DORATARO

全員死刑のDORATAROのレビュー・感想・評価

全員死刑(2017年製作の映画)
3.9
SFよりもリアリティのない一家のあり様。
実際に起きた殺人事件を喜劇に変えてしまうとは。これぞザ・不謹慎。
道徳って何だっけ。です。
家族でメシを食うかのように人を殺める彼らに1ミリたりとも共感はできない(できるわけない)のだけど、あまりに非現実的すぎてもはや笑うしかない。と言うか確実に笑わせにきてる。やっぱり不謹慎。だけど映画としてはかなり面白い。それは限りなく非日常的な日常を求める自分がいるからです。これは正にそれでした。全員死刑と叫んだ言葉が本人たちに返ってくるのがまた痛快。間宮くんの血走った眼が最高。カレープールの馬鹿ユーチューバーは完全には◯めしゃちょーですね。小林監督かなりの正直者です。