Haru

あしたは最高のはじまりのHaruのレビュー・感想・評価

あしたは最高のはじまり(2016年製作の映画)
3.8
実母の身勝手に驚きつつ、まあ、一言で説明の出来ない事情というものが人間にはあるよね、、、ラストはそんなこんなを美しい南仏の映像に押し込めて無いことにしちゃった感じがしなくもないけれど、「まあいいか」と。ともあれ、取り違え事件にしてもこの映画にしても、親子の情愛に遺伝子なんて関係無いという事です。