驚異の大日本帝国/汝の敵日本を知れの作品情報・感想・評価

驚異の大日本帝国/汝の敵日本を知れ1945年製作の映画)

Know Your Enemy - Japan

製作国:

上映時間:63分

3.5

「驚異の大日本帝国/汝の敵日本を知れ」に投稿された感想・評価

「あいつらの奴隷根性凄過ぎ」という内容。
アメリカのプロパガンダ映画として、かなり日本に差別的だと聞いて鑑賞。
が、思ったより全然差別用語とか使ってないし、むしろ日本のことを良く調べて分析していてびっくりした。
歴史的な部分や、日本人の国民性の説明があってる分、武士道のとことか説明ひどいけどそれすら正しいように感じて、見たら結果的に日本は危険な国だから正義で正さないとって思ってしまう内容になってた。

実際の映像を使った映画って事実だと思いやすいし無意識に思考を誘導されて怖いと思い知らされた。

「ある夜の出来事」をとった監督だなんてびっくり…
ROY

ROYの感想・評価

-
陸軍省 指導映画
Saito

Saitoの感想・評価

-
今見ても頷けるシーンがあるってやばくないですか?
学校ではみんな同じであることを求めるし、苦労することが美徳と思ってるし、デモなんかほとんどないし、平和だけど変な国。
「本作はいまだ自由の意味を解さぬ、日本のジャップを描く」
監督がまさかのフランク・キャプラでびっくり。

日本の成り立ちと社会構造や国民の行動規範を丁寧に説明していくところは非常に興味深く、一歩引いて日本を見る為にもこういう情報は必要だと思う。
「過去こんな国」でしたと正直平成教育では上辺しか撫でなかったし、「日本ひでぇな!」と思ったことすらなかった。
上意下達もそういうもんだと思ってるし、ぶっちゃけ思想統制教育はまだまだ続いていて、自分達で気付かないくらいに浸透しているなと。

なっちまったもん今更仕様がないし、ほぼ世襲制である上の体質が変わることはまず無いんだから、こういう国だと理解して、自国のことをもっと掘って、少しずつ真剣に民衆が考えて変わっていくしかない

八紘一宇がいまだ秘密裏に推し進められていないことを切に願う。
YOK

YOKの感想・評価

-
勉強の一環として観たけど意外にも質の高い(?)プロパガンダ映画だと思う。
緻密に、冷静に描いていると思うし、よくできている。
天皇が日本人にとってどれほど偉大なのかを説明するために各界最高権力者を6人+さらに上乗せしていたところは非常に興味深い!
Asami

Asamiの感想・評価

3.2
A typical propaganda movie. But it’s interesting to see what Americans were taught and what they believed back in the day.
帰りの電車で急に見たくなったので金曜1限に想いを馳せながら見た
あああ

あああの感想・評価

4.0
【追記】めちゃくちゃ良く出来てるなあと思ったら「或る夜の出来事」、「素晴らしき哉、人生!」のフランク・キャプラ監督でひっくり返りました【追記終わり】

Netflixに「汝の敵日本を知れ」が配信されていた為、視聴。
第二次世界大戦当時のアメリカで放映されていたプロパガンダ映画とのことで、非常に興味深い内容でした。
節々に「おや?」と思うところはあれど、日本が何故天皇を祀りあげ、戦争という凶行へ及んだのかが、歴史的背景を踏まえしっかりと描かれていました。というかあまりに的を得た話が多すぎて、いったいどこが現代と違うのかと考えてしまう場面が多くありました。あまりに成長していない…。
最初の注釈なども「けして日系アメリカ人を否定するものではなく、日本に住む日本人を描いたものである」としっかり記載されており、この時代の日本とは程遠い民主主義・自由国家であることが伺えます。これはアメリカが合衆国で、多民族国家であるからこその思想ですよね。なんかこの頃のアメリカの方がよっぽど豊かな国だよ!?と思わされる映画でした。あっ今の大統領くんはお呼びじゃないです…。
現代のアメリカが失ったもの、現代の日本に未だないものを知ることのできる映画でした。
いや〜、見てみるものですね。面白かった、と言うと不謹慎なのかもしれませんが、プロパガンダ映画というにはあまりに核心をついたものでした。
>|