kazu1961

あしたは最高のはじまりのkazu1961のレビュー・感想・評価

あしたは最高のはじまり(2016年製作の映画)
4.0
「あしたは最高のはじまり」
原題「Demain tout commence」
2017/9/9公開 フランス・イギリス作品 2018-037

突然、小さな娘を押しつけられて大きく人生を変えられた主人公サミュエル。自由奔放のヤンチャだった一人の男が素晴らしい父親に変わっていく。最後まで、どんな時でも明るく、たくましく、前に進み続けるそんなサミュエルの姿に感動です。
そして父親と人生を楽しみながら成長していく娘グロリア。二人の親娘の笑いと愛と楽しさそして、哀しさ、いっぱいの感情を貰える素晴らしい作品ですよね。
全編をオシャレ感とオシャレな音楽で、貫いているのもグッド!!
愛が溢れる、観終わった後にも尾をひくそんな作品です。

「最強のふたり」のオマール・シーが主演を務め、自由気ままなプレイボーイがゲイの友人とともに子育てに奮闘する姿を描いたフランス製ヒューマンコメディ。全米で異例の大ヒットを記録したメキシコ映画「Instructions Not Included」をリメイクし、フランスで8週連続トップ10入りを果たした。ベルニー役を「人生、ブラボー!」のアントワーヌ・ベルトラン、クリスティン役を「ハリー・ポッター」シリーズのクレマンス・ポエジーが演じる。