あしたは最高のはじまりの作品情報・感想・評価 - 3ページ目

「あしたは最高のはじまり」に投稿された感想・評価

このレビューはネタバレを含みます


ずっと観たかった一作


期待を裏切ることなくすごくよかった


予想外の展開もありつつ…


こうゆう映画観ると度々思うけどやっぱり血の繋がりって関係ないよね

過ごした時間が全て


遠い親戚より近くの他人?て言葉もあるしね٩( 'ω' )و


あの部屋は可愛すぎる、住みたい
アラサーになってもドールハウスとか大好きなので特にあの子供が入る用のドアが最高すぎた
love1109

love1109の感想・評価

3.9
未来がどうなるかなんて誰にもわからない。だからこそ、今を懸命に生きる必要があり、現在が積み重なった後に未来があるということを、わかってはいるけれど、ついつい忘れてしまいがちだ。とにかく今を生きること、そして、私たちのこだわりが、実は些細で、取るに足りないことであることを、やさしく教えてくれる映画。これは泣けちゃったなぁ。
もも

ももの感想・評価

5.0
すっごくすき!感動した!
ああいうお部屋に住みたいし歯磨きしあいたい!母親は最低最悪!
きょへ

きょへの感想・評価

4.5

このレビューはネタバレを含みます

まさかグロリアが、、、
アベリ(親)のグロリア(子)への無償の愛に感動した
「完璧な親なんていない やれることをやるだけ」
好きなセリフだった😌
よきよき
臍

臍の感想・評価

5.0
冒頭観て
「なまらパリピじゃん!赤ちゃんとの珍道中的なコメディな!ハングオーバー的なヤツな!」
ってコメディのクチになって楽しみに視聴してたら、突然空気が変わった感が。

お父さん頑張る話は元々大好きですが、このパリピは誠実すぎて泣きましたね、はい。

カットも寂寥感あって素晴らしい。☆5
ジュリ

ジュリの感想・評価

4.2
すごい感動しました。
日本語吹き替えなかったけど、
字幕でも伝わる素晴らしさ。
こーた

こーたの感想・評価

3.9
最初はクズだなーと思ったけどサミュエルとグロリアの底抜けの明るさから目が離せない。ちょっと終盤は消化不良。音楽と映像はgood
YU

YUの感想・評価

4.2
こういう映画やっぱり好き。
お母さんに部屋案内したシーン観たらオランダ行った時のホームステイ先の子供思い出した。
俺も子供に部屋案内された。

お母さん残酷すぎる。

オマール・シー最高。
よっこ

よっこの感想・評価

4.8
オマールシー可愛い!
そしてストーリーも面白い!
ラスト泣いたー…。
まさか!
って感じ。

本当愛情を注いだ分だけ
幸せになれるなぁ。って
Shuu

Shuuの感想・評価

4.5
『最強のふたり』などのオマール・シーを主演に迎え、突然父親になった男性の奮闘ぶりを描く感動作。遊び人の主人公がいきなり赤ん坊を押し付けられ、偶然知り合ったゲイの男性と子育てをする様子を映す。ワケありの母親をクレマンス・ポエジーが好演。次第にベストパートナーとなっていく主人公と少女の姿が胸を打つ。

プレイボーイのサミュエルは、南フランスのコートダジュールで毎日を過ごしていた。ある日、彼の前にかつて関係を持ったクリスティンが突然姿を現し、生後数か月の赤ん坊グロリアはサミュエルの実の娘だと爆弾発言。クリスティンは娘を置いて行方をくらましてしまい……… 。

少女への深い愛情と苦悩に揺れるオマール・シーの演技が素晴らしかったです。8年育ててきた子供を手放なくてはいけない、たとえそれが法的措置であったとしても、と観ている自分も悲しくなりました。
それともう一人、ゲイの男性ベルキーを忘れてはなりません。サミュエルが彼に出会わなければこの物語は成り立ちません。脇役ではありますが、かなり活躍していました。ベルキーの " ゲイあるある " には何度も笑いました。

クリスティンが8年ぶりに娘に会い、裁判をしてまでNYに連れて帰ろうという身勝手な行動には憤りを覚えましたが、何よりグロリアがクリスティンのもとへ行くことを拒み、サミュエルを愛していくさまは感動せずにはいられませんでした。

エンドロール間近のシーン(涙) 「彼女(グロリア)が僕の人生を変えてくれた」この一言は何より心にグサリと刺さりました。

最後に、以前レビューした作品『gifted ギフテッド』にどこか似ていました。