あしたは最高のはじまりの作品情報・感想・評価

あしたは最高のはじまり2016年製作の映画)

Demain tout commence

上映日:2017年09月09日

製作国:

上映時間:117分

3.8

あらすじ

サミュエルは、南仏コートダジュールの太陽の下、毎日がバカンスのごとく人生を謳歌していた。しかし それは、かつて関係を持った女性クリスティンが、生後数か月のグロリアという“実の娘”を連れて彼の前に現れるまでのこと…。「あなたの娘よ」と告げ姿を消したクリスティンを追って、ロンドン行きの飛行機に飛び乗るサミュエルだったが、言葉も通じない異国の地で彼女を見つけることはできなかった。途方に暮れた彼らを救っ…

サミュエルは、南仏コートダジュールの太陽の下、毎日がバカンスのごとく人生を謳歌していた。しかし それは、かつて関係を持った女性クリスティンが、生後数か月のグロリアという“実の娘”を連れて彼の前に現れるまでのこと…。「あなたの娘よ」と告げ姿を消したクリスティンを追って、ロンドン行きの飛行機に飛び乗るサミュエルだったが、言葉も通じない異国の地で彼女を見つけることはできなかった。途方に暮れた彼らを救ったのは、地下鉄で出会った敏腕プロデューサーでゲイのベルニーだった。8 年後、すっかり家族となったサミュエルとグロリアとベルニーの前に、グロリアの母親クリスティンが現れる

「あしたは最高のはじまり」に投稿された感想・評価

ne22co

ne22coの感想・評価

3.9
2017年 劇場観賞70作品目 試写

オマール・シーの魅力が溢れすぎてる作品。
娘の成長過程で3人の子役がででてるんだけど、とにかくめちゃめちゃキュート!!
思っていたより後半部分が長めでもう少し赤ちゃん時代の子育ての成長過程を観ていたかった。。。かな。

特に奥さんの設定がぶっ飛んでいるので、そこを許せるかどうかで結構見え方はかわりそうだな。。。と思います。
近年では理解も制度も広まりつつある新しい家族の形をテーマにしていて興味深かったです。『最強のふたり』(こちらはまんまオマール・シーですが)とか『チョコレート ドーナツ』みたいな印象。
KzBourree

KzBourreeの感想・評価

4.0
親子の関係を改めて考えさせられる。
フランスの海とロンドンの都会。
ただストーリーとして終わり方が安易な気はした。

このレビューはネタバレを含みます

現実の話として考えるとしたら、いきなり知らない土地に来て8年間も娘と暮らせてること自体が奇跡に近いかもしれない。しかも豪邸に住んでいて、プレイボーイだったのに、女の影は無く、娘を第一に大事に愛している。

映画的な話だなーって思って観てたのだけど、グロリアの誕生日に毎年、母親のふりをしてメールをしてるとか、娘からの返信を、ただひとつの母親の手がかりのフェイスブックに毎年メッセージを送っているのは子供のことを本当に想っているのが伝わる。

9歳の誕生日に母親がログインするってのも映画的なんだけど、
そこはサミュエルとグロリアが幸せになってほしいって映画観てる内に思ってしまっているからオーケー笑
そこから母親とうまくいけばいいのだけど、
やはり親権の裁判になるのだね、、
サミュエルの裁判で言ったセリフはグッときた。

グロリアが忘れ物をしたってまた戻ってくるシーンはほんとに子供いる人なら、思い出すだけで泣けるレベルだね。
すごい良かった。
それから2人で自殺しちまうんじゃって思ったけど、そこは違くてほっとした。

サミュエルと出会ってグロリアは幸せになれたんだと思う。
グロリアもサミュエルを幸せにしてくれた。
大事な人がいるところなら死ぬのも怖くないなって思えたよ。

好きな映画。
おりこ

おりこの感想・評価

3.1
割と普通だった。オマール・シーの笑顔はいいね。
最強のふたりに並んで好きだな
子供と一緒にいる権利…
何気なく必ずある権利だと思ってたけど実はそうではないことに気づかされた。
ぽん

ぽんの感想・評価

3.0
二人が笑いあってる姿は微笑ましい☺️
泣いた…😢
megane

meganeの感想・評価

4.5
久しぶりに号泣した。
かめら

かめらの感想・評価

3.8
泣いちゃった。
水野

水野の感想・評価

5.0
久々の評価5
ただのありきたり家族愛かと思いきや
別の視点で泣かせてくる

涙腺崩壊
勧めたくなる映画
Nanase

Nanaseの感想・評価

4.0
遊びまくっていた独身男性が、突然子供を育てることになり、自分の生活よりも子供を優先していくよう成長していく姿が好感を持てる。
次第にパパとしての自覚を持つようになるも、母親の登場などで引き裂かれそうになる。
親子愛と、1人の男の成長で心が温まる。
>|