あしたは最高のはじまりの作品情報・感想・評価 - 4ページ目

あしたは最高のはじまり2016年製作の映画)

Demain tout commence

上映日:2017年09月09日

製作国:

上映時間:117分

3.8

あらすじ

サミュエルは、南仏コートダジュールの太陽の下、毎日がバカンスのごとく人生を謳歌していた。しかし それは、かつて関係を持った女性クリスティンが、生後数か月のグロリアという“実の娘”を連れて彼の前に現れるまでのこと…。「あなたの娘よ」と告げ姿を消したクリスティンを追って、ロンドン行きの飛行機に飛び乗るサミュエルだったが、言葉も通じない異国の地で彼女を見つけることはできなかった。途方に暮れた彼らを救っ…

サミュエルは、南仏コートダジュールの太陽の下、毎日がバカンスのごとく人生を謳歌していた。しかし それは、かつて関係を持った女性クリスティンが、生後数か月のグロリアという“実の娘”を連れて彼の前に現れるまでのこと…。「あなたの娘よ」と告げ姿を消したクリスティンを追って、ロンドン行きの飛行機に飛び乗るサミュエルだったが、言葉も通じない異国の地で彼女を見つけることはできなかった。途方に暮れた彼らを救ったのは、地下鉄で出会った敏腕プロデューサーでゲイのベルニーだった。8 年後、すっかり家族となったサミュエルとグロリアとベルニーの前に、グロリアの母親クリスティンが現れる

「あしたは最高のはじまり」に投稿された感想・評価

もざん

もざんの感想・評価

4.0
最強のふたりからですがオマールシーが好きだから見たと言って良いです。

病気で死んじゃうって設定は良くあって泣かせる手法の1つでずるいなぁって笑

それ以外にも泣けるシーンは多くあって実際泣きました。笑

娘のグロリアって名前はグロリアスから取ってるんじゃないかなって勝手に想像。
娘が眩しくてパッパも全て娘の為になにもかも…!

母親はわるいよ極悪だよ!笑
こんな不条理あっていいの?って笑

確かに悪いけど言葉じゃ説明できない感情や自分勝手さを分かっててもどうしても譲れない自分のものにしたい

そんなの誰だってある気持ちで、その中で、ひとは損したり得したり損得論では無いけど皆んなそういう時ってあるじゃん?って
特にぼくはポンコツなんでなんだか母親役にも共感してしまった。笑

父と娘の楽しくて眩しい位の幸せを描写しててこっちがニヤニヤするわ!

今日久し振りに父ちゃんと会って、たわいも無い話してたけど、俺すげぇ笑ってたなって思い返したり
あおい

あおいの感想・評価

3.3
その愛に、嘘偽りなどない。
心から愛し合った親子の話…

オマール・シー主演のフランス産ドラマ。親になることへの責任を痛感する映画。

◎ストーリー
プレイボーイのサミュエルはいつものように遊び三昧。そんなある日、過去に関係を持った女が現れ、サミュエルとの子どもを残し去って行く。突然父親となった男と、母親知らない娘・グロリアのかけがえのない毎日が始まる…

問題ばかりやけど、必死にお父さんになろうとするサミュエルを演じたオマール・シーは好感の持てるいい俳優さん。最近はハリウッド作品でもよく見かけます( ^ω^ )根はいいダメな人の役がすごく似合う。

そんなダメ男が急にお父さんになるってのは、面白いストーリーなのですが、ただの笑い話じゃないんですよね。笑い話どころかかなりヘビーです。遊びまくる男はあかんのか、父親になる条件なんてあるのか、子どもにとって誰の元で暮らすことが大事なのか、色々と考えさせられます。

てか、ダメなのはサミュエルじゃなくてお母さんじゃないかとも思います。無責任極まりないし、自分勝手やし、あの女はほんまに許せない。

父親になっていくサミュエル、仲良い家族になっていく過程がすごく微笑ましい作品。そのぶん母親の登場は興ざめしました。ゲイのおじさんも、校長先生もクセ強いけど良い人でしたね( ^ω^ )

ただの感動モノじゃなくて、最後の最後まで厳しい話でした。
子煩悩なパパのお話にハズレなし。

あんなに子供と一緒になって遊んでくれるパパなんて、嬉しすぎる。

母親のクリスティン、煮詰まって父親に託すのは、無理して世話して虐待するよりはずっとましだけど、もう少し上手くやれんかったかなぁ。
母として戻ってきたはいいが、もうちょっと上手くやってほしかったなぁ。サミュエルが良い人すぎて、クリスティンの残念さが際立ってしまった。

