アトミック・ブロンドの作品情報・感想・評価・動画配信

アトミック・ブロンド2017年製作の映画)

Atomic Blonde

上映日:2017年10月20日

製作国:

上映時間:115分

3.6

あらすじ

「アトミック・ブロンド」に投稿された感想・評価

冒頭の轢かれっぷり
ビーチクからの背中の筋肉
これで京点越え
セロン恐るべし

10分近いワンカット(風?)での敵の無防備に階段に倒れる様は感動した

「プロメテウス」ではあっさり逝った
セロン様
今回はしぶとい!

ジョン・ウイックと同じ父系なんだとか
納得
kosuke

kosukeの感想・評価

-
回想シーンに移るときダサ
しばらく時代設定のある映画を上げていきます。
これは冷戦末期のスパイ映画。

ジョン・ウィックの監督ということで、どんなアクションがあるのかと思ったら、回想形式の暗めのスパイ映画でした。

シャーリズ・セロンの圧倒的なオーラで、マカヴォイやソフィア・ブテラを赤子同然に見えました。

かなり長時間の長回しの激しいアクションは見応えがすごいありました。

音楽はなかなか全体的に良かったです。
梶岡

梶岡の感想・評価

3.8
訓戒: 身体はやわらかい方が良い(特に肩甲骨周り)…🔪

『マッドマックス 怒りのデス・ロード』で女戦士を熱演したシャーリーズ・セロンが、ドイツ東西冷戦下の諜報員として裏切り者を暴き出す映画、『アトミック・ブロンド』(2017)を鑑賞しました!

『ソルト』(2010)然り『レッド・スパロー』(2017)然り、女性が主人公のスパイ映画はもはや汗牛充棟のジャンルであり、よっぽどその役者の事が好きでないと純粋には楽しめないものかと思い込んでいましたが、今作は「とにかくノンストップ且つスタイリッシュなアクション」と「我々が思う80'sをネオンで大胆に脚色したラジカルな美術・造形」が印象的で、かなり楽しめました!サントラについても80'sからのサンプリングが多く、元ネタを尋ねに行くのもまた一興!『AKIRA』が"ネオ東京"なら、こちらは"ネオ・ベルリン"です!🇩🇪

さて、徹底的な役作りで知られるこの名優シャーリーズ・セロン。ことアクションに於いては現状彼女の独壇場と言ってもいい程に圧倒的に格好良い…!今年7月にNetflixで公開される予定の傭兵アクション映画『オールド・ガード』でも主演を務めるとのこと!快進撃を続ける彼女から、ますます目が離せなくなる一作でした…!
uru

uruの感想・評価

3.0
女スパイ映画。けっこー面白かった記憶があります。Queenの Killer Queen が使われてるのがいいですね。
難しかった。強い女。誰信じてはいけない。その女さえも。
シャーリーズ・セロン好きだから観てみた☺️💖
シャーリーズ・セロン💖素敵〜カッコイイ〜〜☺️💖✨笑

あんな細いのに強いっていう憧れ😂💖笑
でも、あれだけヤラれたら体がバッキバキの粉々になってしまいそうでもう観てて怖い怖い痛い😂
凄い闘いのアクションがカッコよくてしょーがない😍💖✨アンジーのソルトも好きだけどこれも好きだぁ😍✨

何気に観たつもりが……
凄いアクションばかりで得した気分☺️💖✨80年代っぽい?音楽流れてるし、スタイリッシュで髪の色も何色でもみんな素敵だし、たばこ吸う姿もすっごくカッコイイし、何をしても素敵だ😆💖✨スパイ映画なのにどこかオシャレ🍀✨暗い重苦しいスパイ映画じゃないから観やすかった✨💖てか、これアクション映画か😂笑

正体……面白いね〜🤭✨✨💖終盤からラストまでニヤニヤして観てた🤭✨✨
こんな映画を待っていた!

女の人にこうやってガシガシ戦ってほしい
後悔

後悔の感想・評価

2.9
役者もドヤ顔してるし多分製作陣もしてる。
ellie

ellieの感想・評価

3.6
シャーリーズ・セロンがかっこよすぎ、更に後半の展開が想像以上に胸熱すぎた。
「レッド・スパロー」がリアルにロシア色が強くて恐怖を感じたせいか、体制や国家に翻弄されつつもクセあり強面男子を次々にぶちのめしてゆくローレンに喝采を送りたくなる。

ジェームズ・マカヴォイの憎たらしさぶりもローレンの賢さと美しさに花を添えてるし、そこまで強すぎずとても人間的な側面を持つローレンの孤高の感じとか、がらりと変わる化粧や衣装とうまくリンクさせるストーリー展開が魅せる。「イーオン・フラックス」での完璧なキャラクターもよかったが、映画によっていつもがらりと表情を変える、さすがはシャーリーズ・セロン。
>|