50年後のボクたちはの作品情報・感想・評価 - 8ページ目

50年後のボクたちは2016年製作の映画)

Tschick

上映日:2017年09月16日

製作国:

上映時間:93分

3.8

あらすじ

14歳のマイクはクラスのはみだし者。同級生からは変人(=サイコ)扱い、両親の仲もうまくいっていない。そんなある日、チックというちょっと風変わりな転校生がやって来た。夏休み、2人は無断で借用したオンボロ車ラーダ・ニーヴァに乗って南へと走り出す。 旅の途中で訪れる、いくつもの出会いと別れ。 やがて無鉄砲で考えなしの旅は、マイクとチックにとって一生忘れることのできないものになっていく――。

「50年後のボクたちは」に投稿された感想・評価

Masa

Masaの感想・評価

1.0
マイクとチック、はみ出しものの14歳2人が、盗んだ車で走り出す。誕生日会に招待してくれなかった意中のクラスメートを見返し、新しい出会いに心トキメキ、友情を育み。。。
人物描写が甘すぎで登場人物を全く好きになれないし、旅に出る動機が特にチックの場合分からないし、大した成長もないし、チックの無茶な運転風景だけを追って行く映画。これ、映画作る意味あった?女の登場も御都合主義、旅で出会う人も同じ。盛り場はどこだったの?
時間と金返せ。
中学生の時にあんな体験をしてればな、無茶苦茶やっても良かったんだなと思わせられるけど、やっぱりそれは映画だからなのかな。

懐かしい気持ちと、自分ではできなかった何かを代わりにしてもらっているかんじで何かいいな~って思う。

基本悪いことしかやってないから誉めれたものではないけど、ああやってみんな大人になっていくのかな。自分の子供に見てほしい。。いや、見せたらダメ?。。
楽しい映画でした。
スタンドバイミーみたいなんを期待してたのに
つとむ

つとむの感想・評価

4.0
普通の青春ロードムービーじゃなくて、アウトローでかつしっかり骨太なゴツい内容で大満足でした!
登場人物みんなが少し?かなり変(笑)
でもそれが妙に心地良い。自分がちょっと変だな...って思ってる人はこの映画を観ると少し勇気が持てるようになると思います。
「こんな14歳の夏を過ごしたかった!」と比較的大人しい青年期を過ごした大人垂涎の内容です(笑)
みい

みいの感想・評価

-
勢いがある爽やかじゃないけど爽やかに感じる映画だった。

ちょこっと登場するマイクの母親のはじけ方がけっこう好き。

9月に鑑賞。
ヨーロッパの民族事情を知らないとちょっとわかりにくい箇所が。
いやわからなくてもいいのかな?
主人公が着てる日本のスカジャンがカッコいい。
あの子、日本から取り寄せたのかな?
ストーリーは何人かが書いてらっしゃるとおり、『グッバイ・サマー』と似たような展開。

こちらは、基本的に悪さばっかりしてるんだけど、憎めない。

ところどころ、シュールな笑いもあって、やっぱりこういう映画好きだ。

音楽だったり、さりげなく原発批判を入れてるあたり、監督のセンスを感じる。

友達と車で旅に出たくなる映画です。
これ原題と同じ「チック」で日本でも舞台化もされてるのね。クラスではみ出しもの的立場の少年二人の夏の冒険はかなりワイルドだった。ひやひやするわ。チックがピュアな心の持ち主でいちいち簡潔明瞭な言葉でマイクの悶々とした不安を取り除いてるのも微笑ましい。面白かった。
あおば

あおばの感想・評価

3.2
クラスに馴染めない変わり者の少年と破天荒な転校生の盗んだ車で走り出すロードムービー。

よくこの作品に似ていると言われているゴンドリーの「グッバイ・サマー」は未鑑賞。

14歳の中二病らしく頭の中は妄想でいっぱいの主人公が原題にもなっている転校生の「チック」と出会うことで妄想を超える現実を夏休みに実現させてしまう物語。

音楽も既存の楽曲が多く使われているがセンスがいい。

ただし、やっぱりこの手のロードムービーは先が読めてしまうのは少々残念。

しかも自分の場合は今でも中二病を患いながらもそれなりに1人で旅に出てしまうのでこの作品に対して懐かしさと憧れをそこまで強く抱けなかったのも辛いところ。

でも、作中で出会う男女3人が50年後に再会する約束をしてそれぞれの道を歩み出すのはちょっと憧れる。
だって、実際会えるかどうかよりも、そのキラキラした思い出と約束を抱いてこれからの50年を生きていけるんだから心強いと思う。

この作品、PG12だけどそれこそ中学生に観てもらって妄想の外側、画面の外側に目を向けて欲しい作品。

もし同じように外側に飛び出したい大人がいるならば、私は「LIFE!」をオススメします。
nakataka

nakatakaの感想・評価

3.6
“未来なんてくそくらえ!”
疾走感溢れるロードムービー。

14歳、クラスの中で省られる二人。
その二人が盗難した車で走り回る、ひと夏の思い出。

たった一度きりの14歳。
後先を考えずにバカやれる二人が羨ましかったです (*´ー`*)
この年頃の経験が、将来の自分の人格を形作っていくんじゃないですかね。