「この世に私の居場所なんてない」に投稿された感想・レビュー

ngsm
ngsmの感想・レビュー
2017/03/02
-
netflixにて

2017年のサンダンス映画祭審査員賞受賞作がもう見れるのは、ネットフリックス様々としか言いようがない。

The Atlanticのレビューで"dark,goofy neo-noir"って評されてたけど、言い得て妙で、正気のつもりで行動していたのに、気付いたら狂気の沙汰に巻き込まれる話を所々クスクスしながら見る感じ。
奇妙な面白さがある。
滑稽ウツボ
滑稽ウツボの感想・レビュー
12時間
3.0
冴えない女性が家に空き巣に入られ、変わり者の隣人と共に犯人を探し次第に非日常の世界に入っていくというストーリー。思っていたよりもバイオレンス成分が強め。イライジャ・ウッドが変わり者を上手く演じています。

他のレビューを見ていると結構得点が高めなのですが、個人的にはそんなに好きではないかなと思って観ていました。しかし、一人の女性が短期間のうちにたくましくなっていく様は面白かったですし、富豪の息子がグレたり頼れるはずの警官も家庭問題を抱えていたりと皆それぞれ大変という部分を描いていて良かったと思います。

最後は非日常が終わり、居場所を見つけられたという解釈でいいのかな。それともこの世界=日常ということ?非日常でようやく居場所を見つけることができたということなのか。モヤモヤが残りますね。
PG12
PG12の感想・レビュー
2日
-
主演のメラニー・リンスキーのルックスが絶妙。
最近のイライジャ・ウッドはサイドキック役多いな。
Yasu
Yasuの感想・レビュー
6日
3.0
「この世に私の居場所なんてない」

Netflixオリジナル。
サンダス映画祭グランプリ受賞作品。

監督メーコン・ブレア、主演メラニー・リンスキー、イライジャ・ウッド。

看護助手ルースの家に空き巣が入った事から始まる作品。
アプローチの仕方は全く違いますが、ベースにあるテーマは「わたしは、ダニエル・ブレイク」に似たものを感じました。

そのアプローチの仕方が今作の大きな特徴で、タランティーノを彷彿とさせるものでした。

しかし如何せんバイオレンス描写の力技で押し切った印象に自分には感じられ、ストーリーの根本的な中身には練り込み不足さが感じられ、物足りなかったです。

キャストでは、メラニー・リンスキーの冴えないどことなく薄幸な雰囲気はとても良かったですし、イライジャ・ウッドも独特の存在感があって良かったです。

自分はハマりませんでしたが、Netflixオリジナルらしい、エッジの効いた作品でした。

MSQ
MSQの感想・レビュー
2017/05/15
3.8
イライジャ・ウッドすっかり楽しんでるな〜。って趣。というかここ最近はそんなキャラ濃い目なんばかりでなんかいい感じ。見た目も含めたキャラ作りになんか良かった。

そしてこの映画自体も油断してたらヤられる。掴みからかなり悪意を全面に感じるんだけど、やっぱ生きてるとそんなもんだよね〜。でもそれも気持ちの持ちようだよね〜。

視点をズラしただけで色々な部分が変わる。人のせい、人が悪い、ってスタイルだとどうにもならんし、そこで一歩踏み出さないといけない。

にしても、ジリジリ不安な音楽とか視点とかで焦らしつつ、唐突な展開(別に無理は無い)に驚かされつつ、どんどんドライブしてく感はなかなか心地よかったなぁ〜。

ブルー・リベンジの主演が、撮った作品。あのなんかヒゲ剃ったら老ける人こんな頭の中なんだなぁ〜。そしてジェーン・レヴィがドント・ブリーズとリンクするような役。
サバ
サバの感想・レビュー
2017/05/12
3.3
人生に何も見出せ無い看護助手として働くルースの家に空き巣が入った。
何かを盗られたというより、見知らぬ他人が自分の家に入った事がたまらなく不快になる(ここ、よくわかる)

警察は何もしてくれ無い。
ルースは、オタクで変わり者の隣に住むトニーと犯人を探し始める。

最初は、些細な事からどんどん泥沼にはまって行く。

このグズグズの展開、嫌いじゃ無い。
ルースが冴え無い容姿なのも良いね。
最後は、わーわーキャーキャー
何も出来なかったルースがどんどん強くなる。
minamimi
minamimiの感想・レビュー
2017/05/11
-
どんどん泥沼にはまっていく話好き。
文句ばっかり言ってたルースがトニーを庇って本気で逃げてくところ、かっこよく見えた。
邦題は訳したまんまなんだけど、この年になると手に取るのがこっ恥ずかしいな。Netflixで良かった。
Shogo
Shogoの感想・レビュー
2017/05/07
3.7
サンダンスでグリンプリ獲ったにしては、まずまずといったところかな。過去にサンダンスで話題になったのと比べると劣るけど、バイオレンスでダークでコメディで予想外さがあって、退屈しなかった。そういう系で短めだから、タイトルのようなことをじっくり深く描いていないのが丁度良いのかもしれないけど、物足りなさがあった。
3丁目のタマ
3丁目のタマの感想・レビュー
2017/05/07
4.5
愚か者たちに乾杯!!こちらは本当の愚か者の集まり笑。
コーエン作品かなと思った楽しいブラックユーモアな作品。ダメな奴ばっか、ブラックユーモア、バディものは個人的に大大大好きな要素満載の映画でした。
冴えない看護助手のルース、面倒くさい感じのオタク系のトニー(イライジャ・ウッド良い、もっとこんなヴィゴ・モーテンセンのような見た目小汚い役やってほしい笑!)のはぐれもの同士の噛み合ってない2人。全然冴えなくて鬱ぎみのルースが空き巣に入られてから、しゃかりきに犯人探しに奔走する。後半の、空き巣犯人グループとの二転三転の展開は、タランティーノ映画みたいに血なまぐささ笑。ピンチの時、意外に機転がきくルースの底力に感動し、トニーの手裏剣とか最高でした!
この作品好きな方にはマイベストムービーに入る「ゴーストワールド」もオススメしたい。
なつ
なつの感想・レビュー
2017/05/06
3.3
Netflixオリジナル

面白いのか微妙なのか、どう表現したらいいのかわからない。
とってもB級。とってもブラックでちょっとバイオレントで程よくグロなコメディ。
悪く言えばとっ散らかったお話。
後半の展開が『グリーンルーム』っぽいな、と思ったら本作の監督は『グリーンルーム』の監督作の常連俳優らしい。
>|