50年後のボクたちはの作品情報・感想・評価 - 3ページ目

50年後のボクたちは2016年製作の映画)

Tschick

上映日:2017年09月16日

製作国:

上映時間:93分

3.8

あらすじ

14歳のマイクはクラスのはみだし者。同級生からは変人(=サイコ)扱い、両親の仲もうまくいっていない。そんなある日、チックというちょっと風変わりな転校生がやって来た。夏休み、2人は無断で借用したオンボロ車ラーダ・ニーヴァに乗って南へと走り出す。 旅の途中で訪れる、いくつもの出会いと別れ。 やがて無鉄砲で考えなしの旅は、マイクとチックにとって一生忘れることのできないものになっていく――。

「50年後のボクたちは」に投稿された感想・評価

AOI

AOIの感想・評価

3.5
展開が読めなくて破天荒だから観てて一度たりとも飽きなかった!
knee你好

knee你好の感想・評価

4.0
アタマに糖分が足りてないから拙い文章になるけど書きます。

豚車のあの煽り運転の感じがいちばんサイコ

チックとイザとマイク この3人の後ろ姿をみてキャスティングした人に感謝しました。とても空振らない10代青臭映画。「グッバイサマー」と縁が面白いほど被ってるとも思うがまあ完全に2つは別作。グッバイサマーの記憶は薄れてるが旅山越えた主人公のタフさと終わりの女の子との間、がやはり明確に違う、2作どちらも良い。

ズレた人間たちはドラマしか作らないな、横須賀生まれのスカジャンで2人が出会えるなんて日本人だから嬉しい。にしてもマイクの家は玄関に兵馬俑、庭にミニ石庭、アジア愛好家なのか?そこにどうもイヌイット?チベット寄りの顔のチック。監督アジア愛好家か。関係ないが監督の色彩感覚よかった

気に入った演出はタチアナ(名前間違ってたらすまん)のパーティーで似顔絵を渡すところでセグウェイに乗ってるようにすっーとタチアナに近寄るとこと、親父が殴る瞬間止まります です

腕時計の短針を太陽に向け12時との間が南

そしてイザ 髪を切るのは反則退場だ。(スイスアーミーマンナイフてところが先日ラドクリフ君みたからまたアガる笑)素晴らしいお姉さんの立場。リードしてくれもっともっと、ぼくもマイクを通して彼女をみてしまいました直視できません。きれいな存在でした。そして警察車両から降りてきたタフマイクに気が芽生えたタチアナにはチックの言う通りあんなクソ女にもう興味なんてない。

結果3人はきちんと散り散りになってしまう

2066年7月28日にけっして役ではない3人はあそこにまた集まるんだろうな。いても立ってもいられなくなる
natsumi

natsumiの感想・評価

3.3
17才じゃなくて、14才っていう設定が良かった。
azu

azuの感想・評価

-
14歳とは万国共通悩めるお年頃なのかなと。
話の展開があっという間で「?」って部分もあったけれど、観た後に、ほっこり、すっきりと。
カメラワークや、音楽がとても好みだった。

このレビューはネタバレを含みます

ファティアキンということで観ました
そうでもなかったです(個人的見解です)
天国の口、終りの楽園みたい
なべ

なべの感想・評価

3.7
久しぶりに淡い子供時代を想わせる作品。14歳の少年2人が車を盗み旅に出て成長していく青春ロードムービー(ドイツ映画)。

所々『グッバイ・サマー』という映画に似ています。好感触だった人はグッバイ・サマーお勧め👍(個人的にグッバイ・サマーの方が好き)

子役の子たちが、思春期特有の悩みや微妙な心情のありのままを自然に演じていて凄く良かったです。
あとは名曲のサントラがかなり良い味出してました。やっぱり旅に音楽は欠かせないなぁ…。
ngw

ngwの感想・評価

4.5

このレビューはネタバレを含みます

【良かったところ】
マリオゲッツェ!
ロイヤルブラッド
妄想ガンマン
チックの白ジャケット
親父のジャンピングパンチ

このレビューはネタバレを含みます

うーわ、ヤバイの見た。
この映画はクール。
人生の教訓になる何度も見たいやつ。
なかなか良い邦題。
(原題は『チック』かな?)

