nakataka

あしたは最高のはじまりのnakatakaのレビュー・感想・評価

あしたは最高のはじまり(2016年製作の映画)
3.6
いきなり身に覚えのない赤ちゃんを渡されて、育てることになってしまったチャランポラン主人公の話です。

いい話でした!コメディ色も強く、吹き出す笑いの場面が多かったです。笑

子供は、親を成長させる力を持つんだなあ、と深々と感じました(*´ー`*)