アトミック・ブロンドの作品情報・感想・評価

アトミック・ブロンド2017年製作の映画)

Atomic Blonde

上映日:2017年10月20日

製作国:

上映時間:115分

3.6

あらすじ

1989年、冷戦末期。MI6の諜報員ロレーン・ブロートンは、世界の運命を握る最高機密リストを奪還し、裏切り者の二重スパイ“サッチェル”を見つけ出すという極秘ミッションを受け、ベルリンへと潜入した。世界中のスパイがリストを狙い、真実も、嘘も、敵も、味方もわからない究極の状況下、果たしてロレーンと世界の運命は――。

「アトミック・ブロンド」に投稿された感想・評価

劇場ではなんとなく観る気がしなかった作品。しかし自分の直感はだいたい外れない。既視感のある作品でした。途中で飽きてしまってレズビアンってなんで細身の女の子が多いんだろうとか考え出してしまった。しかしヒロインのシャーリーズセロンのアクションシーンや顔面崩壊っぷりはお見事だと思ったし、文字通り身体を張ったお仕事作品でしたね。せっかくベルリンの壁崩壊の時代を背景にしたのなら、もっと社会派にすべきだったのではと思ったり。
スパイ映画では、女スパイが活躍する「ソルト」や、ド派手なアクションの「キングスマン」があるけど、本作の方が自分の好みだった。
シャーリーズ・セロンが体を張った演技がとにかくカッコいい。敵スパイと格闘をしていても所作が美しく見とれてしまう。ボロボロでフラフラで傷だらけになっても美しい。タバコを吸う姿もカッコいい。彼女は改めて名女優なんだと思った。
ストーリーも良かった。スパイものにはよくある二転三転の展開ではあるけど、最後まで誰が裏切り者なのか分からずハラハラして楽しめた。
また、アクションも、そりゃ無茶でしょ?と思う様な超人の大活躍では無いのがいい。敵もプロな訳で、お互いに殴っては殴られ、投げては投げられ、銃で撃たれても致命傷じゃなければ続けて挑まれて、すぐに弾は無くなるし、主人公の都合で世界が回って無い潔さが現実的で良かった。
tnp

tnpの感想・評価

3.8
音楽と場面ごとの雰囲気がとてもいい
アクションもかっこよく、時代背景と絡んでストーリーも楽しめた
ハリウッドを代表する長身の美人女優シャーリーズ・セロンがすご腕の女諜報員を演じるスパイ、アクション映画。

冷戦下、世界の運命を握る最高機密リストを奪還し、裏切り者の二重スパイ“サッチェル”を見つけ出すという極秘ミッションを受け、ベルリンへと潜入するヒロイン。世界中のスパイがリストを狙い、ベルリンに集結し誰が味方か敵か、真実か嘘かまったくわからない究極の状況下、分断されていた東西ドイツのベルリンの壁は崩壊しドイツは統一。そんな政治背景の中で最後に意外な真相が浮かび上がる。

#シャーリーズセロン が女性版007のようで格好良くてセクシー。戦闘モード全開で手に汗を握るアクションは見応えあり、シリーズ化されそうな予感のするラストシーンがある。
Delpy

Delpyの感想・評価

3.6
ウォッカストレートを飲む様になったのは本作が原因です
Charupi

Charupiの感想・評価

3.9
世間の評価は気にするな。
観たいと思えば観ればいい。
べ

べの感想・評価

4.1
レズ?
temmacho

temmachoの感想・評価

3.7
《シャーリーズ・セロン》が気合入れまくって作ったスパイアクション。
ボッコボコにされますがスタント使ってなさそうです。
スゴいねw
skn

sknの感想・評価

3.5
前知識が足りなかったのを後悔…!
2018年 43本目

スパイ映画ならではの、
きっちり集中して見ないと
「ん??? ちょ、待って、」となって
置いてかれる感じ、自分は相変わらず。笑
でも最後にスパッと分かった瞬間
してやられた感がすごくよかった。
シャーリーズ・セロンの肉体美を
堪能するための映画感はある。

もちろん主人公はスタイリッシュで
すごくカッコいいんだけど、
女性スパイって部分が、生々しすぎる
長回しのアクションシーンに如実に
現れてて、痛々しくてよかった。
いくら凄腕だろうと、女性は女性で
男性たちにねじ伏せられそうになる
リアリティがすごかった。
あと、とくに説明もなくいきなり
LGBT要素(しかも女性の)を全開に
入れてきたのがとても今風だなって。

アクションはもちろんだけど
ベイビー・ドライバーを思い出す
お洒落な音楽がとにかく良い。
ITの彼がぬるっと出てて二度見した。
>|