「50年後、またここで会おう」
と若い彼らは約束できる。
では私は?
めちゃめちゃ長生きしてれば生きてるかもしれないが、ほぼほぼ死んでる。
年々早くなって行く一年の体感速度。
50年なんてあっという間だ。
人間の人生なんてあっという間だ。

夏休み前、タチアナに夢中だったマイク。彼女の誕生会に自分だけ呼ばれないと悩んでいたマイク。
風変わりなロシアからの転校生、チック。
彼との出会いと、彼と過ごした夏休みは少年を大きく変えた。人生には限りがあるから、必要のない人間、必要のない悩みに煩わされることをキッパリとやめたのだ。
14歳でこの気づきは羨ましい。ずいぶん年上の私は、まだくだらないことで時間を無駄にし続けているというのに。

少年たちのひと夏を描くロードムービーはよくある。これは結構ガツンとくる。初っ端から血まみれで病院に運ばれているのも、カーチェイスっぽいシーン(ピアノの貴公子、リチャード・クレイダーマンの華麗なピアノの調べがミスマッチすぎてツボだった)も、このテのジャンルでは今までになかった刺激を受けた。

チックはとっくに“経験済み”と思っていたが、なんとゲイだったとは。ドイツ系ロシア人とかなんだろうけど、思いっきりアジア系の顔立ちで流暢なドイツ語というのが面白い。チックはその後どこに行っちゃったんだろう。
14歳の男の子2人が車内で長距離ドライブ中、恋やエッチの話のひとつも出ないのが不自然だなぁーと思ってた。どうりで。
マイクの夏休み明けの、キリッとした男らしい表情も良かった。
イザの、透き通ったエキゾチックな水色の瞳と、ばっさり切った黒髪のショートヘアも良かった。
(文化の違いだけどドイツ系の人は結構胸出すのに抵抗ないね)。

父親の一発(華麗にジャンプしたところで止め絵になるのが笑える)に、私はビックリした。え?ドイツっていまだにこんな体罰してんの?と。
でもマイクのモノローグに納得した。
体罰は良くないっていうけど、ぼくは一発食らうことでなんか変わることもあると思う、的なことを彼は呟くのだ。
確かにそうかもしれない。

裕福そうだけど、母がアル中、父は不在(同僚の若い恋人がいる)って、これアダルトチルドレンになるパターンだけど、マイク大丈夫か??
ひと夏のワラキアへのハードな旅で彼は強くなった。大人になった。
旅の帰路のカーチェイスで、羽目を外して前方のトラックを横転させたがマイクとチック。罪に問われるのは15歳からだと、マイクは警官に向かってタカをくくるが、それはチックの勘違い。14歳から罪に問われるのだ。
罪を負うということは、即ちもう子供じゃないということだ。
マイクは家庭環境に負けず、きっとまともに成長していってくれるだろうと信じてる。

エンドロールで流れるパンクロックもいいなぁ。ドイツ語のラップカッコいい。日本風のアニメーションはもうヨーロッパに定着したね。人の真似じゃダメ。自分らしく生きなきゃ。あっという間に50年経っちゃう!!


※余談
この秋、ドイツ(ベルリン+α)に行く予定で行けなった。たまたま見に来たこの映画はアメリカかフランス映画と思っていたら、聞こえてきたのはドイツ語。そして舞台はベルリン。わーお、ラッキー!!少しだけ旅行気分が味わえた。ワラキアってどこだろう。調べてみよう。同じアジア系の顔してドイツ語ペラペラなチック役の子が羨ましい!!
Hitomi

Hitomiの感想・評価

3.8
現代版スタンドバイミーのような雰囲気。
チックのような、こう…思春期の自分に稲妻のような衝撃を与える友達がいるってステキだ!!

主人公に男の子、緑のコンバースに緑のラグラン…緑が好きなのかな?☻
アリ柄のベッドカバーがキモ可愛かった。笑
竹馬

竹馬の感想・評価

4.0
ふつうにおもしろいけどやっぱ、若かかった
自分が映画の中より歳とっていく感じほんとにこわいからもう見たくないwwwwwww