butasu

ヘルタースケルターのbutasuのレビュー・感想・評価

ヘルタースケルター(2012年製作の映画)
4.5
酷評されているのもわかる、でも個人的には大好きな映画。とにかく心がヒリヒリと焼けつく。主人公はガラスの上をハイヒールで渡っているかのように、常に恐怖と闘いながらギリギリの綱渡りで一日一日を送っている。しかしどんなに足が震えていても、その顔は自信に満ちていて美しい。
何と言っても沢尻エリカが素晴らしい。この荒唐無稽な設定を成立させる見た目は勿論、醸し出す近寄りがたい雰囲気や狂乱する演技など、こんなに良い役者だったのか…と驚いた。
その他のキャスティングも良い。特に桃井かおりは完璧。寺島しのぶもさすがの存在感であり、少しずつ複雑な愛憎憐憫入り交じる共依存状態に陥っていく様子を丁寧に演じていた。主人公の対比となる存在としての水原希子も少し冷めた雰囲気とビジュアルで悪くない。大森南朋演じる検事のクサさは評判が悪いが、個人的にはぶっ飛んだストーリーテラーとしてアリ。地味に綾野剛も良い。ただ、珍しく窪塚洋介がダメだった。育ちの良い御曹司には全く見えないミスキャスト。
蜷川実花の作り出す、どギツイ色彩の画面構成も、こと今作に関しては作品のテーマとも合っており寧ろ必要不可欠だったのではという印象。特に主人公の部屋!あのあり得ない装飾と色合いが、彼女の非現実感と作り物感を強調していて、どこにも心が休まる場所がない感じがとても良かった。
多数差し込まれる主人公の撮影シーンは、かなり短いショットの繋ぎで構成されている。折角の美をもっとじっくり見せないなんて勿体無いという意見もあるようだが、あそこはあれで正解だと思う。刹那的に商品として「美」が消費されていく様子を描くシーンなのだから。
この映画は不必要と思えるほどに性的なシーンが多いが、個人的にはやっぱり必要だったと感じている。主人公の出自にも浅からず関係があるが、美人になったことで自尊心を満たす歪んだ手段として、あのようなシーンが説得力を持つ。劣等感がゆえの傲慢さ。そういった意味で沢尻エリカの体当たり演技がとても映えていると思う。
ツッコミどころがある脚本であることは百も承知。例えば中盤の酸をかけるシーンは要らない、とか、言い出せば確かにいくらでもある。ただ、そういった欠点を踏まえてもなお、強烈に心に残った作品。袋叩きにあうのを承知で言えば、個人的にはブラックスワンを思い出させる映画であった(作り手も意識があるかも)。
題材と役者と監督が上手く噛み合った(と自分は思う)、絶妙に不安定なバランスの怪作。何と言われようと、好きなものは好き。