静かなる復讐の作品情報・感想・評価

静かなる復讐2016年製作の映画)

Tarde para la ira/The Fury of a Patient Man

上映日:2017年08月04日

製作国:

上映時間:92分

3.6

あらすじ

アナ(ルス・ディアス)は家族が経営する寂れた町のバーで働いている。息子が一人いるが、夫は強盗事件に関わった罪で服役中。その出所を目前に控え、アナは漠然と将来に対する不安を抱えていた。日々客としてやってくるのは、昼から酒を煽りながら賭け事に興じるような男たちばかり。ある日アナは、そんな客たちに混じって店に来た風変わりな男に気付く。他の男たちと違って大声で下品な冗談も言わず、物静かで身なりも比較的き…

アナ(ルス・ディアス)は家族が経営する寂れた町のバーで働いている。息子が一人いるが、夫は強盗事件に関わった罪で服役中。その出所を目前に控え、アナは漠然と将来に対する不安を抱えていた。日々客としてやってくるのは、昼から酒を煽りながら賭け事に興じるような男たちばかり。ある日アナは、そんな客たちに混じって店に来た風変わりな男に気付く。他の男たちと違って大声で下品な冗談も言わず、物静かで身なりも比較的きちんとしている。どこかミステリアスなその男=ホセ(アントニオ・デ・ラ・トレ)は毎日店にやってきて、徐々に客たちや店で働くアナの家族とも打ち解けていく。アナもまたそんなホセに惹かれてゆき、2人はやがて男女の仲になる。しかし、ホセはアナの夫が関わった強盗事件で愛する者の命を奪われた「被害者の遺族」だった。何も知らないアナは、夫が出所してきたにも関わらず、益々ホセに心奪われてゆく。果たしてホセの本当の目的とは?物静かな男の凄絶な復讐が今幕を開ける。

「静かなる復讐」に投稿された感想・評価

城戸

城戸の感想・評価

3.0
わかるんだけどどうしても面白いと思えなくて後半しんどかった
観ました。

静かなヒゲもじゃが…
急にヒゲもじゃどうした!?
渋みが凄い。
とにかく静か。
物静かな男の復讐
https://www.netflix.com/title/80167461
オープニングこそ車を使った派手めな演出があるものの、全体的に絵面は地味かもしれません。しかし、前情報をほとんど入れてなかったこともあって、思い切ったストーリー展開に虚を衝かれました。

また、復讐シーンの手に汗握る緊張感は尋常ではなく、特に最初の復讐での堰を切ったように溢れ出す"暴力"は鳥肌ものでした。

愛を動機に他人の愛を奪う、という空虚さが見事に表現されていて、とても恐ろしくなりました。
ねこ

ねこの感想・評価

4.0
こわおも。
なんともクセになります
面白かった。復讐劇だからというのもあるかもしれないが。大切な人を殺されその怒りをためてためてじわじわ復讐する。アクション映画みたいにすぐに殺りにいかないが確実に追い詰める。行き当たりばったりで実は計算ずくのようにも見え、さらに主演アントニオの怒りを秘めた表情が最高
ShinMakita

ShinMakitaの感想・評価

3.0


無口な中年男ホセは、家族経営の小さなバルに通い詰め、常連となった。経営者フアンホの愚痴に付き合い、その妻ピリにも好かれるようになるが、ホセの目当てが、カウンターで給仕するアナであることは誰が見ても明らかだった。アナはフアンホの妹で細身の美人。しかし、夫クーロの出所を待つ人妻だった。クーロは宝石強盗団の運転手を務めたことで逮捕され、服役して8年。もうすぐシャバに出るのだ。ホセは、そんなアナに近づき親しくなっていく。実はホセには、クーロに会わねばならないある事情があったのだ…


カリコレの目玉でもあるスペイン映画「静かなる復讐」。お盆休みの月曜、観てきました。スペインのアカデミーと言われるゴヤ賞作品です。


以下、静かなるネタバレ。



➖➖➖

決して目新しい話ではないし、荒削りでインディペンデント臭の強い映画でもあるんだけど、グイグイ引き込まれていく佳作。ホセは8年前の宝石強盗事件で最愛の女性を失っており、強盗犯たちを見つけ出すためにアナとクーロを利用しようとしたのです。その静かなる執念が凄まじい。一度スイッチが入ったら、逡巡なくサクサク進む復讐。犯人側の状況や事情が次々に提示され、ホセが止まるのか?進むのか?というサスペンスを孕みながら、大オチに向かって行きます。ゴヤ賞って、「プリズン211」「悪人に平穏なし」「マーシュランド」などジャンル映画もたくさん受賞してるんですが、本作もその系統。レンタルが出たらぜひ!
ムー

ムーの感想・評価

3.9
タイトル通り静かに淡々と進むけど、どことなく所々に沸々と感じる殺意が伝わるような作品だった。
あと、スペイン人ってホントなんでもありやねんな笑
MAeKeN

MAeKeNの感想・評価

3.8
家族を殺した犯人に淡々と復讐していく男。

こういうのは、その動機がキチンとしていないと面白くない。
この作品はそこがキチンとしていたから最後まで飽きずに観られた。

お父ちゃんが殺された娘の横を、散弾銃を持ってその場をすっと去る男。
そのシーンがゾッとした。

“復讐”をモチベーションに生きる人は何を考えてるか分からん。
ねぎお

ねぎおの感想・評価

3.4
スペインを味わいました。

基本的な設定、ストーリー、演出は悪くないです。・・ただこれまでの映画がやり尽くしているフィールドのため、新味には薄いかな。

人々の生活を知ることが出来たことは良かったです。また章立てでエピソードが語られるので、そこはとても理解しやすい。




〈以下ネタバレします〉



冒頭クーロが強盗団の運転手役で、逃走中に事故を起こし捕まるところから話はスタート。その後のセリフなどから、他のメンバーは捕まっておらず、クーロのみ8年服役していることがわかる。その上服役中にアナは妊娠出産(面会でベッドとご丁寧にティッシュまである個室が与えられていた。スペイン凄い!)そして騎乗位!!!

ホセ(強盗事件で父が植物状態、婚約者は殴り殺された)は犯人の手掛かりを得る目的でアナに近づく。彼女の兄のバーに出入りし、ついにクーロと対面。アナを利用しクーロと2人の犯人を探す旅へ。「静かなる」ではなくかなり「非情なる」ですが、ついに婚約者を殴り殺した当人が判明。それはアナの兄だった!

ラスト、クーロをアナに住まわせていた自分の実家に届け、二人に手出しせず車を走らせたところでスタッフロール。
アナには気持ちがのこっているし、クーロは本当に何も知らなかったことがわかったから助けたのか?ここは少し考えてみます。
「じゃあな、あばよ!」的な去り際でした。
>|