アトミック・ブロンドの作品情報・感想・評価

アトミック・ブロンド2017年製作の映画)

Atomic Blonde

上映日:2017年10月20日

製作国:

上映時間:115分

3.6

あらすじ

1989年、冷戦末期。MI6の諜報員ロレーン・ブロートンは、世界の運命を握る最高機密リストを奪還し、裏切り者の二重スパイ“サッチェル”を見つけ出すという極秘ミッションを受け、ベルリンへと潜入した。世界中のスパイがリストを狙い、真実も、嘘も、敵も、味方もわからない究極の状況下、果たしてロレーンと世界の運命は――。

「アトミック・ブロンド」に投稿された感想・評価

音楽、衣装、アクションシーン、とりあえずカッコいい!!
美人の血だらけと、涙と、最後の笑顔は、たまりません。
Azusa

Azusaの感想・評価

-
衣装いちいちかっこいい好みすぎる
音楽も素敵と思ったら、タイラーベイツ!!!!ありがとうございます。

ただ眠い時に観たから理解が間に合わない
2回目必要だ、後日観ることにする
みつや

みつやの感想・評価

3.5
好きな雰囲気ではあるんですが、登場人物が覚えられない。ヒゲが生えたおじさんみんな同じに見えるし、名前もごっちゃになり……終わったあと、一緒に見た人と「結局どういうストーリーだった?」と答え合わせしました。
あらすじ読んでから観ればよかったなーと後悔。今もう1回見れば、もう少し理解できそう。
フラフラになってお互いまともに立ち上がれなくなりながらも殴り合うシーンは圧巻でした。女性陣が美しかった。

余談ですが、金髪美女スパイという設定なら私は「レッド・スパロー」のほうが映画として好きだなぁと思いました。
筍

筍の感想・評価

3.3
ベルリンやらソビエトやらが舞台で、まさに冷たい感じの映画でした。
シャーリーズ・セロンは強くて痛々しいヒロインでした。体張ってますね。
ラストは結局そこかい!とツッコミたかった。あまり好きじゃない結末でした。
b

bの感想・評価

3.7
顔の良い女の泥臭い殴り合いは最高
あずみ

あずみの感想・評価

4.0
ビル・スカルスガルド目的で円盤を買いました。メルケルくんのビジュアルが完全にツボで毎秒格好良かったです。

内容はアホなので一度見ただけでは理解できず、何回か見返してようやく理解できました。

それにしても、シャーリーズ・セロンの肉弾戦が凄かった。普通は女スパイものの戦闘ってスピードや小回り効かせた戦い方な気がするんだけど、ロレーンは違う。意外と銃を使わず、拳やその辺のもので戦うし。ふらふらになっても屈しない姿が印象に残ります。
みゃけ

みゃけの感想・評価

4.6
普通に面白い。シャーリーズ・セロンの美しすぎる顔面とファッションで殴ってくる映画。

このレビューはネタバレを含みます

・MI6の諜報員のローレン(シャーリーズセロン)は極秘リストの入手と二重スパイの捜索のため、東西冷戦末期のベルリンに潜入する
・15分に1回アクションシーン(ラブシーン含む)が訪れるシャーリーズセロン祭り
・諜報ものということで人間関係が複雑で分からなくなったが、アクションと音楽だけでも十分楽しめた
・「ザ・レイド」もビックリの終盤、建物に入ってから階段での格闘→部屋に入って銃撃戦→建物を出てカーチェイスの一連のロングワンカット(?)のアクションシーンは5億点
・格闘が進むにつれ肉体の傷が増えていくのどうやってるの
・タバコの吸い方めちゃカッコいい
>|