あしたは最高のはじまりの作品情報・感想・評価 - 3ページ目

あしたは最高のはじまり2016年製作の映画)

Demain tout commence

上映日:2017年09月09日

製作国:

上映時間:117分

3.8

あらすじ

サミュエルは、南仏コートダジュールの太陽の下、毎日がバカンスのごとく人生を謳歌していた。しかし それは、かつて関係を持った女性クリスティンが、生後数か月のグロリアという“実の娘”を連れて彼の前に現れるまでのこと…。「あなたの娘よ」と告げ姿を消したクリスティンを追って、ロンドン行きの飛行機に飛び乗るサミュエルだったが、言葉も通じない異国の地で彼女を見つけることはできなかった。途方に暮れた彼らを救っ…

サミュエルは、南仏コートダジュールの太陽の下、毎日がバカンスのごとく人生を謳歌していた。しかし それは、かつて関係を持った女性クリスティンが、生後数か月のグロリアという“実の娘”を連れて彼の前に現れるまでのこと…。「あなたの娘よ」と告げ姿を消したクリスティンを追って、ロンドン行きの飛行機に飛び乗るサミュエルだったが、言葉も通じない異国の地で彼女を見つけることはできなかった。途方に暮れた彼らを救ったのは、地下鉄で出会った敏腕プロデューサーでゲイのベルニーだった。8 年後、すっかり家族となったサミュエルとグロリアとベルニーの前に、グロリアの母親クリスティンが現れる

「あしたは最高のはじまり」に投稿された感想・評価

Fabsan

Fabsanの感想・評価

4.0
この映画には笑う人と笑わない人が出てくる。

どちらが幸せか?

ちょっと人生に疲れた人、日常に潤いが欲しい人にお勧めしたい。
多くの人にみてほしい作品。
Miho

Mihoの感想・評価

4.0
素敵な映画。
ジェームスブラウンで
心引きつけられるオープニング。

優しい嘘と深い愛情。
悲しい結末だけれど、
心があたたまった。

アニーを思い出すなぁ。
michi

michiの感想・評価

3.5

このレビューはネタバレを含みます

パスポート申請帰りに映画館で鑑賞。

「娘を叱るなよ」のくだりはカッコ良すぎた。フランス映画らしい常にコミカルな笑いが素敵でしたー。
か

かの感想・評価

4.2
ポップなオープニングにひきこまれた。

オマールシーの演技とところどころにある出来過ぎやろ!ってのが程よくフィクション感あってそれはそれで良くて、展開がはやめなのもいい。ストーリーにもう一声とか、いいんだ、別に。雰囲気とか空気感とか途中の音楽とか部屋とか屋上とか良かったから。

嘘が必要なときもある
何が正しいとか正しくないとかそんなん知るか。
今を一生懸命生きようと思える映画ですね。テーマ自体は重めの設定なのにポジティブな気分にさせてくれた。

最高にアツいパパだったね。
ママには共感できなかったな。
hrsw

hrswの感想・評価

3.5
オマールシーの陽気な演技に救われる映画だけど、上手い展開の映画だったなー。子どもがいないので分からない感情ではあるけど、ふとクレイマークレイマーを思い出したな。
Chihiro

Chihiroの感想・評価

4.4
とにかく泣けます…
つらいシーンも多いですが、まさにタイトル通りの名作です!

日本では馴染まない設定かもしれないけど、私にはとても共感できました。
最初から完璧な人間などいない。
親でさえ悩み、様々な葛藤を抱えながら生きている。

そして、嘘から生まれた真実もある。
「正しい」かどうかは物事をある客観的なものさしで測ったものであり、
それがすべてではないということを
父娘の眩しい笑顔から教えられました。

一緒に笑って泣いて、心地よい疲労感の残る作品です。

色使いやインテリアもとっても素敵でした。
そちらにも注目してもう一度観たい!
Jun

Junの感想・評価

4.0
フィルマークス再開
扱ってるテーマ自体はなかなか重いけど
笑って、泣かせるのはすごい!!
典型的なダメパパとしっかり者の娘のバディムービー。

たくさん笑えるコメディだけど、最後には、ホロッと感動させる。
今日はツイてないなと思った日が、8年後には最高の一日になる。

そんな素敵な明日のために、今を一生懸命生きる。

そんなポジティブな気分にさせてくれるハートウォーミングコメディだった。

このレビューはネタバレを含みます

こんな家族楽しいだろうなーって思いながら観てました!
観終わった後の悲しさとか楽しさとかが混じったような余韻がとても心地いい作品でした。
ちー

ちーの感想・評価

3.9
展開が早かった!
オマールシーの演技はやっぱり良かった。見てて楽しい!