あしたは最高のはじまりの作品情報・感想・評価 - 51ページ目

あしたは最高のはじまり2016年製作の映画)

Demain tout commence

上映日:2017年09月09日

製作国:

上映時間:117分

3.8

あらすじ

サミュエルは、南仏コートダジュールの太陽の下、毎日がバカンスのごとく人生を謳歌していた。しかし それは、かつて関係を持った女性クリスティンが、生後数か月のグロリアという“実の娘”を連れて彼の前に現れるまでのこと…。「あなたの娘よ」と告げ姿を消したクリスティンを追って、ロンドン行きの飛行機に飛び乗るサミュエルだったが、言葉も通じない異国の地で彼女を見つけることはできなかった。途方に暮れた彼らを救っ…

サミュエルは、南仏コートダジュールの太陽の下、毎日がバカンスのごとく人生を謳歌していた。しかし それは、かつて関係を持った女性クリスティンが、生後数か月のグロリアという“実の娘”を連れて彼の前に現れるまでのこと…。「あなたの娘よ」と告げ姿を消したクリスティンを追って、ロンドン行きの飛行機に飛び乗るサミュエルだったが、言葉も通じない異国の地で彼女を見つけることはできなかった。途方に暮れた彼らを救ったのは、地下鉄で出会った敏腕プロデューサーでゲイのベルニーだった。8 年後、すっかり家族となったサミュエルとグロリアとベルニーの前に、グロリアの母親クリスティンが現れる

「あしたは最高のはじまり」に投稿された感想・評価

寸pyong

寸pyongの感想・評価

2.9
隣に座ってた年配女性は、後半からずっと嗚咽混じり号泣っぷりでしたが…


共感出来ず
泣き所はどこ??

たまに、クスッと笑ったくらいです。

特筆点はありません
直ぐに忘れそう
miyu

miyuの感想・評価

3.5
母親に度々イライラ。
最後はやっぱりかーとなんとなく読める部分もあったけど、今の生活はやっぱり当たり前のことではないんだな、と感じさせられました。
前半ちょっと飽きそうになったけど、後半はいい感じに話が流れてよかったです!
たらこ

たらこの感想・評価

2.8
ただ単に期待しすぎたかも。ハートウォーミングだけど、どこか薄っぺらく感じた。赤ちゃん可愛かった👶
アキ

アキの感想・評価

3.7
オマール・シーは、こういう役が似合うね!ピッタリ。娘もすごく可愛くて、二人が笑っていると、とても幸せな気持ちになる。ベルニーを筆頭に、脇までキャラクターが立っていて、とても良い。
ただ、クリスティンも娘を愛している様子は伺えるんだけど、強引だし、ちょと自分勝手すぎるんじゃないかなと感じてしまった。こういった人はきっといるだろうけど、それがどうも、ストーリー上の設定のようにら感じられて、そこはちょと引っかかったかな。
ストーリーは、ありきたりだけど、少し意外な部分もあって、そこで納得させられる部分があります。
自由でいること、愛すること、そして、受け入れること。そういった事が描かれている映画だなぁと思いました。
あと、二人の暮らす部屋がとっても最高に可愛いくて素敵で、あの部屋がまさに、二人のハッピーな人生を象徴しているように感じました。
taia

taiaの感想・評価

3.5
南仏にあるツアー用ヨットの運転手サミュエルが、かつて関係を持った女性クリステンに無理やり赤ちゃんグロリアを押し付けられる。クリステンを追ってロンドンまで来たサミュエルは、ゲイのベルニーに助けられながらそのままロンドンでグロリアを育てる。

類を見ず、私も最強のふたりのオマール・シー目当てで見たけれど、やっぱり彼は笑顔が素敵。サミュエルの住んでる豪邸は、ドリスが見たらびっくりするだろうな…と勝手に笑

お話も良いけれど、前半のほのぼのシーンが少し長く感じた。パーティのシーンとかはなくても良かったかな…。

後半は少し雰囲気が重め、でもそちらの方がおもしろかった。
女の人が母親を主張していればどうであれ親権が傾いてしまう。父親が1人で子供を育てるのは、こんなに障壁があるのか…と悲しくなる。裁判のシーンとプールに飛び込むシーンがとても好き。

娘役のグロリアがとっても可愛い。必見。
いろいろ考えさせられる作品。グロリアがほんとにかわいかった。家のインテリアが最高に好み。
なおみ

なおみの感想・評価

3.9
いきなり押し付けられた赤ん坊を、あそこまで愛情たっぷり注いで育てる父親役、オマール・シーにぴったりだと思った。ゲイのプロデューサーも良かった。
8年の成長過程がちょっと早過ぎたけど…。
あの母親、あんな贅沢な要求、よくできるな。図々しいとは思わないのかな。隠し玉まで使って!!!
そして、ラストはそっちだったのかー!!!
リンゴ

リンゴの感想・評価

3.0
良い映画という内容でした。
本当に悪い人はいなくて、でも途中は辛い展開もあり。
最後はスカッと終われて良かったです
YY

YYの感想・評価

4.2
好きな映画だった。
個々のキャラクターがずば抜けて魅力的!
主人公かつ自分も男ということもあり、父のサミュエルに共感しながら見てると、母のクリスティンを憎く思ってしまいがちだが、母も娘グロリアにすごく愛情を持ってるからこその行動で、結局は誰も悪くない事故のようなものなんだなと。。
んで、何と言ってもゲイのベルニーの各キャラクターとの距離感が素晴らしい!サミュエルと一緒に苦戦しながらもグロリアを育て、グロリアにとって、もう1人の父のようであり、でも母のようでもありながら、サミュエルとはお互い信頼し合う友人であり仕事仲間であり、かつ女房役的な立ち位置で、ゲイという役回りを活かしたあのバランス感覚がこの映画をより良いものにしていた気がする。

ありがちなストーリーやな。と途中まで思ってたのが、最後にいい意味で裏切られ、それによってこれまでの描写やサミュエルの行動により強い納得感をもたらして、後味良く終えることのできる映画だった。
父娘愛の傑作
こんなにも誰かを想うことのすばらしさ
娘の幸せのために身を尽くして沢山の思い出をつくろうとする父

自分の仕事に重ね合わせてみていた
人の人生に関わることの重さ、責任
もっとできることがあるはずと、
涙が止まらない