かとう

あしたは最高のはじまりのかとうのネタバレレビュー・内容・結末

あしたは最高のはじまり(2016年製作の映画)
4.6

このレビューはネタバレを含みます

俳優繋がりで、おすすめに出てきた。
お母さんの元に行くはずの娘さんが戻ってくるところから、すごく泣けた。娘さん役の子が、感情がストレートで魅力的だった。
主演のオマール・シーが、遊び人だったところから良いパパになるところまで、人柄が変わらなくて、でも顔つきが違くて、見ていてほっこりする。
お母さん、病んでいたとはいえ、8年放置して急に現れ親権を主張する、図太すぎてびっくり。検査後とか辛そうな顔してるけど、あなたがする顔じゃないでしょー
えー!みたいなところが多くて、特にラスト、娘さん超元気だなあとか、終わりのひとり語りがちょっとクサイなあとか、思うところもあったけれど、トータルでは好きな映画だった。