アトミック・ブロンドの作品情報・感想・評価 - 2ページ目

アトミック・ブロンド2017年製作の映画)

Atomic Blonde

上映日:2017年10月20日

製作国:

上映時間:115分

3.6

あらすじ

「アトミック・ブロンド」に投稿された感想・評価

solo

soloの感想・評価

4.0
鳴り響く80'sヒットナンバーに乗せてベルリンの街で華麗な格闘を魅せる女スパイC・セロンが最高!やはり強い女性は美しい!血と汗が飛ぶ山場のワンカット撮影は壮絶。妖艶な女スパイ同士の濃厚な絡み合いも凄い。冷戦時代、当時の陰鬱な街並みの空気感をお洒落で色褪せないカルチャーが吹き飛ばし、爽快で鮮やかに彩る。内容は少し複雑だけど、個人的に最初から最後まで楽しめた!続編も期待。
otera

oteraの感想・評価

3.9
音楽とシャーリーズ・セロンがかっこいい
映像がポップで見ていて楽しい
juri

juriの感想・評価

3.5
硬派なスパイ映画。

わたしは詳細はおろか人の名前も覚えられませんでした。ちゃんちゃん。

ただ、銃でばったばった殺しまくるスパイよりかは格闘術が本格的でよかった!
てぃん

てぃんの感想・評価

3.7
シャーリーズセロンのアクションがすごくかっこいいし、あの年齢であれほど動けるのはすごい。
役者魂がひしひしと伝わる。
ただ色んな機関や名前が入り混じって個人的には曖昧なまま結末を迎えてしまった。
内容(「キネマ旬報社」データベースより)
『ジョン・ウィック』を手掛けたデヴィッド・リーチ監督がシャーリーズ・セロン主演で描くサスペンスアクション。極秘情報が記されたリストの奪還を命じられた女性スパイ・ロレーンは、潜入エージェント・デヴィッドと共に任務を遂行するが…。

内容(「Oricon」データベースより)
シャーリーズ・セロン主演の、スタイリッシュ・スパイアクション。1989年、東西冷戦末期のベルリン。世界情勢に多大な影響を及ぼす極秘情報が記載されたリストが奪われた。イギリス秘密情報部MI6は凄腕の女性エージェント、ロレーン・ブロートンにリスト奪還を命じる。彼女には、リスト紛失に関与したMI6内の二重スパイ“サッチェル”を見つけ出すという、もう1つのミッションがあった…。R15
なかむ

なかむの感想・評価

3.5

このレビューはネタバレを含みます

時代としてのQUEENの音楽が良い。加えてイギリスの「女王様」がセリフに多く出るのもある意味で逆伏線か。観終わってもよく分からないところあり。
これも、ネタバレなのかな?念の為フラグ。
akr

akrの感想・評価

-
🐗2019_15本目
アクション強め。
結局分かったような分からんような。
深いような浅いような。
シャーリーズ・セロンが綺麗で強くて最高にクールな映画
もんち

もんちの感想・評価

3.2
レズビアンっぽい描写があると聞き、当時の恋人と観てみることに。

でもこれはひとりでじっくり観た方が良かったな…しっかりみないと筋が分からなくなる😂

独特な世界観とイケメンのシャーリーズセロン!
なかなか面白かったです。