バーバラと心の巨人の作品情報・感想・評価

「バーバラと心の巨人」に投稿された感想・評価

zita

zitaの感想・評価

3.2
邦題と邦画ジャケットがこれまた原作からえらい改変されている事はいつものことと受け取るとして…

「怪物はささやく」「ルイの9番目の人生」直系の子供の多感な心の揺れ動きをとらえた作品。ヒロインの住む街並みや隠れ家の描写こそよかったけど、痛みを伴う心の成長とファンタジーの共存という点であらゆる点が「怪物はささやく」と類似しすぎててはまれなかった。むしろ現実に必死に生きるお姉さんに感情移入してしまう、そんな作品。
mito

mitoの感想・評価

3.2

このレビューはネタバレを含みます

姉と兄と海岸沿いの家に住む少女バーバラ。
彼女は、海岸や森の奥で日夜罠を仕掛け過ごしている。来たる巨人との戦いに備え…。

もう作品名言うだけでオチが分かってしまう、というか予告編の時点でも分かってしまう作品ではあるので言って良いと思うが、怪物がささやく、と同じコンセプトの作品。

巨人の存在が彼女の逃避となっており、次第に原因が判明していく。
このストーリーについては「怪物がささやく」の方がシンプルで出来が良い。
あと、彼女の逃避云々を抜きにして、流石にやり過ぎな行動の数々が少し違和感を感じる。
特に何も明らかにされていない前半は逃避と理解しつつも、どこか厨二病を連想させる言動や行動ばかりで、違うベクトルだ心配になる。

その点はこの映画の良心であり、1番の被害者ソフィアちゃんが本当不憫。
声さえ掛けなけりゃ、こんな謎の行動に巻き込まれないで済んだのに(笑)

まあこのバーバラの家族も余りにも酷いというか、姉が立場的に可愛そう。
バーバラも去る事ながら、兄の何もやらない体は、オチ分かったら尚更許されない、と感じる。
「お前、もうちょい協力してやれよ…」
lp

lpの感想・評価

2.5
クリス・コロンバスが製作にクレジットされていたので鑑賞。

空想の世界で巨人と戦う少女、バーバラの物語。
J・A・バヨナの『怪物はささやく』など、コンスタントに映像化されている「現実のトラウマから逃れるべく、妄想の世界に逃げ込む子ども」を描いた今作。基本的な物語の筋にフレッシュさは無く、手垢の付きまくった話ではあるけれど、バーバラのヒネクレ度合が常軌を逸している点が出色。周りの人間に口答えする時の生意気さと小賢しさと言い、巨人の襲来を盲信する点と言い、「変人」としか映らなかった。
物語の凡庸さを、キャラクターの魅力で見事にカバーしている。これは巧い。

ただ、キャラクターの魅力以外は特筆すべき点が少なく(強いて挙げるなら、映像の美しさと、『怪物はささやく』よりも「巨人」の意味が明確なことぐらい)、映画全体としては「普通」といったところ。
積極的にオススメはしないけれど、気になる方はぜひ。
 ヒューマンドラマというジャンルなのに、キャラクターが物語に関わる動機が全員よくわからなかったので、映画全体に興味を持ちにくかったです。キャラクターの感情が一番大事なジャンルなので、それに興味を持てないと全体が退屈になってしまいます。

 良い所を上げるとすれば、ストーリーの序盤の終わりくらいにあるキャラクターが仲良くなる経緯が見れた部分はよかったです。その部分はキャラクターの感情に浮き沈みが顕著に映されてましたし、キャラクターの設定と合っていたので少し面白かったです。

 上記の部分以外の映画全体が割とどうでもよかったので正直あまり語ることがないです。
ローキーの港町。健全過ぎる。
巨人とは何なのか、何故来るのか。そういったものがビシッとハマるのは素晴らしいですが、邦題のせいで巨人はもしかして実在する…?バーバラがヒーローなのか…?ということを否定されているので前半を引っ張ってる間、退屈になってしまった印象。

邦題案件またしても「バーバラと心の巨人」感想http://tea-rwb.hatenablog.com/entry/2018/10/20/123000

このレビューはネタバレを含みます

うーん、悪くないんだけど、悪くないんだけど…
あと一歩感がどうしても拭えなかった!
ストーリー展開はスローな感じなのに、ちょっとしたセリフがキーワードというか、聞き逃せない感じで難しかった。もう一回見たら発見がいっぱいありそう。
兄の存在感の無さ………
Yu

Yuの感想・評価

4.5

このレビューはネタバレを含みます

とりあえず
誤)バーバラと心の巨人
正)I kill giants
でしょ…(いや、少し解ってはいたけど邦題は壮大なネタバレじゃないですか?😔

物語が進むにつれてどんどん バーバラの心の脆くて壊れそうになってく姿から最後の闘いで強い心を手に入れて 再び前を向いて進む決心をする流れが 周りの人物だったり情景だったりBGMだったり 美しかった😢
ゴメンナサイ、全然入り込めなかったです…。

意外と(?)狭い世界でのお話でした。

割とダーク寄りでファンタジーチックな展開・世界観、もしかしたらニガテなのかもしれないです。
ちょっと個人的には合わなかったんですけど、主演の子の演技はなかなか良かったです。
>|