50年後のボクたちはの作品情報・感想・評価 - 4ページ目

50年後のボクたちは2016年製作の映画)

Tschick

上映日:2017年09月16日

製作国:

上映時間:93分

3.8

あらすじ

14歳のマイクはクラスのはみだし者。同級生からは変人(=サイコ)扱い、両親の仲もうまくいっていない。そんなある日、チックというちょっと風変わりな転校生がやって来た。夏休み、2人は無断で借用したオンボロ車ラーダ・ニーヴァに乗って南へと走り出す。 旅の途中で訪れる、いくつもの出会いと別れ。 やがて無鉄砲で考えなしの旅は、マイクとチックにとって一生忘れることのできないものになっていく――。

「50年後のボクたちは」に投稿された感想・評価

NATSUKOTAN

NATSUKOTANの感想・評価

3.6
スタンドバイミー的部分もありのロードムービー。
問題あり家庭の一人っ子で理不尽な大人に振り回されつつ楽しげ。
トウモロコシ畑に車乗り入れて、、、のシーンがいいね👍
トウモロコシ畑のやつやりてえ。。
あとエロいお姉さんは最高って話。
し

しの感想・評価

3.3
イザの髪を切るところ良かったな〜
にしてももうちょいマシな邦題あるじゃろ
さより

さよりの感想・評価

4.0

このレビューはネタバレを含みます

好きなシーン
・母親とプールに物を捨てる
・ボンネットで焼いたであろうピザ
・車の運転を教えるシーン
・リジ・ビジの家族、素直にお礼を言う二人
msd

msdの感想・評価

4.3
映画に反して邦題のセンスの無さが…
現代版スタンドバイミー的な紹介をされているように、内容も確かに少年達のひと夏の冒険を痛快に描いててロードムービーとして面白い。
根底ではヨーロッパにおける貧富の差の拡大やロマ差別、LGBTやらの今の問題と14才くらいで誰もが経験するであろう自意識の問題が並列で語られ、旅を経て主人公は「父の不在」にも向き合えるようになる。

そもそも初っ端でホワイトストライプス。劇中もされどエンドロールで徹底的に日和見主義と全体主義をディスり多様性を肯定していけとアジってくる…
けっこう嫉妬してしまうレベルで良く出来た映画。
すあま

すあまの感想・評価

4.7
クラスでパッとしなくても、そこから飛び出したら自分の可能性に少しでも気付けるかも。
チック、マイク2人ともお互いがいたから行動できたんだろうなあ。
世界一憧れる夏休みでした。
tych

tychの感想・評価

4.1
青春友情ロードムービー 可笑しくて少し切ない一夏の冒険 良く出来ています。
蝉丸

蝉丸の感想・評価

4.7
ジュブナイル×ロードムービーという組み合わせ、無敵すぎるだろ。どう転んでもおもしろいと言わざるを得ない。時間が経つにつれてだんだん3人が愛おしくすら思えてくる。こういうの観ると今の思考、感覚、記憶を持ったまま十代前半をまた過ごしてみたいと思うけど、一方でそれをしたらもうジュブナイルはジュブナイルじゃなくなるのだとも分かっているのはもう自分がジュブナイルじゃないからだろうか。
ミーー

ミーーの感想・評価

4.5
主人公と友達のデコボココンビぶりがとてもいい。若さゆえの勢いと昂揚、そして切なさが心に迫ってくる。映像や音楽も、おしゃれすぎずわざとらしすぎず、絶妙に洗練されている。これまでドイツ映画はあまり観たことがなかったけれど、今後は注目したいと思った。
Shinobu331

Shinobu331の感想・評価

3.3
幸せな気持ちになりました。
少年達がただむちゃしながら、
成長して行く姿が、とても優しい。第一印象めちゃ悪いチックが
だんだん愛おしく思える。
マイクとチックのこれからが
どんな人生かはわからないけれど
この夏がきっといつも助けてくれるんだろうな。素晴らしい夏‼️