Xibalba シバルバ/エイリアン・オブ・マヤの作品情報・感想・評価 - 2ページ目

「Xibalba シバルバ/エイリアン・オブ・マヤ」に投稿された感想・評価

このレビューはネタバレを含みます

主人公がブスでがっかり。特にこれといった見せ場もなく終わりかけの頃に半魚人型のエイリアンが出てきた。洞窟の水の中を潜るシーンは観ているだけで息苦しくなる。
tsuyo

tsuyoの感想・評価

1.0
ネタは良いと思うのだが、、、
見せ方?脚本?
悩ましい(笑)
kumi

kumiの感想・評価

1.2
古代マヤ文明の隠された迷宮地下水路に眠る
宝か悪魔か、、!と出だしに興味をそそられたけれど
最終的にレプティリアンの話のようだし
ラストの遺跡の上にあったアレの意味とは。謎
すがり

すがりの感想・評価

1.2
果たしてこれは何だったのか。

本来この手の映画は通常とは全く別の視点を持って別の楽しみ方を模索する必要がある。

今作で言うなら例えば
「うおおおおお遺跡すげー!」
とか
「えーっと1人10万ドルがこの人数で円換算だと……」
とか
「水めっちゃ綺麗ですやん……」
とか。


それにしたって、それにしたってさあ!

何の意味も無い話がずっと展開されてて画面も終始暗いのは当然で本当にこれ何なんだろうってならざるを得ない。

後のシーンに繋げたいだけのほんのちょっとした内容に一体何十分使うのさ。

極め付けは字幕演出インジェスター。

インジェスターさんは何も悪くないですよ企業ですし。
まあでもそういう映画ってことよね。

字幕翻訳自体も映画や人の味として楽しみたい側としては少々残念。


でもダイビングの心得みたいな良い話してたんで、これからダイバー目指すような人は苦痛の教科書として一度みても良いかもしれない。

私はその会話の内容を既に覚えていないのでダイバーにはなれないのだろう。
ほとんど水の中。宇宙人は何百年も水中で生きてたのか。ラストでハアァ???いや、ラスト以外もだけど。。。
肝心のもの出て来るまでがくだらなく長〜い。そして出てきても着ぐるみか、口もパクパクするだけで何じゃこりゃ。マヤ文明 のロマンを踏みにじるなー
かりん

かりんの感想・評価

1.2
記録 始まるまでにダラダラすすんで眠気との戦い。
後半に行くにつれ睡魔のパンチが的確にアゴにヒット。
フラッフラになりながらも完走。
なにこれー( •́ㅿ•̀ )
123

123の感想・評価

1.0

このレビューはネタバレを含みます

20181001
本編一時間以上経ってようやくエイリアン登場。
いったい何を見せられていたのか感がすごい…
どこを楽しめばよかったのやら…
もー

もーの感想・評価

2.0
マヤ遺跡でモンスターの封印が解かれてしまう話。

アリババ?違う違う。サイババ?違う違う。
このシバルバという名前が妙に気になり鑑賞。

例によって宇宙人に会と遭遇するまでが長い。
あとインデペンデンスデイ並みの宇宙船がパッケージに描かれているが、御察しの通り。

「元嫁?なら仕方ねぇ。」は名言だと思った。

ただレプティリアンの話だったので、そこは感心した。

このレビューはネタバレを含みます

何を観させられたんだ?男女のいざこざとかいらんシーン多すぎる。男性の見分け付かんし。ハラハラ感は音楽だけで持たせてる感じ。日本語吹き替えはくさーい演技だし。ラストシーンはなんだったの?結局はバッドエンドってこと?!ひさびさに酷い映画みたw