トモロヲあるいはランディ

あしたは最高のはじまりのトモロヲあるいはランディのレビュー・感想・評価

あしたは最高のはじまり(2016年製作の映画)
3.0
号泣を期待していたが、普通にツツーと頬を涙がつたった程度でした。なんかどれも今一つ。

子育ての苦労が描かれておらず、終始親子で楽しそうに暮らしてた。病気で苦しんだ場面も皆無。母親についての嘘がバレたときも、DNAの件ももっと乱れてほしかったし熱く分かち合うシーンが見たかった。最期もお別れのシーンで号泣したかったんに、ナレ死とは。