ゆれる人魚の作品情報・感想・評価

ゆれる人魚2015年製作の映画)

Córki dancingu/The Lure

上映日:2018年02月10日

製作国:

上映時間:92分

3.6

あらすじ

はじめての舞台、はじめての恋、はじめて吸うタバコ――「はじめて」の先にある、私たちの運命。人魚の姉妹が海からあがってくる。辿りついたのは80年代風のワルシャワのナイトクラブ。ふたりはワイルドな美少女。セクシーで生きるのに貪欲だ。一夜にしてスターになるが、ひとりがハンサムなベース・プレイヤーに恋してしまう。たちまちふたりの関係がぎくしゃくしはじめ、やがて限界に達し、残虐で血生ぐさい行為へとふたりを…

はじめての舞台、はじめての恋、はじめて吸うタバコ――「はじめて」の先にある、私たちの運命。人魚の姉妹が海からあがってくる。辿りついたのは80年代風のワルシャワのナイトクラブ。ふたりはワイルドな美少女。セクシーで生きるのに貪欲だ。一夜にしてスターになるが、ひとりがハンサムなベース・プレイヤーに恋してしまう。たちまちふたりの関係がぎくしゃくしはじめ、やがて限界に達し、残虐で血生ぐさい行為へとふたりを駆り立てる。

「ゆれる人魚」に投稿された感想・評価

あむ

あむの感想・評価

4.0
映像が可愛くてよかった
レビューで観たとおり多々わからないところもあったけど、全部カバーできるくらい雰囲気も姉妹の人魚も好き

グロが好きとかホラー、童話の人魚姫以上を期待してる人は違うかも
女性から見ても、官能的で綺麗。
変ないやらしさはない
Toshiaki

Toshiakiの感想・評価

3.8
ポーランド版のララランドってところでしょうか。
残酷さも含めて、ものすごくポーランド的な感覚で作られているなぁ。ストーリーやキャラクターの作り方、色の使い方なんかもそう。
入りは明るい感じの雰囲気なんだけど、気がついたら暗い感じになってるのも良かった。
あーや

あーやの感想・評価

1.0
映画大国であるポーランドの作品&流行りの人魚が主人公ということで期待してましたが、私には全く合いませんでした。「ゆれる人形」です。世界観は何とか出来上がっていたけれど、ストーリーはふたりの人魚(ポーランドは美人の多い国なのに決して美人ではない2人)が陸に上がって汚いパンクバンドとつるんでいる。以上。特筆すべき点は無し。音楽は騒がしいだけで翻訳の問題?と思うほど歌詞の内容も支離滅裂。わかる人にだけわかれば良いと言うような映像の展開。それなら私は理解出来んでええ。90分間ずーっと退屈でした。ただ世間の評価は良いようですね。世間との評価のズレは時々起こるので仕方が無いですね。この映画は自分の感性の鋭さを披露したい男の子が「ゆれる人魚って言うポーランドの新作映画が好きなんだよね」と映画好きではない女の子に言ったら「えーポーランドの映画を観たなんて変わってますねー博識ー!」と返されてもれなく優越感に浸ることができる。そういう人のための作品でした。なぜこれを新作ポーランド映画として日本で公開したのだろうか。雑誌で取り上げられたのだろうか。もう少し面白いポーランド映画の新作は他にあるはず···。役者、音楽、ストーリー、何もかもが面白くない映画でした。
鶴次郎

鶴次郎の感想・評価

1.8
まさかのミュージカル
人魚姫のリアル描写で光りもの食べたくなくなる
5/23 もう一月前じゃん......

ポスターがカッコよかったから観たくなったのだけど、魚の下半身が風呂から覗いてるのに気づかなかった。
だから、人魚の下半身が臭いがしそうなほど生っぽいのに面食らった。どぎつい描写も多いけど、ポップな音楽とミュージカルシーンもあって、見たことがなくて面白い。とにかく音楽がよかった。ミュージカルなのに後半にグロテスクな手術シーンが出たりとごった煮な映画だった。

ませた人魚の姉妹ふたりが、湖でクラブのバンドにスカウトされて、バックダンサーとして見世物にされる話で、最初は人間の暮らしを楽しんでいたのが、人魚としての悩みやバンドメンバーの内面をミュージカルで見せながら、シルバーの恋の物語に軸が移ってからは人魚姫をマジメに語っていく。ここでシルバー役の女優さんの整ってない顔立ちも純真な感じをだしていて。妹のゴールドが大人びた容姿なのも、姉の幼さを強調してる。それがより悲しさを強調させてるから、シルバーが出るところはグロくても悲しくなってくる。ホラーとミュージカル、少女の成長と悲恋にポップな音楽の混ぜっぷりがよくて、いろいろ楽しめた。幻想的なところと時代の影響で大人たちがみんな堕落しているのでかなり退廃的になっている。

何をやってるか分からないところもあるけど、見ると楽しいし音楽もよかったから、これを映画館で観られたのはよかった。意外な掘り出し物だった。

監督のインタビュー
http://realsound.jp/movie/2018/02/post-157407.html

https://i-d.vice.com/jp/article/ywqgpv/the-lure-agnieszka-smoczynska-director-interview
雲丹

雲丹の感想・評価

4.5
好みのテイストとかそういうの抜きにして、1つの作品としての完成度がものすごく高い。
ミハリナとマルタが本当に素晴らしい。キャストチョイスが神。光と陰の様な正反対でありながら必要不可欠な存在をここまで完璧に表現されるとは思わなかった。
お互いのことがとても大切で、お互いの思う、人魚の生き方を歩む。
流行りのミュージカル映画で騒ぐよりも、こちらを見るべきでは。
妖艶笑みを浮かべる妹がなんか可愛い

たまにグロいシーン


二人とも童顔なせいか、エロすぎないし、淡々と見えた

チョットマニアックなミュージカルだ。

歌詞は意味不だが、曲はノリノリでよかった

警察よって現れて鉄砲の手するとこ吹いた。チョコチョコギャグあり?笑
恋子

恋子の感想・評価

3.5
画面が可愛くて音楽も好み
こういうお話 大好き!ホント好きなのよ!好きすぎる!!

ダークでガーリーでプチエログロで、古臭いのに新しい不思議な作品、楽しかった!音楽もとてもいい。オープニングのイラストもカワイイ。

人魚の姉妹シルバーとゴールデンが人間界にやって来てナイトクラブで歌います。シルバーが恋をするバンドマンが超イケメン💕彼をヒドい奴という意見もあるけれどやっぱり引くよね。仕方ない 。。

シルバーが人間になるための手術を受ける場面、どこからか調達してきた女の子とシルバーの下半身を交換する。シルバーは胴体を切断される間じゅう歌っているのです。『勝手にふるえてろ』でヨシカが唐突に歌い出す場面を思い出しちゃった。
>|