ビブリア古書堂の事件手帖の作品情報・感想・評価

ビブリア古書堂の事件手帖2018年製作の映画)

上映日:2018年11月01日

製作国:

上映時間:121分

3.2

あらすじ

「ビブリア古書堂の事件手帖」に投稿された感想・評価

花本

花本の感想・評価

2.8
ドラマがけっこう好きだったので借りてみた映画。

題材的にはもしかしたらドラマ向きなのかも。

役者さんがみんな良かった。
ていねいな映画。

内容が多くて映画の時間では足りていないように感じてそこが少しだけざんねんだった。
M

Mの感想・評価

4.0
鎌倉のある古書店
古い本とそれをめぐる人びとのおはなし。


本を愛する気持ちが理解できない男子、大輔さん、文学女子で店主の栞子さんの朗読を少しずつ聞いてゆくことで、ゆっくりと文学の雰囲気に溶け込んでゆく…

柔らかな雰囲気で落ち着きのある声のトーンの 黒木華さん の朗読は、とても聴きやすく癒しを感じられました。

夏目漱石 『それから』

けれども
私の秋の夜長の過ごし方は
太宰治 になりそうです。
謎解き要素を期待していたけど、裏切られた感じ。
物語としては切なくてなんだかホッコリ。
おばあちゃんの秘密の恋なんてステキだな、、と思いきや普通に不倫でした。笑
thur

thurの感想・評価

3.3
太宰治の『晩年』を巡る事件が、祖母の人知れぬ恋の秘密へと繋がっていくビブリオミステリ。作家然とした東出昌大が最高で、夏帆との切ない不倫の恋は純文学的なシーンばかり。純文学好きの心をくすぐる。成田凌は登場と同時に疑ってしまいがち、そして当たりがち。
mika

mikaの感想・評価

3.0

犯人簡単すぎて
謎解きの楽しさがゼロだった

"もはや太宰治になりたい"
このフレーズは、めちゃくちゃわかる

東出さんとてもかっこいい、、、
Yuka

Yukaの感想・評価

-
なんか頭ゆるーいんちゃうってツッコミ何回かいれたくなった
TaeTae

TaeTaeの感想・評価

3.3
祖母と祖父の秘密も驚くほどのものではなかった。
東出昌大は好き。
なぴ

なぴの感想・評価

3.7
とりあえず夏目漱石の小説買った
>|