50年後のボクたちはの作品情報・感想・評価 - 2ページ目

50年後のボクたちは2016年製作の映画)

Tschick

上映日:2017年09月16日

製作国:

上映時間:93分

3.8

あらすじ

14歳のマイクはクラスのはみだし者。同級生からは変人(=サイコ)扱い、両親の仲もうまくいっていない。そんなある日、チックというちょっと風変わりな転校生がやって来た。夏休み、2人は無断で借用したオンボロ車ラーダ・ニーヴァに乗って南へと走り出す。 旅の途中で訪れる、いくつもの出会いと別れ。 やがて無鉄砲で考えなしの旅は、マイクとチックにとって一生忘れることのできないものになっていく――。

「50年後のボクたちは」に投稿された感想・評価

ryo

ryoの感想・評価

4.7
あー、好き。こういうの好きなんですよ…!

大好きな『ソウルキッチン』のファティ•アキン監督!今回も音楽いいなぁ〜

はみだしっ子ふたりの夏休みのロードムービー、『グッバイ、サマー』も大好きだけどなんていうか、また違う良さがある!

とうもろこし畑に描くシーンも、2組のふたりの話するところもすごくいい。スカジャンはあれかな、日本製なんかな、って、にまにました。

しかし向こうの女子はざくざくハサミで乱暴にカットして何であんなに可愛いんや…。キュート…。
taro2015

taro2015の感想・評価

3.8
王道の青春映画。ミシェルゴンドリーのグッバイサマーにそっくりな設定ではあるが、原作が有名小説ということで、グッバイサマーがこっちの原作に影響を受けたか。
エンドロールのステレオラブの曲のドイツ語?カバーと歌詞にやられて、PV購入。

家庭環境に恵まれず、クラスからもはみ出した14歳のマイク。大好きな母親はアル中、父親はそんな母を放置して愛人と浮気中。同級生のタチアナにはゾッコンだけど、変人扱いされているクラスの中で人気者の彼女の目にすら映っていない存在だった。ある日、同じクラスに遠いロシアから転校生がやって来る。チックと名乗るその少年は目つきは鋭く、変な髪型をしていて、マイクとともにクラスのはみ出し者になろうとしていた。そんな中訪れた夏休み、母親はアル中の更生施設に入り、父親は出張と称して愛人と旅に出てしまった。1人残されたマイクのもとにやってきたのは、チックだった。彼に誘われ、盗んだ車で旅に出ることになるが。。26カ国で出版されるベストセラー小説『14歳、ぼくらの疾走』を、「消えた声が、その名を呼ぶ」のファティ・アキンが映画化した作品。

皆さんは親友というとどういう存在を指すだろうか? 無論、関西風にいうと”ツレ”みたく、学生ならいつも一緒にいて、放課後コンビニにたむろしたり、社会人なら仕事帰りに一杯付き合う友人で、結婚式にも同席してくれ、家族ができたら休日にBBQにいくような友達もあるでしょう。でも、長年会っていなくても、偶然会ったときにすぐ打ち解けられるような人。頻繁に会えるような存在でなくても、10〜20年、そして本作のタイトルのように50年くらいのサイクルで互いにどういう人になったか確かめたい人。そういう存在の人でも親友なのではないかと本作を観てふと思いました。

ちょっと映画を離れますが、僕にも小学校の頃に出会ったK君がまさにそんな人で、小学生ながらもオタクっぽくて、それこそマイクのようなはみ出し者だった僕(家庭は崩壊してないけど笑)に対して、K君は勉強はまあまあできるほうだったけど、運動神経が抜群でクラスの人気者的な存在でした。校区も僕が住んでいるところから正反対だったし、学校では正直あまり話してなかったけど、母親同士が偶然仲良くて、よくK君の家には母親について遊びに行っていました。学校では仲良しグループも違ったので、周りからは仲良いとは思われなかったろうけど、1対1になったときに違うグループだからこそ話すことがいっぱいあって、今から思っても不思議な関係でした。中学以降はK君の家にも行くことはなくなったので、(クラスも一緒にならなかったし)自然と関係は消滅したけど、18歳位の時に偶然地元の自動車学校で一緒になることがあって、その教習待ちの間も1時間位ずっと互いのことを喋っていた気がします。今は全く音沙汰を知らないので、生きているか死んでいるかも分かりませんが、K君は自分の真逆という意味でも今でも特別な存在で、また1対1で飲みにでも行きたいなと思います。

というように(笑)、本作では真逆ながらも、同じクラスのはみ出し者同士がひと夏の旅に出るロードムービーとなっています。同じドイツ人ながらも、欧米系のマイク、アジア系のチック、そして監督は中東のトルコ系という多民族なエスニックな雰囲気もいいし、映画ということで特段綺麗な演出をせず、わざとどこか汚らしい身なりをさせたり、ゴミを漁ったりするシーンなども妙なリアル感があり、物語を凄く身近なものにさせている効果があります。それに主人公マイクが抱える弱さを打ち破ってくれるチック、そして途中から合流するヒロイン、イザのそれぞれにも弱い部分があり、強がりの中に人に寄り添いたい思いを抱えていることを描いているのが素晴らしいのです。青春というのは自由に弾けながらも、人として弱いところを認識し、その弱さを仲間の存在で強くしていく行為なのかもしれません。そうやって一緒に弱いところを認めてくれる存在、それが今は心の中の存在になろうとも、その彼ら彼女らは親友なのかもしれません。

