96時間の作品情報・感想・評価・動画配信

96時間2008年製作の映画)

Taken

上映日:2009年08月22日

製作国:

上映時間:93分

ジャンル:

3.8

あらすじ

「96時間」に投稿された感想・評価

2021/04 地上波。娘が誘拐された!パパ頑張る!話。リーアム・ニーソン主演。とにかく展開が早い!居場所を特定した次のシーンでもうそこにいる!なんというスピード。アクションを味わう映画ですが、やり過ぎなパパに笑ってしまう。ちょっと面白いセリフの応酬は80〜90年代っぽさもある(好きです)。楽しかった!
MAMI

MAMIの感想・評価

4.0
キレるお父ちゃん、カッコいい!
うた

うたの感想・評価

3.7
最強のパパが誘拐された娘を助けに行く話。
最後までおもしろかった。
Yuta

Yutaの感想・評価

4.2
リュック・ベッソン製作、リーアム・ニーソン主演で描くサスペンス・アクション。17歳のアメリカ人少女キムが、友人と訪れていたパリで何者かに誘拐された。事件発生時にキムと携帯電話で話していた父親のブライアンは、元秘密工作員の知識と行動力で犯人グループの身元を割り出し、娘を救出するために単身パリへ向かう。共演は「X-メン」シリーズのファムケ・ヤンセン、「ジェイン・オースティンの読書会」のマギー・グレイス。
ちい

ちいの感想・評価

3.1
娘に指示を出して手榴弾の音や地図から場所を探り出したり銃を手に入れるとこが面白かった。
湖

湖の感想・評価

3.7
最強のパパと大富豪のパパがいて羨ましい限り…
KaZui

KaZuiの感想・評価

3.9
💬リーアム・ニーソン主演の大ヒットシリーズである『96時間(原題:Taken)』シリーズの1作目。リュック・ベッソン製作。"ナメてた相手が実は○○だった"系譜の映画で、キム・ミルズ(演:マギー・グレイス)という女を誘拐したところ、その父親が実は元CIAの特殊工作員であるブライアン・ミルズ(演:リーアム・ニーソン)だったという話。ブチ切れたリーアム・ニーソンが敵を圧倒していく様は爽快。96時間以内に娘を助けなければならないという時間制限があるため、テンポがはやくて最後まで楽しめる。命乞いをする敵が「仕事としてやったことだ。何の恨みもない」と言ったのに対して、ブライアンが「俺には恨みしかない」と答えたのがごもっともすぎて大好きだった。

初鑑賞:2021年5月4日
鑑賞方法:動画配信サービス(Hulu)
2021年92本目。
5月9本目。

🗣今まで観ていなかったのが不思議なくらい好みの映画です。続編も観よう。
マサ

マサの感想・評価

4.0
リーアム・ニーソン師匠の最高シリーズ一作目!誘拐されるときのアドバイスがすごい。そして、娘が捕まって犯人に対してあのセリフは中々言えないぞ。かっこいい!ほぼピンチに陥ることもなく、娘に手を出した輩を始末する師匠。息つく暇もないアクションの連続に大満足!
>|