりな転校生がやって来た。夏休み、2人は無断で借用したオンボロ車ラーダ・ニーヴァに乗って南へと走り出す。 旅の途中で訪れる、いくつもの出会いと別れ。 やがて無鉄砲で考えなしの旅は、マイクとチックにとって一生忘れることのできないものになっていく――。

「50年後のボクたちは」に投稿された感想・評価

名画座ではこういう特集組んでくれるからたまんねえよなぁ…。

タイトルは正直どうかと思う、邦題。

学校では変人扱いのマイク。母親がアルコール依存症。父親は会社の女と不倫。片思い相手のクラスのマドンナの誕生日には自分だけ呼ばれなかった。


そこに変拍子として入るのが転校生のチック!だれが見ても変なやつ。マイクなんて霞むくらい。ロシアから引っ越してきたユダヤ系ロマらしいけど、この話の舞台のドイツで完全に浮いてる。アジア系にも見えるし。髪型変だし。妙に勉強できるし態度わるいし服装も変だし臭いし。

当然そのチックもクラスのマドンナの誕生日パーティには呼ばれてない。




マイクくんはこのチックと同じカテゴリわけされてしまってるだね。ところがチックがひょんなことからマイクに接近して、意気投合してしまい、盗んだ車で「行こうぜ!遠くへ!!」とやってしまう映画なんです。



いやぁたまんねぇよ。たまんねえよなぁ。


ワラキアに行こうぜ!
ワラキアってどこの田舎だよ

とか

とにかく南に行けばいいんだ!
どっちが南?
とりあえず右に行こう!

スマホないと道がわかんないだろ!
位置特定されちゃうだろ!


もう無軌道、本当に無軌道。ただこれこそ旅だろう。少年の旅。


途中で加わる見た目ホームレスのウンコ臭い少女、イザ。

チック、マイク、イザ。彼らの14歳の夏の物語。再会は50年後になるのか。



しかしマイクだよ、この映画は。前日に見た映画は成熟した優しい愛を知る男の映画。こちらはその前。愛を知る前の、恋に恋して、破れて、そして見た目に惑わされないで手に入れた相棒と自分の足で踏み出す映画なんよな。


旅の終わりのマイクの表情を見てほしい。
2017.1.19@早稲田松竹
《ボーダーラインを超えていけ》
ramu

ramuの感想・評価

4.0
早稲田松竹で今日までだったのでギリギリセーフでの鑑賞!

車でクルクルクルーって回って猛スピードでゴーするシーンから一気に掴まれました!
不良少年、地味キャラ少年(とは言ってもイケメン)、ミステリアスでちょっとおませな女の子のロードムービーっていう時点で既に私のツボです。

チックがまたかっこいいんですよね!
大人な部分と無邪気な子供の部分を兼ね備えていて良いキャラしています。
そして彼の詳細が謎なのも良い。

今の年齢で観ても、青春だなーと楽しめたけど、10代の時に観ていたらもっと響いていただろうなぁ。
あと、音楽にこだわりがある監督だそうなのですがサントラ(エンディング曲除く)も良いです。
ラストのアニメで描かれるチックのエピソードがいい味を出してる。
大越

大越の感想・評価

3.4
主人公、間瀬に似すぎ。

ユーロポップかっこよすぎてズルいな。
Norika

Norikaの感想・評価

3.8
最高によかった。
でもエンディングの曲とアニメの感じだけが好きじゃなかった。
王道青春ロードムービー🚗

カセットで流される渚のアデリーヌやホワイトストライプスが良い味出してます!

妄想ばかりで踏み出せないマイク
14歳の頃の自分そのものだなぁ
なつ

なつの感想・評価

3.9

このレビューはネタバレを含みます

ロードムービーは最高。
旅する2人の仲が深まる姿が本当に微笑ましい。もっと女の子含めた3人の時間が長いのかと思ったら意外とあっさりだった。でも、3人だと人間関係ややこしくなるしメインの2人の空気感がめちゃくちゃすきだったから満足。
エンディングでアメコミ風(?)にストーリーの補完をしてくれる映画は嬉しい。
盗んだバイクで走り出す、ならぬ、盗んだ車で走り出していた。
「旅もここで終わりか」と思う時は終わらなくて、思いがけない時に終わりはやってくる。
私の50年後は何してるかなぁ。
うまに

うまにの感想・評価

3.7
イザがめちゃくちゃ好みだけど、そんなあからさまに誘わんでくれと思う。