シネフィルmonk

アトミック・ブロンドのシネフィルmonkのレビュー・感想・評価

アトミック・ブロンド(2017年製作の映画)
2.6
ハリウッドを代表する長身の美人女優シャーリーズ・セロンがすご腕の女諜報員を演じるスパイ、アクション映画。

冷戦下、世界の運命を握る最高機密リストを奪還し、裏切り者の二重スパイ“サッチェル”を見つけ出すという極秘ミッションを受け、ベルリンへと潜入するヒロイン。世界中のスパイがリストを狙い、ベルリンに集結し誰が味方か敵か、真実か嘘かまったくわからない究極の状況下、分断されていた東西ドイツのベルリンの壁は崩壊しドイツは統一。そんな政治背景の中で最後に意外な真相が浮かび上がる。

#シャーリーズセロン が女性版007のようで格好良くてセクシー。戦闘モード全開で手に汗を握るアクションは見応えあり、シリーズ化されそうな予感のするラストシーンがある。