50年後のボクたちはの作品情報・感想・評価 - 8ページ目

50年後のボクたちは2016年製作の映画)

Tschick

上映日:2017年09月16日

製作国:

上映時間:93分

3.8

あらすじ

14歳のマイクはクラスのはみだし者。同級生からは変人(=サイコ)扱い、両親の仲もうまくいっていない。そんなある日、チックというちょっと風変わりな転校生がやって来た。夏休み、2人は無断で借用したオンボロ車ラーダ・ニーヴァに乗って南へと走り出す。 旅の途中で訪れる、いくつもの出会いと別れ。 やがて無鉄砲で考えなしの旅は、マイクとチックにとって一生忘れることのできないものになっていく――。

「50年後のボクたちは」に投稿された感想・評価

少年のロードムービーは好き。14歳でドライブとはすごい。

マイクはそんなにモテない感じはしないが。

イザちゃんの裸が気になった。

2人はその後、イザちゃんに再会することはあるのだろうか?

96本目
クラスに馴染めない、変わり者だと思われてる、いじめられっ子が観たら励まされるんじゃないかな…人は出会いで変われる。緑の草原を走る青いオンボロ車の絵が美しい。エンドクレジットの歌詞がよかった。
SAO

SAOの感想・評価

3.5
どんどん旅が進むにつれ
田舎風景が多くなってって
ただただ映像が綺麗!!
小さなスクリーンで見たから、
もっと前に座って大画面で綺麗さを堪能したかったなーとちょっと後悔。


自分が変わるきっかけには
新しい出会いって大切だなって感じたし
行動力ある友達いいなと思った
miyu

miyuの感想・評価

3.8
ボクはそれまで友達がいなかった。。。
クラスで一番可愛いあの子からも
完璧スルーされ…
ウチに帰ると、大好きなんだけどアル中の母がいて…
そして、苦手な父は、若い女性とラブラブだ…

そんなボクの隣の席に彼がやってきた…

14歳のボク達の夏休みが始まった…

彼がどこかで盗んできた車でGo🎶

ボクらは、南へ南へ向かった…

ボクと彼とのロードムービーで
ちょっこっと、服装のアレな女子とも出会い…💕

夏が終わり
あんな事や
こんな事をしでかし…
それでも、ボクの夏は
オトナへの通過儀礼だったのかもしれない…

痛くないと、優しくなれないし…
痛くないと、所詮 ヒトの気持ちに寄り添えない…
痛くないと、自分のしでかした悪い事が認識できない…

カラダの痛みも
ココロの痛みも
オトナになる為には必要だ!!

このレビューはネタバレを含みます

『50年後のボクたちは』鑑賞。ドイツ発の青春ショタロードムービー。少しみんなと違うが故に気になる異性にアプローチできない弱気な少年が、破天荒な転入生と出会うことで変わっていくという、ミシェル・ゴンドリー監督の『グッバイ、サマー』にかなり酷似した内容であった。そういう意味でどうしても比較せざるを得なかったものの、本作も非常に質の高い作品であった。ロシアからの転入生チックが盗難車で旅をする設定なので、自作した家型車で旅をする『グッバイ、サマー』より多少現実的かなという印象。主演とマドンナは『グッバイ、サマー』のアンジュ・ダルジャンとディアーヌ・ベニアンの方が可愛かったけど、悪友である本作のチック役を務めたアナンド・バトビレグ・チョローンバータルの方に軍配かな、もう完全に主観だけど……
ひとつ異なる軸があったのは、父親との深い確執だ。マイクは若い女性と浮気をする父親とアルコール漬けとなった母親という家族の在り方に嫌気がさしていた。そうした、若い自分にはどうにもならない現状(タチアナから誘われないことも含めて)に我慢がならなくなり、悪友チックとの二人旅に飛び出すのだ。
特に父親への反発精神は強く、父親の浮気相手にも敵意を向ける。そうした男性的なモノを否定するシーンは数カ所に見られ、途中で遭遇する奇妙な家族やゴミ捨て場で暮らす女性イザとの出会いに表現されている。父親への反発で顕著なのは、物語のクライマックス。裁判で悪事は全てチックになすりつけるようにという父親の指示を無視したシーンだ。チックの存在は夏を通して、マイクが不満に感じていたタチアナとの関係や家族のしがらみなどを取っ払う存在となっていたのだ。
失恋した少年が一回り成長して恋愛感情を乗り越えるって設定だけでだいぶ好きなので、採点は甘めだけどかなりオススメ。50年後の今日また集まろう、絶対だ!なんて青春なんだ!羨ましい!!!
ayakatsuki

ayakatsukiの感想・評価

3.5
一夏の思い出、経験って、いくつになっても憧れる。少年から大人になる前のね。
傑作とは思わないけど楽しめた!
それぞれの役がとっても際立ってたなー。片田舎の少年少女たちとか特にね!

このレビューはネタバレを含みます

青春ロードムービー。
予告編どおりで、想定以上のどんでん返しとかは無し。
それでもグッときたのは監督のセンス?
お母さんは酒飲みとしてグッとくる格好良さと痛さ。
最後のお父さんのジャンプパンチに笑った。
Tristan

Tristanの感想・評価

3.6
グッバイサマーをしっとりさせたかんじ。
最後までロシアっ子は謎の少年だったな…。
MEI

MEIの感想・評価

3.7
トウモロコシ畑のシーンとお母さんとソファをプールに投げるシーンがすき。
スカッとする。

あんな変な髪型なのにチックがカッコイイ。やりたいことを後先考えずやるって大人になったら出来なくなるんだろうから、大事だと思う。

マイクがアル中のお母さんを普通に扱ってることにちょっと感動。自分としては何気ない話を作文にしたのに母親なんだからそんなこと書くなとか言われるし彼としては意味わかんないんだろうな。周りからしたらサイコなんだけど、彼にしたらお母さんがアル中なのは普通だからね、、、
自転車で迎えに行ってるシーン何故か泣きそうになった。

結局チックとマイクはまた旅にでて、彼女に会いに行くのかなあ。それとも、五十年後まで待つんだろうか。
ラストはちょっとあっさり目すぎたけど、これもこれでありだと思う。
Rin

Rinの感想・評価

3.8
グッバイサマードイツ版。いい雰囲気。ロシア人がいい味出してた。少年の夏のものがたり。