あしたは最高のはじまりの作品情報・感想・評価 - 49ページ目

あしたは最高のはじまり2016年製作の映画)

Demain tout commence

上映日:2017年09月09日

製作国:

上映時間:117分

3.8

あらすじ

サミュエルは、南仏コートダジュールの太陽の下、毎日がバカンスのごとく人生を謳歌していた。しかし それは、かつて関係を持った女性クリスティンが、生後数か月のグロリアという“実の娘”を連れて彼の前に現れるまでのこと…。「あなたの娘よ」と告げ姿を消したクリスティンを追って、ロンドン行きの飛行機に飛び乗るサミュエルだったが、言葉も通じない異国の地で彼女を見つけることはできなかった。途方に暮れた彼らを救っ…

サミュエルは、南仏コートダジュールの太陽の下、毎日がバカンスのごとく人生を謳歌していた。しかし それは、かつて関係を持った女性クリスティンが、生後数か月のグロリアという“実の娘”を連れて彼の前に現れるまでのこと…。「あなたの娘よ」と告げ姿を消したクリスティンを追って、ロンドン行きの飛行機に飛び乗るサミュエルだったが、言葉も通じない異国の地で彼女を見つけることはできなかった。途方に暮れた彼らを救ったのは、地下鉄で出会った敏腕プロデューサーでゲイのベルニーだった。8 年後、すっかり家族となったサミュエルとグロリアとベルニーの前に、グロリアの母親クリスティンが現れる

「あしたは最高のはじまり」に投稿された感想・評価

HAL9000

HAL9000の感想・評価

4.5
ウェイ系なお兄さんがある日突然一年前にワンナイトラブした相手から「あなたの子よ」と赤ん坊を押し付けられ、その後ノリノリで子育てして最高の父親になる話。
…なのだけれど、なんだよ、ズルイよ卑怯だよ最高だよ。
こんなの涙腺決壊するわ。鼻水垂れるわ。
主演の役者さんの演技が素晴らしかった。
ウェイの感じから娘大事さゆえの怒りや悲しみの表現とか。
全体的にもっとコメディ要素のある軽い感じかと思ってたけれど、なかなか重かった。


【以下ネタバレ】


脚本が素晴らしくて、完璧かと思ったのだけれも、一点だけ納得行かない所が。

病気の件をミスリードして、父親がって思わせておくためだろうけれど、親権取られて母親の方に娘がいく段階になっても病気の事を母親の方に隠してたのが納得行かない。娘が大切なのだから、その辺りを向こうに説明しないといけないんじゃないの?って思った。
rejocqu

rejocquの感想・評価

4.0

このレビューはネタバレを含みます

グロリアが秀逸。楽天的な南フランス人いいなあ。
赤ちゃんから少女に育つまでのハイテンポなシーンが一番好きかもしれない。
圧倒的カスの母親が悪役すぎてムカつきオンリーだけなのがちょっと見ててつらかった。もう少し救いようがあっても良かったのでは‥?ってくらいカスだったw
主人公の努力して手に入れる純真さと、前向きさと、愛される力は見習いたい。

このレビューはネタバレを含みます

やっぱりオマールシーいい!と思いながらみてました。
とにかくいい加減で楽しければいいと考えるプレーボーイから、素敵な父親へ。
あんなに愛情たっぷりに育てられたからこそ、あんな素敵な子供になるんだろうなと。
最高のふたりでのダンスに心奪われましたが、今回も女の子と二人でのダンスシーンが見れてよかった。

それにしても母親…。
事実がバレ、父親が嘘つきと非難され拒絶されると、代わりに育ててくれた父親をかばうこともせず、今までの親子の時間を取り戻すために親権をと言い始めた。思わず「はぁ?!」と言いそうになりました。
そんな自分勝手だから、産まれたばかりの子供を捨てて逃げてしまったんだろうと思いました。いろんな理由があるにせよ。

次はオマールシーのショコラが見たい!
でいお

でいおの感想・評価

3.0
遊び人の男が父親として成長してゆくヒューマンドラマ
子供にとって何が幸せなのか。を明るく描いててサラッと観れる作品だった。
ラストがうーん。という感じは否めない
ファーストデーということで、映画はしご。有楽町のビックカメラの8階にある角川シネマ有楽町で鑑賞。お客さんの入りは6割くらい。
「最強のふたり」のオマール・シーが主演するということで楽しみにしていました。ストーリーは、プレイボーイの主人公サミュエルが過去の行きずりの恋が原因で、ある日突然、赤ん坊を渡され、父親になるというお話。サミュエルは不器用ながらも無償の愛を注ぎ、父娘は幸せに暮らしているのだが、8年越しに現れた母親との再会がきっかけで、親権争いに巻き込まれていき、、
テーマは広義には「直面した環境で前向きに生きることが大切だ」、親子間では「完璧じゃなくても良いので、精一杯愛情を注ぐことが大事だ」いったところでしょうか。オマールも子役のグローリアも快演しており、キャストの演技の素晴らしさが前面に出た映画です。
ストーリー的には前半〜中盤にかけてのテンションが少し弱いと感じました。また、母親役を徹底的に酷いキャラクターにすることでサミュエルへの感情移入は一定程度担保されるのですが、いまいち感情移入できなかった部分もありました。昨日まで自堕落な生活を送っていた男が、突然180度変われるものですかね?その部分だけ引っ掛かりました。
とは言え、クライマックスはさすがで感動が訪れますし、冒頭のシーンの伏線をしっかりとラストで回収しておさまりは良い映画になっています。ちょっと事前の期待値が高かったかなぁ。。同じ親子バディものでは、もっと良い作品あるよなぁと言った感じです。
charles

charlesの感想・評価

3.8
オマールシーの温かみと切なさはどこから来るのだろう?やっぱり彼にはこうゆう役が似合う。
娘とともに成長する父親の話なんだけど母親が最低最悪。
自分の都合で娘を父親と思う男に預けてそのまま行方不明。
現れたと思えば娘を取り戻す為奔走、その行動力を違う方向使えばと思う…
事情があったのだろうけど…

娘と出会えた主人公は素晴らしい人生の魅力に気づけて良かった。
ゆき

ゆきの感想・評価

3.4
OPおしゃれで、話もテンポよくて面白いけど、その設定いる?って感じ
plantseeds

plantseedsの感想・評価

3.9

このレビューはネタバレを含みます

人間の本当の絆を考えさせて、くれます。

死んでいく、女の子を思うと、親との時間を大切にしなきゃと思い、いまの自分の現状を考えさせられました。
moto

motoの感想・評価

3.7
日曜日の映画の日。
意外に観たい映画が無い中、本作を選択。
まあ、まあまあか。
イギリスで戸惑うフランス人、という設定は面白い。
ただ、後半の展開について、女性目線だとどうなのだろう。
男目線ではただただ「は?」となる。