この世に私の居場所なんてないの作品情報・感想・評価

この世に私の居場所なんてない2017年製作の映画)

I Don't Feel at Home in This World Anymore

製作国:

上映時間:93分

3.7

あらすじ

気弱で目立たない看護助手ルース (メラニー・リンスキー) が主人公の物語です。世間の冷たさに絶望し、今にも心が折れそうなルース。だが自宅に空き巣が入ると、ついに我慢の限界が来た彼女は自ら犯人捜しを開始。格闘技が大好きな変わり者の隣人トニー (イライジャ・ウッド) と組み、空き巣犯を追う2人は思わぬ危険に巻き込まれていきます。

「この世に私の居場所なんてない」に投稿された感想・評価

ngsm

ngsmの感想・評価

-
netflixにて

2017年のサンダンス映画祭審査員賞受賞作がもう見れるのは、ネットフリックス様々としか言いようがない。

The Atlanticのレビューで"dark,goofy neo-noir"って評されてたけど、言い得て妙で、正気のつもりで行動していたのに、気付いたら狂気の沙汰に巻き込まれる話を所々クスクスしながら見る感じ。
奇妙な面白さがある。
K

Kの感想・評価

-
よかった...
ハラハラしたよ〜
自分の居場所を求めて

社会の中でマナーが悪い人を見れば、ついつい憤りを感じてしまうのは自分も共感できます。夜中に爆音で走るバイク、レジの割り込みなどはムカつきます。主人公ルースもそういったことに嫌気をさしていたが、自宅に空き巣が入り、ノートPCが盗まれることで怒りが爆発。しかも警察はまともな捜査をしてくれない。ルースはそこから自分でパソコンを探すのだが、どんどんと悪いことに巻き込まれてしまい…

徐々にヤバい方向に進んでいっている感が楽しい。痛々しい描写も結構あり、特に皆さんも言っているけど、ゲロのところが凄いよ。
ロードオブザリングのイライジャ・ウッドも出ています。
Koheii

Koheiiの感想・評価

4.0
Netflixオリジナルの定番の終わり方です。まぁまぁ無名な役者陣が割と良いです。
あしべ

あしべの感想・評価

2.9
前半のオフビートな感じからのバイオレンスは好きなんだけども、主人公に全く入っていけなかった。
ゲロ吐きまくるシーンとかイライジャ・ウッドのモーニングスターとか笑えるシーンはあるんだけどなぁ。
ただ、主人公のキャラクターを考えると、タイトルは秀逸だと思った。
とり

とりの感想・評価

4.0
変なの。
I don't feel at home in this world anymore...このヘンテコなタイトルから思い浮かぶようなぼく好みのピュアネスな内容じゃなかったけど、そのクレイジーさと独特なテンポのコミカルさが良かった。『ブルー・リベンジ』の女性版的まさかの絶品で、とんでもないコメディ!なのに途中からシリアスさも残酷さも大きな割合を占め始め(好き嫌い分かれそう、、)、最後には目を見張るからジャンル分けなど無意味。予想外・規格外、色んな意味で安全地帯からはみ出してる厄介者、イカれてる。なかなか真似できるものじゃない。ZARDの「氷の上に立つように」の歌詞を思い出すくらい癖がすごいんじゃ~。どんどんストーリーが加速していくにつれグロさもパワーアップしていくので、エグい系への抗体が少しある人にはオススメ。ワンシーン毎に笑いをほしがってきて、不謹慎な老人との向き合い方も学べる。ぶちギレた一般女性が自分のための捜査に変わった自警団みたいなカンフー野郎と乗り出すというご近所トラブルの進化系で現代のアメリカ社会・郊外に住み着く闇を浮き彫りにはするが、社会風刺とは簡単には括れない。爆発しそうになったら、無理して我慢したりせず、ちょっとくらい自己中になってもいいかも?
インディーズ臭いプロットなのにちゃんと手堅く巧い演出(だからこそ終盤のチェイスシーンが活きる)、秀逸な脚本、割と綺麗な映像、エキセントリックな演技。異常事態に置かれて切れそうな普通の女性って感じで、しかもTシャツやらパーカーやらのちょいポチャ&マンブルコア系でそれがスゴく良かった。イライジャ・ウッドの絶対に関わったらヤバい隣人って感じの変人ぷりも最高。トニーみたいな映画とかドラマの中で見るこういう疎まれる・敬遠される奴("ウザい")って大体ロック聴いてて信仰心強いな。シュールな凸凹コンビの誕生。これが本当にフロドだった奴かよ。これからもご近所トラブルを解決する作品としてシリーズにしてほしかったなー。本作の中では警察は口ばかりで無能だから。皆はまだクソヤロウじゃないと信じたい、そうならないように世界をより良くしたい少しでも。あと、エンドロールで流れる曲がどれもいい、渋すぎ。
Everyone is an asshole.
「いや、これで完璧だかや」ニヤリ

