Ryuta

あしたは最高のはじまりのRyutaのレビュー・感想・評価

あしたは最高のはじまり(2016年製作の映画)
3.1
最高の二人で一躍ブレークしたオマール・シーの映画ということで、最初から笑いと涙を取ろうとしている意図が感じられ、あまり入り込めず、かつ笑えなかった。しかし撮影が進むうちに演技が研ぎ澄まされたのか(笑)、段々に引き込まれ要素が出てきて、心温まるホッとする映画に終わった。