96時間の作品情報・感想・評価・動画配信

96時間2008年製作の映画)

Taken

上映日:2009年08月22日

製作国:

上映時間:93分

ジャンル:

3.8

あらすじ

「96時間」に投稿された感想・評価

⚪概要と内容
『トランスポーター』シリーズなどのヒットメーカーであるリュック・ベッソンが製作を務めた本格アクションスリラー映画。
96時間のタイムリミットで誘拐された娘を父親が警察の助けを借りずに一人で異国の敵からの奪還を試みる様子を描く。

⚪感想
TSUTAYAでDVDを借りて鑑賞。

こんな最強お父さん他にいない、リーアム・ニーソンの家族に手を出したら無事では済まない...。
リーアム・ニーソンかっこよすぎて惚れてしまうし、こんなお父さん最高すぎ。
吹き替えの石塚運昇さんも良かった。亡くなってしまったのが本当に辛い。

三部作だけど、この1作目が個人的に1番面白いと感じた。

敵に対してあんなにボコボコにしていいのかは謎だったけど、心は思いのほかスッキリした。ストレス溜まった時に観たくなる。

内容やアクションの種類も沢山あってすごく楽しめたし面白かった。
特にパイプに手錠をされてしまったところが最強にテンションが上がった。

原題は『TAKEN』で、日本語題は「誘拐事件の被害者が無事でいられると考えられる猶予期間」が96時間ということから『96時間』になったという理由を聞いて良いタイトルだなと。

リーアム・ニーソンがが元アマチュアボクサーという経歴を持っていたことからつくりあげられたそうで、このときは55歳。アクション俳優として遅咲きではあるものの新境地を開拓した作品だと思う。
きなこ

きなこの感想・評価

5.0
どちゃくそ面白かった。リュック・ベッソンのとりあえずこれがやりたいんだという思い爆発の最高の映画でした。ボーンシリーズよりも圧倒的な速度で追い詰めていくスピード感。無駄のない捜査。有無を言わさぬ無敵感。1秒たりとも無駄なシーンがありませんでした。最高です。
自分にも娘がいたらここまでしちゃうかもなー😀
pm

pmの感想・評価

-
お母さんとグルになってお父さんに嘘をついてはいけません
やかえ

やかえの感想・評価

4.0
かっこいいの一言に尽きる。
atsu

atsuの感想・評価

4.0

このレビューはネタバレを含みます

お父さんってかっこいい。
娘のためなら何でもするお父さん。
アクションも爽快。
yutori

yutoriの感想・評価

5.0

このレビューはネタバレを含みます

とりあえず、相手に容赦ない見ていて清々しい、そこまでやる?って感じも否めない。
愛する人の為には、手段を選ばないなんでも殺っちゃうお父さん😇

リーアムさんの身長193cmデカすぎ!
背格好で威圧出来るし、元秘密工作員なら向かうところ敵なしではないでしょうか。
それにしても、レザージャケットの着こなしがかっこよすぎて欲しくなります🥺笑

娘のキムは17歳、空港ではもう少し静かに走ろうね🏃‍♀️
でも誕生日に馬をプレゼントされたら誰だってあんな不格好な走り方になっちゃう。

あれだな、アマンダがパリに到着した時に男の人について行ったのが事の発端だ。
そしたら、あんな悲劇は起きなかった。
アマンダ、欲求も好奇心も時には、我慢だ(アマンダ)
>|