てるる

あしたは最高のはじまりのてるるのレビュー・感想・評価

あしたは最高のはじまり(2016年製作の映画)
3.7
ここ最近仕事が多忙なのと体調不良で書けてないレビューが20本くらい溜まってます…出来るだけ劇場で観たものから優先的にあげていきます!「エイリアン コヴェナント」は初日に観たけどダメすぎたショックで未だに書けてませんが(;´Д`)

そんな私事はおいといて…
「最強の二人」のオマール・シー主演の親子もの。

遊び人?のサミュエルのもとにワンナイトラブな相手が突然現れ、「あなたの子よ」といって姿を消してしまう。
その女性のFacebookを頼りにイギリスまで追いかけるが、見つからず…このせいで仕事を失った彼はそのままイギリスで娘を育てるハメに…。

こういうシチュエーションの映画ってありきたりだったりするけど、基本的にハズレが少ないと思う。

あの名作「クレイマー、クレイマー」と比べてしまうとどうしても敵わないけど、母親がクズっぷりは圧倒的にこっちが上でビックリしたよ(;´Д`)

でもサミュエルと娘の毎日が遊びになってて観てるだけで楽しくなってくる。
まるでレゴランドみたいな(行ったことないけど)遊び心溢れる部屋が凄い!

そしてサミュエルを助けるゲイのベルニーの存在感。
彼がいることでコメディ度がアップしてる。
それでいて要所要所言ってることが的確すぎる。

フランス人から見たイギリス、イギリスから見たフランス人のギャップで笑わせるので、もしかすると欧州の人が観るとより面白いのかも。

最後はダイジェスト感が凄くて泣けるものも泣けなかったけど、親子愛が感じられるし、コメディ部分のバランスも良かったし、良い映画だなって思える作品。