おれんじ

あしたは最高のはじまりのおれんじのネタバレレビュー・内容・結末

あしたは最高のはじまり(2016年製作の映画)
4.0

このレビューはネタバレを含みます

突然あなたの子供よって言って子供渡し、タクシー代20ユーロ受け取って逃げた母親と、その子供を育て続けた父親。子供が大きくなってから母親が現れ、親権をどちらにするか裁判し、子供のことをよく知っている父親が勝つんだけど、後から母親側が遺伝子検査をゆってきたらまさかの残念な結果に。でも最後は父親を選んだ娘。実はグロリアは病気だったみたいで、最後目を覚まさなくなる...
娘のグロリアはとても優しくしっかりした女の子。父親と娘の関係がすごくいい感じだった。いろんな家庭環境の人がいるし愛を感じられるお話だった。前向きに楽しく生きていこうと思えるようなお話だったけど、母親にはちょっとモヤモヤしたなあ。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

崖から飛び降り厳しい試練がある
グロリアが現れて飛ぶ勇気を得た
死を恐れずに生きること
タクシー代の20ユーロが幸せの鍵だった

完璧な親などいない
やれることをやるだけだ
あの子の笑い声が全てを忘れさせてくれる
今この瞬間は決して消える事は無い
後悔は何もない
もし何かの歯車が狂い運命が
心臓を止めるとしても
医学で解明できなくてもそれが人生だ

父が恐怖を
娘が人生を教えてくれた
飛び降りたら進むだけだ
すべての瞬間を楽しむだけだ
あの日々の全てが胸に刻まれている
グロリアはいつも隣にいる
明日は
新しい1日だ