セロリマン

オールド・ボーイのセロリマンのレビュー・感想・評価

オールド・ボーイ(2003年製作の映画)
3.0
酔っ払いコントから始まる映画だが、最後にドスが効いてくる。

平凡だったオデス。15年の監禁でタコの踊り食いをしながら気絶するほどの怪物になってしまった。なぜ俺を監禁したんだ!という復讐劇の全部が酔っ払いコントに見えてしまったのはいたしかたない。
どいつもこいつも一言多くてクスリとくる笑いがてんこ盛り。

カットのつなぎや鏡を使ったシーン、アクションシーンなど面白いカメラワークで見ていて飽きがくることは無かった