50年後のボクたちはの作品情報・感想・評価 - 4ページ目

50年後のボクたちは2016年製作の映画)

Tschick

上映日:2017年09月16日

製作国:

上映時間:93分

3.7

あらすじ

14歳のマイクはクラスのはみだし者。同級生からは変人(=サイコ)扱い、両親の仲もうまくいっていない。そんなある日、チックというちょっと風変わりな転校生がやって来た。夏休み、2人は無断で借用したオンボロ車ラーダ・ニーヴァに乗って南へと走り出す。 旅の途中で訪れる、いくつもの出会いと別れ。 やがて無鉄砲で考えなしの旅は、マイクとチックにとって一生忘れることのできないものになっていく――。

「50年後のボクたちは」に投稿された感想・評価

SSTK

SSTKの感想・評価

4.5
そのハートフルドラマのようなタイトル・ジャケットイメージからはまるでかけ離れた、実はかなり反骨心剥き出しのメッセージ性の強い大人のための青春ロードムービーです。

クラスでもハブられ者だった冴えない14歳のマイクが、転校生チックの破天荒な行動に巻き込まれながら出かけた、ひと夏の旅を追ういわゆるロードムービーですが、単に子どもたちの冒険を描いた青春ごっこには終わりません。世にいろんな青春モノの作品がある中でこの映画の読後感はまた一味違います。

ワンシーンごとに、観ている僕たちの回想の扉をぐいっと開けてくる力がある。彼らが旅で遭遇する出来事と自分の過去にある共通点を見つけては、あの頃感じていた追憶の気持ちを摘み取りたくなる。

そのつぼみでしかなかったあの頃の「似たような何か」は今の自分の中に咲いているのか?それは大人になるにつれていつのまにか跡形もなく消え失せてることにすぐに気付くんだけど、もう会わなくなった友人、思いを馳せた異性、過去に交わり離れていった者たちすべての人たち、みんなどこかで自分と同じように日々を生きている。それであればいい。それぞれが振り返る「あの頃」に経験したことの大小なんて、50年後になれば微細な凹凸の差でしかない。何かこう、いろんな事がいい意味で「大したことない」って思わせてくれる読後感。うまく言えないんですが。

14歳そこらの主人公たちがその旅の途中で50年後の再会を誓うんだけど、50年後に本当に再会するかどうかにあまり意味はなくて、その50年を各々がどう生きるのかってことが重要で、そしてそれはその50年をまさに生きている全ての人に響いてくるんだろうね。とてもいい映画です!
白豚

白豚の感想・評価

4.6
誰もが経験した14歳の多感な時期を思い出して共感出来る映画だと思う

スタンドバイミーの現代版って感じ
何も考えず仲間達と感じたままに行動してたあの頃を思い出して久しぶりにみんなに会いたくなりました
yaeko

yaekoの感想・評価

3.9

このレビューはネタバレを含みます


無茶で行動力に溢れた2人の行く先々が、面白くて、とっても魅力的だった。

寝そべってする宇宙の話、湖でじゃれあって結局ダイブ、50年後への約束、どれもアオハルかよ。

それにしても女の子って、ほんとワイルドな男の子が好きだな。(笑)
nori

noriの感想・評価

-
「グッバイ、サマー」のドイツ版みたい。
こちらは、本当の車で移動する、14歳。

変人で、クラスで1番美人な子の誕生パーティーに、クラスでただ1人誘ってもらえなかった冴えない主人公。
そこにやってきたモンゴル系ロシア人の転校生。

夏休みに入って、母は、アルコール中毒を治す施設へ。
父は愛人と旅行へ。
1人の主人公のところへ、転校生が盗んだ車に乗ってやってきた。
旅に出ようと。
彼らの旅は、危うい。
しかし、今までに経験したことのなかったことを経験。
途中で、女性まで拾って旅をすることに。
毎日、毎日、何が起きるか分からないけれど、それも楽しい。
そこが若さだね。

しかし、旅は事故で突然終わり、転校生はどこかに行ってしまった。
新学期、旅で周りの子より大人になった主人公。
好きだった女の子に声をかけられても、もう、どうでもいい。
心配なのは転校生。
彼はどうしているんだろう?
私も気になった。
逃げているからボランティアの罪だけじゃすまないかも?

50年後まで待てないから、早く会いたいな。
plantseeds

plantseedsの感想・評価

3.9
『JUST DO IT!』

クラスのはみ出し者2人による、青春ロードムービー。
監督は、ドイツ人監督、ファティ・アキン。
まだ44歳という若い監督ですが、既に世界3大映画祭で受賞経験ありという素晴らしい才能。

ひと夏の経験で、一皮むける主人公たち。
こういう、バカなようで、大切な経験(笑)
こういう時間が、人を成長させるのだなあと。
あんまり無駄無駄と、決めこまないで、衝動に身を任せてやってみるのはたいせつだなあと。

大人になってくると、思考優位になって、何でも損得で考えがち。
だけど、そんなの、つまんねーって、正直思います(笑)
感情の動きもあまりない、心の底から感動することのない生活なんて、まっぴらごめんだ!
と、思いました。

「大人になりなさい」と、よく人は言いますが、
つまらない大人にはなりたくないと、常々思ってます。
大人として経験は確かに積み重ねるけれど、いい意味でで子供らしい純粋な感覚は自分の中に持っておきたい。
経験だけに頼らないといいますか。
「感動する心」は、何よりも大切と思うから。

早く、世間一般で言われているような「おとな」になることだけが、大切ではないと思います。

作品のメッセージが、「JUST DO IT!」。
「考えすぎずに、やってみようぜ」と、ポンと、背中を押してくれます。
思考過多になっている、大人たちにこそ、なんか響いてくるような気がします。

そんな、「いやいや、その動機なんか軽くね?」と、大人が一蹴してしまう行動にこそ、この映画のように人生の中で大切なものがあるのではないかと思いました。
思ったより、いろいろなことをもらった映画でした。
ありがとう!
n

nの感想・評価

4.4
はみ出し者たちの青春ロードムービー。人種を超えた友情にほっこりして、少しだけウルっときた。無条件に好きなジャンル。マイクもチックもイザも皆魅力的だった!ラストも素敵!
藤くん

藤くんの感想・評価

3.4
俳優の表情一つ一つが良かった
自分はどうかなって考えてしまった
#050
衣装や色々が青い、黄色い。たまに緑。
チックのファッションが好き。
音楽がなんだかアンバランスでまとまりが無い、けど、それも魅力的だった。
ふたりが可愛いかった
kaito.m

kaito.mの感想・評価

3.7
パーティに呼ばれないはぐれもの男子二人のちょいワルロードムービー。正反対に見えた二人が仲良くなるくだりとか、ちょっとした会話にキュンと来ますね。そっちに傾いたってええじゃない!
旅先での出来事がパッとしないので盛り上がりには欠けるが、ほどよいリアルさが良かったんだと思う。
こういう体験をして成長すると、モテるようになるかもしれんがワルになってしまいそうですな。
3年くらいじゃいかんかったのか。50年は長すぎるぜ。
チックが最初から最後までただの悪ガキにしか見えず、魅力を見い出せなかった。チックの悩める一面や背景を見せてくれたらまた違ったかなと思う。あとはドイツ映画×ロードムービーに最初から評価を上げてしまったところも…

途中で合流するイザが魅力的で、彼女のスピンオフが見てみたいぐらい印象に残る。