カモメ

ヘルタースケルターのカモメのレビュー・感想・評価

ヘルタースケルター(2012年製作の映画)
3.2
まさに”ヘルタースケルター”って感じ!!

〇トップスターのりりこは人には言えない秘密があった。
 頭のてっぺんからつま先まで、整形していない所を数える方が早いくらい全身つくりもの。
 体を蝕む整形手術後の後遺症、後輩の台頭、りりこの立場を脅かす数々の出来事に……

タイトル通りの映画で良かったと思います。
こういうタイプの映画って、最初は完璧超人だったはずの人間が何かのきっかけでどんどん追い詰められたり、立場を無くしたりして最後崩壊するのですが、この作品のりりこは最初から危うさ前回。
最初から最後まで壊れた女性に焦点が当てられているのもまた面白かったです。りりこは最初に整形をした時点でもう壊れてしまっていたんじゃないかなぁ、なんて思いました。
蜷川実花監督作品という事で、映像に対するこだわりを感じられました。キメてしまった後の世界観はとっても好きです。もっともっと毒々しくても良かったと思いますが、あえて綺麗さを残しているのも良いですね。

少し残念な事は、個人的にこういう何をするにしてもセックスに結び付ける系の作品があんまり好みではないので、そこが評価に影響しているのは申し訳なく思います。
あと、こういう主義主張を台詞に乗せてくるタイプの映画は、何となく白けてしまうのが残念ですね。もっと言葉以外で伝えて欲しかったなぁと思いました。