ゆれる人魚の作品情報・感想・評価

ゆれる人魚2015年製作の映画)

Córki dancingu/The Lure

上映日:2018年02月10日

製作国:

上映時間:92分

3.5

あらすじ

はじめての舞台、はじめての恋、はじめて吸うタバコ――「はじめて」の先にある、私たちの運命。人魚の姉妹が海からあがってくる。辿りついたのは80年代風のワルシャワのナイトクラブ。ふたりはワイルドな美少女。セクシーで生きるのに貪欲だ。一夜にしてスターになるが、ひとりがハンサムなベース・プレイヤーに恋してしまう。たちまちふたりの関係がぎくしゃくしはじめ、やがて限界に達し、残虐で血生ぐさい行為へとふたりを…

はじめての舞台、はじめての恋、はじめて吸うタバコ――「はじめて」の先にある、私たちの運命。人魚の姉妹が海からあがってくる。辿りついたのは80年代風のワルシャワのナイトクラブ。ふたりはワイルドな美少女。セクシーで生きるのに貪欲だ。一夜にしてスターになるが、ひとりがハンサムなベース・プレイヤーに恋してしまう。たちまちふたりの関係がぎくしゃくしはじめ、やがて限界に達し、残虐で血生ぐさい行為へとふたりを駆り立てる。

「ゆれる人魚」に投稿された感想・評価

タニー

タニーの感想・評価

3.0
ちょっと退屈だったけど、話の設定が面白い。
人魚の下半身が、上半身の可愛さとは全く違って違和感。

観終わった後、実際の人魚の話ってどんなだったっけと、今更凄くきになった。
鑑賞済み
悪意

悪意の感想・評価

2.7
童話の人魚姫になぞらえている。
絵面はポップで可愛らしいが安っぽいストリップ劇場が舞台ゆえか映画の雰囲気もそのまま安っぽい。チープな恋で身を滅ぼしてしまう乙女心というのはいつの時代もどんなお伽話でも同じなのでせうかね。
幸

幸の感想・評価

4.0
「人魚姫」の童話と似ているが、本作は人魚が2人姉妹でストリッパーで歌手である。
姉の人魚は人間の男に恋をするが、妹はそれを止めようとする。ろくな結末にならないから。
一方で、妹は人間を食べ始める。もともと妹の顔がエロいなー(あくまで主観です)と思いながら観ていたが、女性警察官を誘惑して食い殺すシーンが良かった。何回か観たくなる。

ストリッパー的なこともやってるので、退廃的な音楽と共に惜しげも無く人魚2人がおっぱいを出すところも眼福。ただ、エロいかと言われるとそんなにエロくない。綺麗。

映像と役者のビジュアル(バンドのvocalのおばさんの顔が特に好き)と音楽が好み。あと人魚の尻尾が生臭そうで全然神秘的じゃなかったとこも良かった。
童話の「人魚姫」の人魚はただただ儚く報われないイメージだが、本作の人魚姫は人間を愛したり牙を剥いたりもする。人間と人魚の不安定な関係、悪くない。
yuki

yukiの感想・評価

1.0
全てが微塵も響かず…終わって「なんだこの映画?」と言ってしまった。
ホラー要素、恋愛要素、ファンタジー要素、全て中途半端。ミュージカルも歌詞がシュールすぎてシーンとミスマッチ。
全体的に映像も音楽も衣装もダサい。人魚の尾ひれが安っぽくてグロテスク。キャストも特段美しくない。
シルバーが人間の男に恋をして人間になるために声を失い、彼のために犠牲になって泡となるのは原作の人魚姫と同じ。
この映画では人喰い人魚姉妹が主役なので、シルバーが泡になってキレたゴールデンに喰われる男を見て「結局喰うんかーい!」と突っ込んだのが唯一のハイライトです。

なんでこんな高評価なのかマジで解らない…とりあえずディズニーのリトルマーメイド実写版を楽しみに待ちます。。
tinygirl

tinygirlの感想・評価

4.0
最後じんわりなけた
なかなか独特な作品、新鮮で楽しかった。

アンデルセンの人魚姫がベースになってはいるけど、80年代の共産主義下ポーランドの退廃的な空気と当時実際にあったというナイトクラブ「ダンシング・レストラン」を舞台にオリジナリティな世界観で。
なおかつ人魚であまり見たことない“魚”部分の長さと生々しさ。

その世界観にヴロンスキ姉妹による古臭く新しい楽曲がこれ以上ないほどハマってる。

個人的にはニコラス・ウェンディング・レフン監督がミュージカルを撮ったらこんな感じになるんじゃないかと思った。
ミュージカル エロ グロ 切ないって感じ
最後は良かった
cocoro

cocoroの感想・評価

3.4

このレビューはネタバレを含みます

おとぎ話になぞらえたストーリー。
人魚の姉妹の歌声が綺麗だった。歌詞が独特で面白い。
ストーリーはそこまで難しくないはずだが、よく分からないシーンが多いなという印象。でも、そのようなシーンでも芸術的な衣装やセットだったのでとても絵になっていた。
全体的にふわっとした印象だが、ダークな雰囲気がいいと思った。
>|