静かなる復讐の作品情報・感想・評価

静かなる復讐2016年製作の映画)

Tarde para la ira/The Fury of a Patient Man

上映日:2017年08月04日

製作国:

上映時間:92分

3.4

あらすじ

アナ(ルス・ディアス)は家族が経営する寂れた町のバーで働いている。息子が一人いるが、夫は強盗事件に関わった罪で服役中。その出所を目前に控え、アナは漠然と将来に対する不安を抱えていた。日々客としてやってくるのは、昼から酒を煽りながら賭け事に興じるような男たちばかり。ある日アナは、そんな客たちに混じって店に来た風変わりな男に気付く。他の男たちと違って大声で下品な冗談も言わず、物静かで身なりも比較的き…

アナ(ルス・ディアス)は家族が経営する寂れた町のバーで働いている。息子が一人いるが、夫は強盗事件に関わった罪で服役中。その出所を目前に控え、アナは漠然と将来に対する不安を抱えていた。日々客としてやってくるのは、昼から酒を煽りながら賭け事に興じるような男たちばかり。ある日アナは、そんな客たちに混じって店に来た風変わりな男に気付く。他の男たちと違って大声で下品な冗談も言わず、物静かで身なりも比較的きちんとしている。どこかミステリアスなその男=ホセ(アントニオ・デ・ラ・トレ)は毎日店にやってきて、徐々に客たちや店で働くアナの家族とも打ち解けていく。アナもまたそんなホセに惹かれてゆき、2人はやがて男女の仲になる。しかし、ホセはアナの夫が関わった強盗事件で愛する者の命を奪われた「被害者の遺族」だった。何も知らないアナは、夫が出所してきたにも関わらず、益々ホセに心奪われてゆく。果たしてホセの本当の目的とは?物静かな男の凄絶な復讐が今幕を開ける。

「静かなる復讐」に投稿された感想・評価

城戸

城戸の感想・評価

3.0
わかるんだけどどうしても面白いと思えなくて後半しんどかった
大切な家族を失った時、怒りは赤く燃え上がるものではなく、深く、蒼く、そして静かに燃えるのだろう。
人に暮らしあり。家族の命を奪った憎き犯人にも家族があり、幸せも小さな不幸もある。そうした現実を見据え、これを飲み込み、復讐を遂げるホセの覚悟に、画面から目を逸らせなかった。
スペインの、熱く乾いた空気の中で、織りなされるドラマに、目が離せなかった。
pinoco

pinocoの感想・評価

1.5
あかん。
はいっていけへん(ーー;)
最後まで観る根気ありません。
めっちゃ良かった!
タイトル通りだったわー!
相当強い復讐への想い!💦
復讐相手の妻との不倫などは導入、おまけ程度で、静かに復讐をはじめると妻はほとんど出てこない
復讐はほんとに静かでカタルシスを感じられない
コリ

コリの感想・評価

3.0
強盗事件の巻き添えで恋人を亡くした男の復讐を描くサスペンススリラー。

映画タイトル通り、ほんと静かな静かな復讐劇でした・・・^^;
恋人を亡くした男(主人公)は無表情で淡々と復讐する行動が不気味!

復讐劇は、派手なアクションや、目を覆いたくなるようなグロい描写も皆無で、淡々と強盗犯4人に対して復讐を果たしていく地味な展開なので、少し物足りなかったです。

ラストの再開は感動しましたが、主人公の行動が曖昧でモヤっとします・・・。
カツマ

カツマの感想・評価

3.8
スペイン映画のサスペンスはあっさりしている。あっさりと人を殺すし、淡々と血が飛び散る。そして、そのドライな狂気がとても魅力的だとも思う。
この映画はそんなスペイン色が色濃く出た『復讐』その一点に焦点を絞ったサスペンススリラー。本国の映画賞(ゴヤ賞)で作品賞を受賞するほどの高い評価を得た作品だ。復讐を軸にした悲しみの連鎖の落としどころはどこなのか。死をも覚悟した男の執念の8年間の顛末やいかに。ラストも果たしてそれでよかったのか。あのラストカットの後にもう一つのストーリーが待っていそうな、そんな余韻が残っています。

