最低。の作品情報・感想・評価

最低。2017年製作の映画)

上映日:2017年11月25日

製作国:

上映時間:120分

3.3

あらすじ

果てしなく続くかのような日常に耐えきれず、新しい世界の扉を開く平凡な主婦・橋本美穂(森口彩乃)34歳。折り合いの悪い家族から逃げるように上京し、都会でAV女優として多忙な日々を送る彩乃(佐々木心音)25歳。奔放な母親に振り回されつつも、絵を描く時だけ自由になれる女子高生・本間あやこ(山田愛奈)17歳。境遇も年齢も性格も異なる3人の女。彼女たちに共通するのは、<AV>と関わりを持っていること。彼女…

果てしなく続くかのような日常に耐えきれず、新しい世界の扉を開く平凡な主婦・橋本美穂(森口彩乃)34歳。折り合いの悪い家族から逃げるように上京し、都会でAV女優として多忙な日々を送る彩乃(佐々木心音)25歳。奔放な母親に振り回されつつも、絵を描く時だけ自由になれる女子高生・本間あやこ(山田愛奈)17歳。境遇も年齢も性格も異なる3人の女。彼女たちに共通するのは、<AV>と関わりを持っていること。彼女たちの運命が、ある出来事をきっかけに動き始める……。

「最低。」に投稿された感想・評価

AVの実際の現場に何度も立ち会わせて頂いていた立場上、クスクス笑うところもあれば、そうなんだよねーと深刻になってみたりと、私の立ち位置では正確にレビューできないかもしれない。でも悲観して観て欲しくはないな。AV女優やったからって人生終わりじゃないもの。紗倉まなさんが言いたかったのは、そこだと思うけどなー。
うーん、テーマが難しすぎてこの作品の意図する所が掴めない。前半に三者の様子がわかりづらく感情移入がしづらいまま、中盤でやっとそれぞれの葛藤がわかってくるが、最低とは感じられない。
くら

くらの感想・評価

3.3
記録。
MBac

MBacの感想・評価

1.2

AV。この業界は何故こうも迫害されるのだろうか?人間であるのに動物的行為だからだろうか?人間であるのに誰にでもできる(ように見える)選択先だからだろうか?どれにせよ私には理解ができないが、今作は恐ろしいほどAVというモノがマイナスのイメージで描かれる。まるでホラーかのようにだ。
そこに関しては否定的な感想を持ったのには言うまでもない。しかし、 子が親の元を離れる瞬間をここぞとばかりに台詞に託したのはなんとも新鮮であったとは言える。(その台詞の直後、母がぼろっと崩れ落ちたのも映画的表現的と言える)それと、コレは好みかもしれないが下手に芸術的作品感を見せつけるような映像の撮り方、編集の仕方も(若干だが)鼻につくところだった。まとめとしては、今作について個人的倫理観、個人的映画のあり方からみて否定的な意見を覚えた部分は多々あったが、良かったところもあり、原作も読んでみたくなったのでなんとも言えない。
lily

lilyの感想・評価

-
自分では味わったことのない、だけれどもきっと本当にどこかにあるであろう、別の人の人生のストーリーの一部を描いた映画に最近惹かれる。映画を観ても私はいつも、その映画が伝えたいこと表現していることを掴みきれずにいるのだが、そんな中でも登場人物のあの人この人の立場になって私なりに思うこと感じること考えることがあったり、なかったり。
映画って、なんだろう。
何を伝えているんだろう。
そもそも何、っていうのがあるのか。
よくわからないけど、映画を観るといつも、自分の中で動くものが確かにあることは確かだ。
人気AV女優の紗倉まなの自伝的小説が原作とのこと。
「最低。」と付いたタイトルの割にはそんな最低な映画でもない。
結構メジャーな作品撮ってる監督さんなんですね。この映画は低予算なんでしょうが。なんか凄く渇く映画だった。
NOMAMA

NOMAMAの感想・評価

3.2

どのような形でも

女性として必要とされてると感じたい

その気持ちはきっと女性にしか分からない
まな

まなの感想・評価

3.5
需要もあるし必要な職業だと思う反面、母や娘の苦悩が理解できて辛い😿
三人の女性の姿を描き、AVで繋がりがあるよというオチなんだけど、最初は、設定がふわっとしていて、入り込み辛い。
ベテランのお母さん役おばあちゃん役、旦那さん役の方々の演技は、さすがだった。
半ば盛り返すが、最後の終わり方がまた、残念…
yuka

yukaの感想・評価

-
人生いろいろ
>|