遥美沙樹

アトミック・ブロンドの遥美沙樹のレビュー・感想・評価

アトミック・ブロンド(2017年製作の映画)
3.4
劇場ではなんとなく観る気がしなかった作品。しかし自分の直感はだいたい外れない。既視感のある作品でした。途中で飽きてしまってレズビアンってなんで細身の女の子が多いんだろうとか考え出してしまった。しかしヒロインのシャーリーズセロンのアクションシーンや顔面崩壊っぷりはお見事だと思ったし、文字通り身体を張ったお仕事作品でしたね。せっかくベルリンの壁崩壊の時代を背景にしたのなら、もっと社会派にすべきだったのではと思ったり。