静かなる復讐の作品情報・感想・評価

静かなる復讐2016年製作の映画)

Tarde para la ira/The Fury of a Patient Man

上映日:2017年08月04日

製作国:

上映時間:92分

3.3

あらすじ

アナ(ルス・ディアス)は家族が経営する寂れた町のバーで働いている。息子が一人いるが、夫は強盗事件に関わった罪で服役中。その出所を目前に控え、アナは漠然と将来に対する不安を抱えていた。日々客としてやってくるのは、昼から酒を煽りながら賭け事に興じるような男たちばかり。ある日アナは、そんな客たちに混じって店に来た風変わりな男に気付く。他の男たちと違って大声で下品な冗談も言わず、物静かで身なりも比較的き…

アナ(ルス・ディアス)は家族が経営する寂れた町のバーで働いている。息子が一人いるが、夫は強盗事件に関わった罪で服役中。その出所を目前に控え、アナは漠然と将来に対する不安を抱えていた。日々客としてやってくるのは、昼から酒を煽りながら賭け事に興じるような男たちばかり。ある日アナは、そんな客たちに混じって店に来た風変わりな男に気付く。他の男たちと違って大声で下品な冗談も言わず、物静かで身なりも比較的きちんとしている。どこかミステリアスなその男=ホセ(アントニオ・デ・ラ・トレ)は毎日店にやってきて、徐々に客たちや店で働くアナの家族とも打ち解けていく。アナもまたそんなホセに惹かれてゆき、2人はやがて男女の仲になる。しかし、ホセはアナの夫が関わった強盗事件で愛する者の命を奪われた「被害者の遺族」だった。何も知らないアナは、夫が出所してきたにも関わらず、益々ホセに心奪われてゆく。果たしてホセの本当の目的とは?物静かな男の凄絶な復讐が今幕を開ける。

「静かなる復讐」に投稿された感想・評価

城戸

城戸の感想・評価

3.0
わかるんだけどどうしても面白いと思えなくて後半しんどかった
Marisa

Marisaの感想・評価

4.2
軽めの復讐映画。
ダークコメディー的要素もあってよかった
田中田

田中田の感想・評価

3.5
スペインに無口な男がいたら何かあると思った方が良いな
しっかりと復讐してくれて良かった
漏れ田

漏れ田の感想・評価

3.3
まじ淡々と行われる復讐劇
冒頭 長回しワンカットのカーチェイスシーンで心掴まれたと思ったんだけど、その後の展開が本当に起伏なく、淡々とストーリーが進んでいった
そこはもうちょっと濃いめに描いてよ!!とか、え?!あの人が?!って展開もあるのに凄いあっさりしてて、不完全燃焼な感じ
SexyPonyo

SexyPonyoの感想・評価

3.0
タイトルの印象どおりに地味なリベンジ・サスペンス。冒頭のワンカット銀行強盗シーンや手ブレ映像はキツい感じがしたが、俳優が喋りはじめるとさほど気にならなくなった。主演のアントニオ・デ・ラ・トレは似たような役が多いね。寡黙な変人で信念の人みたいなの。
shin

shinの感想・評価

2.8
最後にクーロを殺さなかったのは憎くないんじゃなくてアナを好きだったからなんだろう。
まさに物静かな男の復讐でした
megu

meguの感想・評価

3.2
タイトル通りの静かでした!
復讐も静かに行われ、
口数の少ないところは、いつか爆発するんじゃないかと、ドキドキします。
その時は、きますが、
あとは、一定の感じですね。
刑務所から出てきたあの人の顔が怖いよ。
睨まれたら震え上がるよ!
ストーリーは、良かったけど
もう少し盛り上がりがほしかったような
ホーーントに静かに復讐だな。
さらっと殺すしね。
なぜか殺した後の事はなんも出ない。警察に追われたりなんやりはなんもなーい。
不思議不思議。
ストーリも、上がりも下がりも無いずーとーーーーーーーーーーーーーんって感じで終わる。
普通でした。
恭介

恭介の感想・評価

3.7
オープニングの長回しワンカットの
強盗シーンでまず掴まれた。

そして無口な主人公。
彼の友達。友達の妹。その妹の服役中の
彼氏。と、人間関係を丹念に描いていく。

手持ちカメラを多用し、ザラついて色褪せた質感の画質や音楽を極力排した静けさなど、演出にも一貫性があり、いつからどの様に誰が誰に復讐するのか?を丹念にそして静かに盛り上げていく。

そして中盤に明かされる真実。
ここまでを退屈と取るかどうかで本作の
印象はかなり変わるだろう。

個人的には雰囲気と芸達者な俳優の演技で
どんな展開になるのか?の興味の方が勝ち
物語に入り込めた。
明かされた真実にも意外性があり、想像していた展開じゃなく、いい意味で裏切られた。あっ、そっちにいくのねっ!?みたいな感じ(笑)

真相が分かってからの後半は復讐のロードムービーへ。凡例な映画なら前半からガラッと雰囲気を変えて派手な復讐劇にしそうだが、本作は一貫して物語のテンポや雰囲気は変わらない。その点もポイントが高い。

更にラストにもう一捻りあるのもよし。
演出、練られた脚本、リアリティある演技と想像の上をいく作品だった。

全く笑わない主人公の心情を過去のビデオに映る屈託のない笑顔を見せる事で、観る者に感情移入させる演出も効いている。

作中唯一、ホッとするのが揃いのジャージ(笑)

夜の落ち着いた時間にジックリ観るにはもってこいな映画。
>|