hi

あしたは最高のはじまりのhiのレビュー・感想・評価

あしたは最高のはじまり(2016年製作の映画)
3.7
困難を乗り越えた父娘の絆が非常に強く美しく描かれており、ラストシーンのサムの独白には思わず涙ぐんだ。

残念なところは、母親が必要以上に身勝手に描かれていたところ。1人で出産し3ヶ月も単独で子育てを強いられたクリスティンは哀れだ。彼女をもっと丁寧に描いて欲しかった。