両親の間に入って手を繋いでいる自分の影を見て、嬉しそうにするグロリアが印象的だった。

同居人ベルニーがまた最高。目が合う男性全てを「お仲間」と確信するとこ、好き。

あと、空港で赤ちゃんを前にしてああでもない、こうでもないってやってた男性乗務員の2人もほっこりして良かったなぁ。
Haruka

Harukaの感想・評価

4.3
オマール・シーってだけで見たくなる。
今回もあらすじそんなに見ないまま見始めたんだけど、最高だった。父と娘のあんなにもキラキラした関係はなかなか見られない。最高のパパ。
最近こうゆう家族の絆を描いている映画ばっか見てる気がする。
感動した。
candy

candyの感想・評価

3.7
笑顔になる
完璧を目指すことないんだなって
やれることをやります
なお

なおの感想・評価

3.8

このレビューはネタバレを含みます

サミュエルはグロリアと共に素敵なパパになったんだなぁ。部屋はとっても可愛いし、必死でママからのメールを送り続けてた。娘が傷つかないように。
嘘が必要な時もある。そう。大切な人を守る為なら嘘も優しい嘘なら許してあげたい…ただし、相手に絶対バレてはいけないけど。
母親を恨まずに済んでるのだから、それに乗っかれば良かったのに。自分を許してほしくて、後ろめたい気持ちを払うのに本当のことを言ってしまった。なんかエゴでしかない気がする。
グロリアは病気で長くないと宣告されていた。残された時間を濃いものにしようとしていたサミュエル。それどころじゃないのに、きっとサミュエルの中では1度でもいいから母親と会わせてあげたいって思いがあったのかも。クリスティンは屈託なく自分を受け入れてくれたグロリアを見て自分のことしか考えられなくなった…許して貰えるって。
2人を引き裂く試練があったからこそグロリアは戻ってきたいって、ずっと一緒に居たいって思えたのかなぁ…こんなに愛してくれるサミュエルがいるって(^-^)

南フランスの綺麗な景色で…最後に幕を閉じるまで描いて欲しかった気もする…

いつでもグロリアは隣にいる!
明日は新しい1日!

グロリアの死を乗り越えたからこそ言えるサミュエルの言葉かも。

税理士にだけめっちゃ乱暴な口調になる母親代わりのベルニーにはちょっとクスッとさせてもらえたし…裁判で最高の父親って証言してくれた校長はミーハーだったし、景色は綺麗だし。
いい映画だったなぁ~(^-^)
yuuki

yuukiの感想・評価

3.6
安定感。
病気である必要があったのか問うと正直微妙だけど、だからこその過度な愛情表現というか。
あんな部屋にわたしも住みたい。
ちなみに母親がさいあく。
タクシー代の20ユーロが幸せの鍵

ほっこり温かく幸せな気分になれる ( *^ω^* )

サミュエルとグロリアの部屋と日常が可愛くて可愛くてすっごく微笑ましかった〜 *
不器用だけどいつでも娘が1番の、優しくて面白くて何でもない毎日を笑顔で溢れさせる最高の父親だった ◎

しっかし、生まれてまだ間もない赤ちゃんを「あなたの子だよ」といきなり託して逃げたくせに、ある日何事もなかったかのように目の前に現れる母親があまりにもわがまま身勝手すぎて本当苛立ちしかなかったけどグロリアにとっては大事な母親だし、中盤どういう気持ちで観ていいのか分からなくなった ( *_* )

あと、いつも穏やかなのに、税理士にだけは当たりの強いベルニーにはめっちゃ笑った(笑)(笑)(笑)

全体的に、大事な所でいきなり話が飛ぶ事が多かったのは残念 ( *_* )
もう少し深みがあるともっと良かった ◎
Asianlily

Asianlilyの感想・評価

4.0
この女の子鬼カワ、急にデカくなりすぎだけど
オマールシーは常にイケメン
家がステキ
なんかフランス映画っぽくないな
題名に納得
涙腺にめっちゃ注意 以上。
LaserCats

LaserCatsの感想・評価

3.0
男女逆転版「Dearフランキー」的な展開なのかと思ったら違った。娘に対して無いものをあると嘘をつく必要があるのかはちょっと理解できなかったけど、無責任な遊び人から娘思いの父親へ変わった主人公の姿は素敵だった。父娘2人で住む家がすごくおしゃれで楽しそう。なんでウォン・カーウァイ??