50年後のボクたちはの作品情報・感想・評価 - 3ページ目

50年後のボクたちは2016年製作の映画)

Tschick

上映日:2017年09月16日

製作国:

上映時間:93分

あらすじ

14歳のマイクはクラスのはみだし者。同級生からは変人(=サイコ)扱い、両親の仲もうまくいっていない。そんなある日、チックというちょっと風変わりな転校生がやって来た。夏休み、2人は無断で借用したオンボロ車ラーダ・ニーヴァに乗って南へと走り出す。 旅の途中で訪れる、いくつもの出会いと別れ。 やがて無鉄砲で考えなしの旅は、マイクとチックにとって一生忘れることのできないものになっていく――。

「50年後のボクたちは」に投稿された感想・評価

まさと

まさとの感想・評価

4.2
荒削りではあるが、ワクワク感ハンパなく誰もが14歳に戻れ、名作「スタンド・バイ・ミー」、「ノッキン・オン・ヘブンズ・ドア」などに負けない輝きがある心に響く青春ロードムービー。仕事や日常生活のモヤモヤがきっとリセットされますよ(笑)
dancingufo

dancingufoの感想・評価

4.0
リチャードクレイダーマンが最高。
クイズの出来でデザートを分け与える家族、父に蹴りを入れられる瞬間のストップモーションとモノローグ、アニメの方法でチックがその後どうなったかを見せたエンディングは印象に残った。
大人でも子供でもない14歳という年齢は、文学や映画のモチーフとして魅力的なものなのだと思う。
ドイツ国内で2200万部以上を売上げ、26カ国で翻訳されたベストセラー児童文学を「ソウル・キッチン」のファティ・アキン監督が映画化した本作は、14歳の2人の少年のロードムービー。
主人公の少年マイクは、学校では変人扱いされ、家においても父親は若い女と浮気、そういうこともあって母親はアル中という、公私共に心安らぐ居場所が無い。
そんなある日、チックというアジア系の少年がロシアから転校してくる。
原題“Tschick”にもなっているこの少年は、髪型や服装、その風貌にインパクトがあって異彩を放っているが、クラスで浮いた存在で仲間外れ同士の2人は或る切っ掛けで意気投合し、チックが無断借用したオンボロ車のラーダ・ニーヴァで夏休みの旅に出ることになる。
丁度昨年の同時期に公開された「エターナル・サンシャイン」のミシェル・ゴンドリー監督の自伝的作品で、本作と似たようなキャラクターとストーリー設定の「グッバイ・サマー」がある。
両作品共、このジャンルの代表的名作「スタンド・バイ・ミー」に相通ずるような少年たちの冒険と成長を瑞々しいタッチで描いていて、自分の14歳の頃を懐かしく思い出させてくれる。
本作ではポストカードのように美しい風景の中で少年たちが出会う様々な人々、彼らを追う警官たち、子沢山な農家、一人旅の少女イザ、アウトバーンで遭遇した養豚トラック、これらの出会いから少年たちのドキドキするような冒険、甘酸っぱい初恋や友情、そして別れが紡ぎ出されていく。
邦題の意味するものがラストで登場するが、50年先の未来や自らのアイデンティティを確立していこうという彼らの気持ちを表している。
14歳が遥か昔になってしまった私たち世代にとって本作はノスタルジーそのものだが、時に厳しいが、刺激的で魅力的な現実世界と向き合い、新しい自分を発見していく主人公の姿に爽やかさと希望を感じます。
ししん

ししんの感想・評価

4.8
🎶リチャード・クレイダーマンが印象に残った

冴えない14歳のマイクが、転校生チックと過ごすひと夏のロードムービー
14歳の割にはハチャメチャなチックと、巻き込まれながら成長していくマイク。
ありきたりなストーリーだけど、楽しめました。
たむ

たむの感想・評価

4.0
ファティ・アキン監督の直球の新境地ロードムービーです。
少年二人組のロードムービーはジャンル的には外しようがないほど、映画的な題材です。
ドイツ人の少年とロシア系の少年という辺りに、アキン監督らしい移民問題をテーマにしていますが、内容は直球。煩悩と妄想、初恋の幻影と現実的な恋で成長する少年の姿に、共感しながら、切ない映画です。
KINO

KINOの感想・評価

3.7
14歳の夏、王道青春ロード・ムービー。鬱屈した毎日から飛び出して、無鉄砲なドライブ。ありきたりながら、主人公2人が、個性的で良かった。
はま

はまの感想・評価

3.5
14歳の男の子たちのひと夏の大冒険。面白かった。色々説明してくれないから、わからない部分もあるけど、エンドロールは親切すぎるほど丁寧。50年後、絶対会えないと思うけど、そりゃ言うよね、って可愛い映画。
たくみ

たくみの感想・評価

4.5
学校でクラスに馴染めずイジメを受けている少年マイク。そのクラスに転校してきた風変わりな少年チック。ある日盗んだ車で旅に出る二人。そしてそれはかけがえのない日々と友情の旅になる。

「盗んだバイクで走り出す」のも、「大人は解ってくれない」的な不良少年のお話しも苦手だけど、この作品はそうじゃなかった気がします。

むしろこれは「解ろうとしない馬鹿な大人を許してあげる少年達の物語」なんだと思いました。

演出はアッサリ系なのでぶわーっと盛り上がったりはしませんが、そこもあざとくなくて好きですし、チックとマイクのキャラも大好きです。まぁ難癖をつけるとしたら、最初マイクが密かにあこがれているクラスのマドンナ的な女の子が、正直可愛くないって事かなwもうちょっと美人の女の子使えば良かったのにw

50年後に彼らが再会した時が楽しみで仕方ないです。

「リトル・ランボーズ」辺りが好きな人はハマると思いますよ♪
あのオンボロ車に乗りたい。

金持ちだけどチョットクラスで浮いている中学生が不良転校生にそそのかされ旅に連れ出てひと夏の経験を通じて成長するスタンドバイミー的な青春物語。甘酸っぱい。青春だ✨