この映画は覆面の男たちが宝石店強盗から車で逃亡するシーンから始まる。何人かはそのまま逃げおおせたが、運転手のクーロは出会い頭の車とクラッシュし、逮捕され投獄される。
それから8年が経った。クーロの妻アナは彼女の兄フォントの経営するBARで働いている。そこにいつしか物静かな男ホセが常連として顔を出すようになった。彼はアナに次第に惹かれ、2人は愛し合うが、実はホセにはもう一つの別の顔があった。彼はある目的のためにアナに近づいていたのである・・。

物静かな男ホセはとても復習の鬼には見えない。むしろ心優しい男なのだろう。だが、そんな善良な男がひとたび狂気にかられた場合のリアルを感じさせる冷酷さがとても怖い。彼は淡々と遂行する。そう、まるで顔色一つ変えずに。何を考えているのか分からない人間というのは恐ろしいものだ。その恐ろしさに触れてしまった運転手のクーロがどんどん哀れに思えてくるのが不思議だった。彼の妻のアナの心情の変化と共に、ラストシーンの緊張感と戦いながら鑑賞してもらいたい作品です。
亘

亘の感想・評価

3.6
2015年マドリード。バルで働くアナは、夫クーロの出所を待っていた。クーロは8年前に強盗事件で逮捕されていたのだ。夫の出所を控えたある日アナはバルの客ホセと出会う。2人は恋に落ちるがホセは正体をアナに明かしていなかった。

タイトルの通り、静かな男ホセの復讐を描いた作品。復讐といえば韓国映画だけど、今作には韓国映画のようなジメジメ感はなく執念がまとわりつく感じはない。なんとなく無機質な感じ。でもそれがホセの淡々とした感情のない殺人マシーンのような感じと重なっていて、恐怖を増していたと思う。

ホセはアナに正体を隠したまま、アナの夫クーロにだけ正体を明かし復讐を遂行する。話が進むにつれホセの目的が分かり序盤のアナとのラブストーリーが恐ろしく思えてくる。

8年前の強盗事件では、覆面の男たちが宝石店を襲い、中には死傷者もいた。ホセは妻を殺され、父を寝たきりにされたのだ。8年の時を経て犯行グループは、もう当時を忘れたのか楽しそうに話をするがホセは無表情。ホセの静寂が彼の怖さを引き立てていた。

特に怖かったのはクーロだろう。初めはホセを見くびってたしホセを殴ったりしたが、いざ復讐が本格始動するとホセは次々犯行グループを冷酷に殺し続ける。いつしか立場が逆転してホセが指示する側になるし、きっと自らの行く末も決まっている。あの雄々しいクーロが怯んでいく姿は印象的だった。

ラストは、意外で少し拍子抜けしてしまった。ただなぜホセはクーロを生かして帰したのか謎が残るし、この後に更なる展開があるのか観客に想像の余地を残すラストだった。

印象に残ったシーン:ホセがクーロとともに犯行グループの元を訪れるシーン。クーロがトランクに入れられるシーン;まさに立場逆転を描いていた。クーロをアナの元に返すラストシーン。

余談
・原題"Tarde para la ira"は「怒りには遅い」という意味です。
・NETFLIXでは「物静かな男の復讐」という題です。
へんり

へんりの感想・評価

3.0
今年のゴヤ賞で作品賞を獲得したスペイン映画です。Netflixでは「物静かな男の復讐」というタイトルで配信されています。割と派手なオープニングから一転、淡々とドキュメントのように、物静かな男が復讐のため人殺しを重ねます。ボクシングジムのジャージなど、おかしみのあるシーンもあり、そこは良かったのですが、全体的に地味すぎるかな。
>|