あと、一緒に旅に出ることになる盗難車、ロシア製の「ラーダ」という車だそうですが、こういうクラシカルな小型SUV好きですね。ロシア車って、故障が多そうですが、ちょっと欲しいと思ってしまいました。



やっぱりドイツ語好きだな〜〜。聞いててスカっとする(笑)


ドイツ映画の中での学生達って、やっぱりなんてゆうか勉強だけじゃなく色んな面で大人だしそれなりの会話するしで、なんとなく無敵な感じがあって最高だった。


先のことを考えずに今はただ進む事って、自分も昔の怖いもの知らずだった子供の頃なら出来てたのになって思っちゃうけど、子供だから出来るじゃなくて今でもおばあちゃんになってもやろうと思えば出来るって気持ちで何でも突き進んでいこうって改めて考えさせられた〜〜最高!


とにかく人との出会いはこれからも大切にしたい!!!!!!!!
doisuke

doisukeの感想・評価

3.8
50年後にまたここへ来よう。
あの日の思い出が、また彼らを引き寄せるはず!

未来なんて、クソくらえ。
skm818

skm818の感想・評価

3.8
はみ出し者の中学生男子2人が夏休みに盗難車で行き当たりばったりの旅をするというよくありそうな話だが、そのはみ出し感や無茶する度合いが適度でよかった。危ないことといえばたまに警察に追いかけられるくらいで、こんだけあからさまに色々やっているのに、なんで逮捕されないのか都合が良すぎだが、みんなそんなに他人のことなど見ていないということだろうなー。お金もそこそこ持ってるし、救急キットや寝袋も持ってるという、今どきの冒険旅行だよな。必要なものはゴミ捨て場に行けば拾えたり、途中でよくわからない(でも危険ではない)集団に食事おごってもらったり。
マフィアみたいな人たちにも会わないし、最初こそ危ない雰囲気を漂わせていたアンドレイも、酒が抜けたら気のいい兄ちゃんだった。本人はユダヤ系ロマなどと言ってるが、カザフスタンあたりの顔に見える。人懐っこくて可愛い。
道中で出会った女の子イザも、特にワケありということじゃなくて、あっさり途中で彼らと別れてプラハ行きのバスに乗る。いや多分、3人とも色々あるんだろうし、現にマイクの両親は問題のある人たちだけど、話の流れとしてはそういうのあんまり関係ない。でも多分旅はそういうところからのつかの間の脱出であり、50年後にここで会おうという約束をひとつの心の支えとして、彼らはまた頑張ってこのクソな生き抜いていくのだろう。いい話だった。
kou

kouの感想・評価

4.0
《世界を狭めているもの》
何時だって僕等を成長させるのは充実して賑やかな日々ではなく、孤独とそれに寄り添ってくれる友人と過ごした時間だ。少年時代の成長を、友人とのかけがえのない日々を映像化した作品であり、爽やかで感動的な映画だった。

学校では変人扱いされ、冴えない日々を送るマイクは、転校生のチックと出会う。風変わりで破天荒なチックもマイクと同じように学校で孤立していた。チックはなぜかマイクに親しく話しかけて来る。退屈な夏休みを過ごすマイクのもとにチックがやってきて、2人車を走らせ、ワラキアを目指すことになるのだ。

一見無謀で、破天荒な旅だが、それこそが胸を熱くさせる。男二人、夜の草原で眠ったり、ある時は道に迷いながら、ある時は親切な人の助けを借りて旅を進めていく。もう1つ、心を揺さぶるのがマイクが出会うイザという少女だ。彼女との出会いと恋はマイクを成長させる。

とてもとてもオーソドックスな少年のロードムービーだ。そこには孤独から救ってくれる友人がいて、行動することで世界がひらけていく。旅から戻ってきた時、彼の世界は変わっている。世界は広く、学校なんて狭すぎるのだ。自分を退屈なやつだと思いこまないこと。いつだって自分の世界を狭めているのは自分自身だ。行動する勇気をくれる作品だった。
samiam

samiamの感想・評価

4.0
魅力的な中学生3人。
50年後の再会も見てみたいな。
DVDでまた観たいな。
うすうす好きなんじゃないかと思って見に行ったけどやっぱり超好きだった。
邦題でやや腰が引けてたけど。

裸とか出血とかゲロとか普通にあるところも好きです。

完璧だ 退屈男。
AOI

AOIの感想・評価

3.5
展開が読めなくて破天荒だから観てて一度たりとも飽きなかった!