冨士洋

あしたは最高のはじまりの冨士洋のレビュー・感想・評価

あしたは最高のはじまり(2016年製作の映画)
4.5
パリピが子煩悩なパパに。
オマール シー、このお方、やっぱり好きだなぁ。
喜怒哀楽の表現が凄い。
スタイル抜群でユーモアもあって子供愛しまくってて、こんなパパ憧れない訳がない。
グロリアも勿論可愛いし、なんと言っても素敵な家!
個人的にベルニーが最高。
終盤は涙腺がぶっ壊れた。
あ、そっちと言ういい裏切りにやられる。