勝手に関連作『ブルー・リベンジ』『ビッグ・リボウスキ』『アウト・オブ・サイト』『グリーン・ルーム』『アイムノットシリアルキラー』『フランシス・ハ』『BRICK』『ナイス・ガイズ』
TOMATOMETER89%、AUDIENCE77%
I don't feel at home in this world anymore.transcends its unwieldy title to offer timely, intoxicatingly dark observations on gender dynamics and social norms in modern America.
RYUYA

RYUYAの感想・評価

4.5
全然面白くない。
看護助手の仕事中に、汚いババアの愚痴を聞かされて、ふとそいつ見たら死んでたし。
最期「チンポ」って言ってたこと親族には絶対言えないし。
駐車場を歩いていても、バック中の車とタイミングが合わず、何度かの攻防のあと結局道譲っちゃうし。
スーパーに来ても、前の客が気づかず棚から落としたポテチを拾ってあげるはめになるし。
レジも割り込まれるし。
バーで小説片手に1人飲みしてて隣の男性に声かけられたと思ったら、本のネタバレ喰らってしかもそいつ彼女いるし。
部屋で一人瓶ビールに口をつけていたって、モヤモヤ、ムカムカ。

この世に私の居場所なんてない。

世間が地味にムカつく。
そんな時、空き巣に入られPCと祖母の銀皿だけ盗まれた。
警察行っても「あなたよりもっと大変な人がいる」と逆に怒鳴られるし。
こうなったら自分で犯人探してやる。
相棒にしたのは、いつも犬のウンチをウチの庭に放置する近所の奇行ヌンチャク野郎。
そうして彼女たちは想像を遥かに超えたバイオレンスの世界へと足を踏み入れる。
というお話。

NETFLIXオリジナルで、今んとこダントツ1番面白かった。
アンダーグラウンドの日常派アメコミを実写化したような手触り。
悪役となるカルト的な森の住人たちのあの感じとか、個人的に大好きな漫画チャールズバーンズの『BLACK HOLE』みたいだったなぁ。

主演のメラニーリンスキーが本当に素晴らしくて、
パンパンの中年太りなのに顔はむっちゃ童顔という奇跡のバランス。
女版トラヴィスって感じで、怒りで進化する主人公像。
激しい銃撃戦の隅っこでもうゲロが止まらないあのシーンはクソ最高。
カンフーやったり手裏剣ぶん投げまくる相棒イライジャウッドもクソクソ最高だった。つーかおまえ最近脱皮しすぎだろ。
Masataka

Masatakaの感想・評価

3.9
ずっと気になっていた作品。
見終わって全体の完成度を振り返ると、そんなに大したことはない印象ではあるけれども、なかなか侮れない、不思議な魅力のある映画だった。ゆるいけどエッジが効いてる。
しかしあのゲロの吐き方は、幾多の映画のゲロシーンと比べても、すごく良かったと言わざるを得ない。
よかった。
>|