rur

ヘルタースケルターのrurのレビュー・感想・評価

ヘルタースケルター(2012年製作の映画)
3.0
例外に漏れず岡崎京子大好きっこです。プチ☆アップルパイも読んでたし!

容色の衰えの映像こわいこわい。エロいいよいいよー。日本人のキスシーンできちんとエロく見えるの初めて見た。そうそうこれだよこれ! そうか上唇を噛ませるとえろく見えるんだなー。ドヘタくそな映画しか見たことなかったよ!

しかし実力派ばかりが出てるのになんでこんな遠い感じの映像になるだろ。何が悪いんだろ。明らかに悪いのは、「さくらん」もそうだったけど、モブの雑な撮り方。ざわざわと噂を言い合うやつカメラ回しが決定的に悪い上に演技も棒で酷いなんてもんじゃない。あんなモブなら取らないほうがいい。
インタビューも酷いよね。何であんな演出にしたんだ。原作通りなのか。そうだったかもしれない。

あと音楽もダサくて映像が古びてしまったとき(つまり画質のレベルがもう何段か技術進歩してしまったとき)酷い代物にうつるんだろうなと思いました。

全編エロシーンならきっと面白いんだろうなー。スピード感が足らないっていうか全編なんかモッサリな印象があってこの映像から期待されるようなキレが足りない。編集替えたらもしかしたら良くなるのかもね。

ストーリーはあってもなくてもどちらでも。原作読了済だけど、こういう原作の過激さを利用できる作風じゃないんじゃないだろうか切れ味的に…