アトミック・ブロンドの作品情報・感想・評価・動画配信

アトミック・ブロンド2017年製作の映画)

Atomic Blonde

上映日:2017年10月20日

製作国:

上映時間:115分

3.6

あらすじ

「アトミック・ブロンド」に投稿された感想・評価

ah

ahの感想・評価

3.5
映像がスタイリッシュ、アクションがすごそう‥と思ったら、特徴のないスパイ映画だった。
映画全体の冷んやり緊張感のあるトーンは嫌いではない。4/100
あやね

あやねの感想・評価

3.7
女は強し。ということですね
サンゴ

サンゴの感想・評価

4.0

このレビューはネタバレを含みます

1989年、冷戦末期の東西ベルリンを舞台に、
イギリスのスパイ組織「MI6」の女エージェントであるロレーン(シャーリ-ズ・セロン)が、
各国のスパイ工作員情報が集約されているリストを奪還して、
サッチェルという2重スパイ(MI6から情報を漏らしている裏切り者がいる)を始末するという物語なんだけど、


う~~ん、、これはちょっと困った映画だなと。。


まず、登場人物が多い。

MI6(イギリスのスパイ)
KGB(ロシアのスパイ)
DGSE(フランスのスパイ)
CIA(アメリカのスパイ)

こいつらが次から次へと入り乱れるから油断するとすぐ迷子になる。


次に時代背景。

冷戦末期の西側諸国と東側諸国のにらみ合いや緊張感、
社会情勢をある程度理解しておかないと、
「あれ?この国とあの国は同盟国だっけ?敵対国だっけ?」
「だとしたら、こいつとあいつは仲間なのか?敵なのか?」とか、

何度も東西ベルリンを行き来するうちに、
「あれれ?今いるのは西だっけ?東だっけ?」となる。


それに加えて、
スパイもの特有の頭脳戦や心理戦が展開されるというよりは、
結構ゴリゴリのアクションシーンも多く、
一気に注意を持っていかれてしまう。


極めつけは、ロレーン(シャーリーズ・セロン)ですよ。
溜息でるほど美しすぎて見惚れちゃうから、他の情報が一切入ってこなくなるし、一瞬で全部忘れちゃう笑


そんでもってこのロレーン、

「私がMI6のエージェントでありながらKGBに情報を流す「サッチェル」本人で、
実は本当の姿はCIAのエージェントでしたー、バーカ、サヨナラー」と。


なるほどなるほど、
「誰も信じるな」って観てるこちらにも言ってたのねと笑

でもロレーンがずっと飲んでたストリチナヤって酒、あれはロシアのウォッカなんだよね。あとは赤い服を着たり。

だから、CIAとみせかけてロシア側のスパイなんじゃないかと個人的には思ってる。


ビール片手に頭からっぽでも観れるかと思ったら
かなり集中力が必要で見応えのある骨太作品でした。

あとは、他にも多くの人が評価してるけど、音楽と映像のセンスがとても良い。
早回しの演出なんかは、当時のベルリンの壁崩壊直前の、時代のスピード感がよく表れている。

個人的には高く評価できる映画です。
ToruSuzuki

ToruSuzukiの感想・評価

3.8
どんでん返しスパイ映画。シャーリーズ・セロン強過ぎ。
hiro

hiroの感想・評価

2.0
全くつまらなかった…
シャーリズ姐さんなのに外れか…
まるでB級映画みたいな?
女スパイ系の映画はレッドスパローの方が全然良かった!
TOY

TOYの感想・評価

3.5
2020年7本目

シャーリーズ・セロン演じる女スパイもの。
面白かった。
こういうスパイ系好き。
音楽も懐かしいし、映像も美しいし、オシャレ。
アクションも程よくあり、サスペンス要素も◎。

ただ銃撃&カーアクションばかりの娯楽系スパイアクションが好きな方には微妙かも…

私的にはオススメです。
蛇石

蛇石の感想・評価

3.7
カッコ良さ全振りのスパイ映画。登場人物を整理するのが少し難しいけれど、スパイ映画にはありがちだから、許せる。
ストーリー理解のために頭使いつつ、映像の技術やアクションシーンでカッコイイと思えれば勝ち。しっかり伏線張ってるし、協力者が全部悪いみたいな流れだったのに、セリフを見返すと、協力者が全然悪くない形に見える。そこまで考えられているんだなあって思った。
ただ、カッコ良さ重視のために、東ドイツの時代背景を全くもって無視している。ベルリンの壁崩壊直前まで、東の人が西に行くことは非常に難しいことだったし、モノや服装までも時代にはそぐわないものばかりでした。それを無視してもカッコ良さを追い求めた映画なんだ!っていう作り手の思いが伝わったので、個人的には大丈夫でした。好きです。
まる

まるの感想・評価

3.0
青が混じった黒の背景にシャーリーズセロンのブロンドが綺麗。肖像画の口に血がついたところも綺麗だった。最後まで仲間がいてくれてよかった。目に注目して見るとよかったかも。
まいか

まいかの感想・評価

3.0
カッコいい女スパイがしてやったり💥なかんじ。
音楽もカットも雰囲気があっていい🙆‍♀️
誰が味方かわからないところがスパイ映画の醍醐味なのかもだけど、登場人物紹介がないとわからないくらい絡み合ってるというか似てる人多いというか。。。

冷戦はスパイ活動が盛んだったという時代背景のみ。
misaki

misakiの感想・評価

-
途中まで
>|