muu

ヘルタースケルターのmuuのレビュー・感想・評価

ヘルタースケルター(2012年製作の映画)
4.0
再鑑賞。前に観たときよりも面白く感じ、常に焦燥を煽られるような気持ちで観ていました。

全身整形して生まれ変わったリリコが、一見きらびやかな芸能界を激しく生きる様に興味をひかれ、さらにまわりの人物も個性的でオーバーなくらいの演技や世界観が面白かったです。薬の過剰摂取によるショッキングな幻覚と色彩、それに負けないくらい綺麗な沢尻エリカの存在感も凄いなとあらためて思いました。実際にどんな人なのかはわかりませんが、全力で演じるリリコはすごく役に合っているように感じました。くせ者だらけの登場人物でしたが、私はポエマーな記者が苦手だわぁ…。痛々しかったり生々しいシーンもあるけれど、芸能界のダークな面についつい興味をそそられてしまう…リリコの「見せたいものを見せてあげる」という言葉がメタ的に活かされていてハッとしました。浜崎あゆみの曲がいきなり流れるのも印象的。過激なシーンもあるので軽い気持ちでオススメはできませんが、個人的には好きな作品です。