森下斐世

あしたは最高のはじまりの森下斐世のレビュー・感想・評価

あしたは最高のはじまり(2016年製作の映画)
4.1
母親がクソってよく見るからどんなもんだろうと思ってたけど、
父と子にフォーカスされてるからたしかに父親の方に感情移入してしまうけど、これが母親にフォーカスされていれば母親を一方的に責めることは決してできないのかなと思った。僕は父と母と子の間で気持ちが揺らぎ続けて途中からずっとモヤモヤしてしまっていた。
それでも最後には、勇気の貰えるいい作品だったと思う。