くろ

あしたは最高のはじまりのくろのレビュー・感想・評価

あしたは最高のはじまり(2016年製作の映画)
3.8
すごく心温まる映画だった。
母親の勝手すぎる行動には心底腹が立つが、サムのような明るく一生懸命で娘思いなお父さんにはすごく素敵だった。
血縁関係よりも濃い信頼関係でできた親子ですごく心が温かくなった。


しかし、街中でゲイリーのような男の人と出会ったり、ロンドンに行ってすぐに仕事が決まったり、良いタイミングで母親が現れたりする、
都合の良すぎるところや、遊び人から父親になる過程が雑すぎたりするところに少し残念さがあったと思う。

しかし1つ思うのは、大変な過程を入れなかったところや、最後のサムの言葉と表情から
始終明るいからこそ、見終わった後にこんな気持ちになれるんだと思う。
すごくよかった。