あしたは最高のはじまりの作品情報・感想・評価 - 3ページ目

あしたは最高のはじまり2016年製作の映画)

Demain tout commence

上映日:2017年09月09日

製作国:

上映時間:117分

3.8

あらすじ

サミュエルは、南仏コートダジュールの太陽の下、毎日がバカンスのごとく人生を謳歌していた。しかし それは、かつて関係を持った女性クリスティンが、生後数か月のグロリアという“実の娘”を連れて彼の前に現れるまでのこと…。「あなたの娘よ」と告げ姿を消したクリスティンを追って、ロンドン行きの飛行機に飛び乗るサミュエルだったが、言葉も通じない異国の地で彼女を見つけることはできなかった。途方に暮れた彼らを救っ…

サミュエルは、南仏コートダジュールの太陽の下、毎日がバカンスのごとく人生を謳歌していた。しかし それは、かつて関係を持った女性クリスティンが、生後数か月のグロリアという“実の娘”を連れて彼の前に現れるまでのこと…。「あなたの娘よ」と告げ姿を消したクリスティンを追って、ロンドン行きの飛行機に飛び乗るサミュエルだったが、言葉も通じない異国の地で彼女を見つけることはできなかった。途方に暮れた彼らを救ったのは、地下鉄で出会った敏腕プロデューサーでゲイのベルニーだった。8 年後、すっかり家族となったサミュエルとグロリアとベルニーの前に、グロリアの母親クリスティンが現れる

「あしたは最高のはじまり」に投稿された感想・評価

小原

小原の感想・評価

-
母親の名前がクリスティン・スチュワート!
クリスティン・スチュワートに何の恨みが、って思うような設定の役でした。
オープニングが楽しい。
2017.11.19
しまこ

しまこの感想・評価

3.3
ある日突然赤ん坊の父親になったプレイボーイが精一杯の愛情を注ぎながら育児に奮闘し自身も成長していく姿、成長した娘と助け合いながらの楽しい生活、そんな生活をサポートしてくれるゲイの友人。どれもすごくよかった。

ベルニーも入れた家族全員で過ごせたあの期間のグロリアは間違いなく幸せだったと思う。
Megmeg

Megmegの感想・評価

3.7
こちらで公開されるのを待ってた甲斐があった〜〜。
はちゃめちゃなストーリーに見えて、心に残るセリフがいっぱい。
優しい嘘や、遊び心いっぱいの子育て。2人の部屋もすごくかわいい💕
りお

りおの感想・評価

3.0
ゲイの二人が突然父親に、というコメディ映画だと思って観たら違った笑
ゲイなのは片方だけで主人公は女たらしだったという笑
完全にコメディだと思っていたので後半の展開は重かったですね。
血の繋がり以上に固い絆で結ばれた親子の物語。
ラストは突然過ぎてちょっと驚いた。
そのエピソード、いるんか?
リメイクなんですね。オリジナルも気になる。
えみ

えみの感想・評価

3.2
めちゃ印象に残るような映画ではないんだけど控えめにほっこり、ジーンとくる映画でした。こういうの好きです。

最近忙しくて映画も見れないどころか勉強も睡眠も疎かになっていたのですが…久々にこういう親子愛映画がゆっくりみれて心が洗われました〜また一週間頑張れそう。

最初、青い海!白い砂浜!照りつける太陽!っていうザ・リゾート地って感じでここが舞台か〜と思ったら違いました、笑
ロンドンの方が好きですね、ポップで可愛らしかった。

途中で雰囲気が少しクレイマークレイマーに似てるなぁ、と。それから、音楽が最強のふたりと似てる気が。
レゴのお家、可愛かったなあ。
校長先生、どこかで見たことある気がするけど思い出せないなぁ。
やろ

やろの感想・評価

3.7
恐怖は動物と同じだという冒頭のセリフが
印象に残っている。途中中だるみ、ラストが駆け足。
●'17 11/4〜17単館公開
(首都圏等: '17 9/9〜公開)
配給: KADOKAWA
後援: 在日フランス大使館/アンスティチュ・フランセ日本
協力: ユニフランス
ワイド(シネスコ) 音声仕様表示無し
11/15 21:30〜 福井コロナ シネマ7にて観賞
DCP上映 ビスタフレーム上下黒味によるシネスコ LPCM
パンフ未購入
「時には嘘が必要なこともある」

サミュエル(オマール・シー)はコート・ダジュールの海で、照りつける太陽の下、ヨットで観光客を案内するプレイボーイである。
ある日、サミュエルの元にクリスティン(クレマンス・ポエジー)と名乗る女が現れ、サミュエルの子だと言い残し赤ん坊を置いて去ってしまう。
ロンドンまでクリスティンを追いかけたサミュエルだったが、クリスティンの行方は分からず、言葉は通じず、現金も失ってしまう。
なんとか地下鉄で知り合ったベルニー(アントワーヌ・ベルトラン)を頼り仕事を手に入れたサミュエルは、娘のグロリアに不器用ながら精一杯の愛情を注ぎ、8年の歳月が流れたのだが。


ストーリーに目新しさは無く、よくある親子愛を描いたヒューマンドラマである。
しかし、差別化されている点として、サミュエルとグロリアの親子の交流をかなり密に描いている部分が挙げられる。他の類似作品と比較しても親子関係は美しく表現されていると感じた。
グロリアの母であるクリスティンを、明確に悪役として配置することで、より一層サミュエルの愛情が際立つようになっている。
コメディアンであるオマール・シーを主演に据えていることからも予想はできると思うが、コメディ要素も多い。シリアスなシーンとのバランスがかなり秀逸である。
そして、グロリア役のグロリア・コルストンの溌剌さが、この作品の結末を引き締めている。笑顔も、シリアスな表情も実に上手く、グロリアが別の子役ならもう少し評価は下がったかもしれない。映画初出演ということだが、これからの活躍に大きく期待したい。
正しく傑作と呼べる作品だった。

このレビューはネタバレを含みます

主演2人が最高! オマール・シーの輝く肌と、顔いっぱいに表情を広げて感情を表す様が素晴らしい。コミカルで情熱的で、切なくて涙が出る。
カラフルでポップなロンドンの街並みや、全部子ども部屋みたいな家が素敵だった。幼い日の崖やフランスの砂浜という自然の情景も美しく描かれている。

愛情は法律や血縁じゃなくて、過ごした時間に基づくんだよ。一度は法廷で認められた親権が、遺伝子検査でひっくり返るのは納得いかない。家族としての精神的繋がりを認めたのに、生物学的な父親じゃないからって、なぜ撤回されるのか。
ミスリードを誘う演出がわざとらしかったのが残念。
記録
子供の成長の映像は、数日前に見たチェイサーと違い、好みです。
ヨーロッパ(フランス)の多様性を楽しく盛り込み、アメリカの文化(裁判)をいれてあり、楽しく見れました。父子家族の自分にはダブるところもあり、しょっちゅう泣いてました。
オマール シー いいですね。こんな風に子供と接してあげたいですね。いい いいです。