恭介

静かなる復讐の恭介のレビュー・感想・評価

静かなる復讐(2016年製作の映画)
3.7
オープニングの長回しワンカットの
強盗シーンでまず掴まれた。

そして無口な主人公。
彼の友達。友達の妹。その妹の服役中の
彼氏。と、人間関係を丹念に描いていく。

手持ちカメラを多用し、ザラついて色褪せた質感の画質や音楽を極力排した静けさなど、演出にも一貫性があり、いつからどの様に誰が誰に復讐するのか?を丹念にそして静かに盛り上げていく。

そして中盤に明かされる真実。
ここまでを退屈と取るかどうかで本作の
印象はかなり変わるだろう。

個人的には雰囲気と芸達者な俳優の演技で
どんな展開になるのか?の興味の方が勝ち
物語に入り込めた。
明かされた真実にも意外性があり、想像していた展開じゃなく、いい意味で裏切られた。あっ、そっちにいくのねっ!?みたいな感じ(笑)

真相が分かってからの後半は復讐のロードムービーへ。凡例な映画なら前半からガラッと雰囲気を変えて派手な復讐劇にしそうだが、本作は一貫して物語のテンポや雰囲気は変わらない。その点もポイントが高い。

更にラストにもう一捻りあるのもよし。
演出、練られた脚本、リアリティある演技と想像の上をいく作品だった。

全く笑わない主人公の心情を過去のビデオに映る屈託のない笑顔を見せる事で、観る者に感情移入させる演出も効いている。

作中唯一、ホッとするのが揃いのジャージ(笑)

夜の落ち着いた時間にジックリ観るにはもってこいな映画。