アトミック・ブロンドの作品情報・感想・評価

アトミック・ブロンド2017年製作の映画)

Atomic Blonde

上映日:2017年10月20日

製作国:

上映時間:115分

3.6

あらすじ

「アトミック・ブロンド」に投稿された感想・評価

ひよし

ひよしの感想・評価

4.4
ミスリードに次ぐミスリードでこれぐらい振り回してくれればこちらも満足かなという気がする。

主演はシャーリーズセロン。鋼の肉体。
スパイ映画だがストーリーは概ね回想のかたちで進んでいく。最初は何でこうするのかなと思ったんだけど、二重スパイの話を時系列いじりなしでやろうとすると観客の頭が追いつかないのでたしかにこうしたほうが優しい。

「リストの奪還」と「二重スパイ・サッチェルを特定する」ことがストーリーの軸になっていて、それを巡ってCIAとかKGBとかMI6とかDGSEとかがいろいろやる。視聴者がサッチェルが誰かを当てることは、まあヒントがないことはないけどむずかしいと思う。気持ちよく騙された。

この映画のいいところは、みんなスパイらしく戦闘力がほどよく低いところ。泥仕合のような戦闘が多く、超耐久・超反応で撃ち合うような映画とはまた違った楽しみがある。

いい俳優がたくさん出ている。フランス女役のソフィア・ブテラはキングスマン同様の美貌(とケツ顎)を披露している。作中ではシャーリーズセロンといい感じになるが、張りのあるいい乳でした。
シャーリーズセロンやジェームズマカヴォイはもちろん。スパイグラスの俳優もくたびれた感じが良かった。あとは「時計屋」が「ノッキン・オン・ヘブンズ・ドア」の片割れだった。

個人的に印象的だったのは、タルコフスキー「ストーカー」の上映されてる映画館での戦闘。シーンとしては良かったけどあれの上映中に非常ベル鳴らされたらつらいなあと思ってしまった。

途中で外交官ナンバー?のVOLVOが出てくるが、エンブレムがめちゃくちゃ頼もしく感じた。他のシーンの車もぜんぶVOLVOだったらみんな助かったのに……(?)

BGMもいいんですよね。ブルーマンデーから始まる映画は名作……
諒太

諒太の感想・評価

4.2
シャリーズセロンの
美貌でアクションしたら
そりゃあ夢中になりますよ。

ジョンウィックのような
アクションの爽快さと
コードネームアンクルのような
歴史背景
たくさん人出てくるので
ややこしい
でも それだけに
アクションだけの映画じゃない
スパイ1人1人の心情が
うまく描かれてる
裏切ったり 裏切られたり
スパイがみんな
不安を抱えて生きてる
LGBT要素もあって
アクションだけの映画じゃなかった

ワンカットの戦闘が
一度あったけど
あれはほんとに凄かった
臨場感が凄まじい
yoshihiko

yoshihikoの感想・評価

3.8
最後の最後までかっこよかった
話は3割くらいしか理解してないけど
内山

内山の感想・評価

4.1
硬派で面白いしエロいしエロくない。良質なスパイ映画
美紅

美紅の感想・評価

-
難しいお話しだった。
ゆーや

ゆーやの感想・評価

2.7
女性のスパイ映画。
序盤から中盤にかけて話の展開が遅く感じました。
終盤にかけてアクションシーンも多彩になり、見入っちゃいました。
ここまでくると、誰を信じていいのか分からなくなってきちゃいます。
ラテ

ラテの感想・評価

3.8

このレビューはネタバレを含みます

スパイもの、好き。
捻りのない言い方だけど、バレないかハラハラするのが好き。

同性愛は意外だったけど、美しく見えた。意外と強く愛し合ってるんだなってことが伝わってきた。

拷問シーンは映画で一番苦手と言っても過言じゃない種類のシーン。まだ軽めな方だったけど。
げん

げんの感想・評価

4.3
ストーリー映画らしくていいと思った。
撃たれた亡命者が弱々しく丸まってる横でがしがし戦うシャーリーズセロン。
音楽とネオンの使い方とかクールで、スタイリッシュな雰囲気の映画なのに本気で殺しあってる描写が入ってくるの、興奮する。
りょう

りょうの感想・評価

3.8
サッチェルやらなんやら分からんとこ終始あったけど

最後のどんでん返しは圧巻。

考察読んでやっと理解笑

最終的には見事に期待を裏切られた!
sut0

sut0の感想・評価

-
記録用
>|