アトミック・ブロンドの作品情報・感想・評価

アトミック・ブロンド2017年製作の映画)

Atomic Blonde

上映日:2017年10月20日

製作国:

上映時間:115分

3.6

あらすじ

1989年、冷戦末期。MI6の諜報員ロレーン・ブロートンは、世界の運命を握る最高機密リストを奪還し、裏切り者の二重スパイ“サッチェル”を見つけ出すという極秘ミッションを受け、ベルリンへと潜入した。世界中のスパイがリストを狙い、真実も、嘘も、敵も、味方もわからない究極の状況下、果たしてロレーンと世界の運命は――。

「アトミック・ブロンド」に投稿された感想・評価

スタイリッシュでド派手なアクションを存分に楽しめるのかと思ってたら全然違って拍子抜けしちゃいました
(そういうトレイラーだったじゃないか!)

どちらかと言えばちゃんとしたスパイ映画で、確かにトレイラーでも「女版007」的な謳い文句があったような...

でも東西ドイツとか、冷戦とか、KGBやCIAとかどうでもいいんだよ!
こっちはイケイケなアクションを期待しちまってたんだバカヤロー!
という本音がつい漏れてしまうような、真面目なスパイ映画でした笑
Oka

Okaの感想・評価

3.3
記録用
予告編の「Blue Monday」に合わせたアクションに魅せられて、マカヴォイ様も出てたし、見なければと思い観賞

ネオンカラーで目への刺激は強いが、非常に綺麗
それ以外の映像は暗めだけど青みがかってて、主人公の白さが浮き立つ
7分半ものアクションシーン
シャーリーズ・セロン女史半端ない

物資手配してた青年って、新ペニーワイズ?!イケメンなのね〜

個人的にはソフィア・ブテラちゃんが出てて嬉しかった
sugar

sugarの感想・評価

4.0
シャーリーズ・セロンはどこまでアクションに身を捧げるのか。圧倒的に。

自分が最強かのように、見下しにかかる時の所作がたまらなく、痺れる。

「何を着ればいい? 女王のお茶会に」
kosuke

kosukeの感想・評価

3.0
おもんない、よーわからん
KANMATE

KANMATEの感想・評価

3.4
最初のきづだらけのバスシーンがこの作品への主演の気迫と強い意思をひしひしと感じられてそれだけで満足すぎる
演者の豪華さが際立ち、
物語こそ深くはないものの、ゴージャスで
スマートで、徹底的にかっこよさを追求した映像、演出でした。

音楽の使い方が秀逸で、
その時代を彩った80年代の楽曲がところ狭しと、我先に、と飛び出してきます。
楽曲自体には全く詳しくない私ですが、
それぞれのシーンにがっちり嵌まっていることは明白でした。

全面的に出てきたかと思えば、アクションシーンを邪魔しないようしれっとバックグラウンドへと回るタイミングのよさ。

物語の最大の見せ場となる戦闘シーンでは無音。
息遣いと咆哮こそが最高の楽曲となり、
固唾を飲んで勝敗を見届けるあの数分は必見です。

タリーと私の秘密の時間では
見事な喪失母を演じたシャーリーズセロンの美貌に圧巻され、

ジェームズマカヴォイのサイコパスっぷりはもはや常連。

最注目の女優の一人、ソフィアブテラも負けず劣らず、そしてかわいい。

映画館で見ればよかった、後悔した作品です。
Emma

Emmaの感想・評価

4.0
やっぱり冷戦中のスパイものは複雑になりがちですが、「裏切りのサーカス」とかと比べると、主人公の目的が終始一貫して同じではっきりしていたので分かりやすかったです。
アクションシーンはもちろんですが、普通に歩いていたり、淡々としゃべっているだけのシャーリーズ・セロンもすごくかっこよかったです。
>|